潜在意識と引き寄せの法則でどん底から人生逆転

カナダで失業、生活保護、人生どん底からの逆転。

波動で天職がわかる!

今日は波動の話の続きになります。

 

みなさんは自分の天職について考えたことがありますか?

自分がどんな仕事に向いているか、どんな仕事であれば幸せに働くことができるのか、

一度は考えたことがあると思います。

 

しかし、明確な答えを見つけれる人というのは決して多くありません。

 

もしあなたが天職を見つけることができれば、あなたもあなたのお客さんもきっと幸せになることができると思います。

 

僕も自分の天職が何なのかわからず、自分のキャリアで一番長い間在籍していた業界の仕事がきっと天職なのだろうと漠然と考えていました。

適正があったのは間違いないですし、仕事は好きでしたから。

 

そしてその分野で起業をするのですが、なかなか結果が出せませんでした。

 

当時の僕は「結果を出さねばならない」という強迫観念に支配され、

かけもちで仕事をしながらも、少しでも空き時間ができると義務感で自分の会社の仕事をしていました。

 

そんな状況ですから心に余裕もなく、当然波動が低い状態で会社を経営していました。

 

自分の波動の状態が現実を作り出す、という引き寄せの原則からすれば、

波動が低い状態の自分が結果を出せるわけありません。

しかしその時の自分はそれがわかりませんでした。

 

とにかく努力すれば、仕事量をこなせばきっと結果が出る、そう信じて追い込まれた気持ちで働いていました。

しかし努力すればするほどうまくいきませんでした。

 

ここで天職の話に戻りますが、天職の見つけ方は「自分がワクワクできること」を仕事にすることです。

ワクワクすること(=楽しいこと)をしていれば、波動が高くなり良い結果を引き寄せます。さらに楽しいから働いていても苦になりません。

 

たとえ結果が出たとしても、自分がやりたくない仕事をしていたら、

きっと幸せになることはできないですし、長く続けるのも難しいと思います。

 

ワクワクすることは好きなことですから、自発的に努力もするでしょうし、

それにより結果も出やすくなると思います。

長期的な視点で見るならば、波動が高くなるような仕事をしたほうが、

必ず自分も世の中も幸せになることができると思います。

 

必死さ(執着)は引き寄せの法則を逆発動させるので、

もしすでに起業済みで現状がうまくいっていない方がいたら、

一度肩の力を抜いて楽になることをおすすめします。

そうすれば自然と状況は好転します。

 

必ずしもすべての方が天職を見つけることができるわけではないのかもしれませんが、

もし自分の進むべき道に悩んでいる方がいたら、ぜひ参考にしてみてください。

 

本日は以上です。

 

皆さまの成功をお祈りしています。