潜在意識と引き寄せの法則でどん底から人生逆転

カナダで失業、生活保護、人生どん底からの逆転。

お金の奴隷になるのをやめる

今日はお金についてのブログを書いてみたいと思います。

お金は僕たち人間にとって永遠のテーマだと思います。人を幸せにする力もあれば、人生を大きく狂わせるような恐ろしい力もあります。

 

日常生活でも僕たちはついお金を基準に物事を判断してしまうことがよくあります。

欲しいものがあるのに、「高いから」という理由で買い物を諦めてしまったり、「給料がいいから」という理由で就職先を決めてしまうようなことがあります。

 

もちろんそれがダメというわけではありませんが、もう少しお金から自由になることができれば、僕たちの人生はもっと楽になると思います。

 

お金は手段であって目的ではない

 

お金そのものはただの紙切れですので、それ自体に価値はない、ということは以前のブログでお話ししました。

1000円札なら1000円分の価値と、1000円札なら10000円分の価値と交換できる、というものがお金の本質です。

 

お金の引き寄せを実践するとき、「お金そのもの」が引き寄せられてくると思いがちですが、必ずしもお金の形でやってくるわけではなく、物が引き寄せられたり、割引のような形で引き寄せられる場合もあります。

 

例えば毎月払っているようなお金で割引があった場合、結果としてその金額分のお金がやってきたのと同じことになります。

だからお金そのものにフォーカスするのではなく、お金によって得られる結果が引き寄せられたら、お金がやってきたのと同じぐらい喜んでいると次々に欲しい結果が訪れます。

 

お金そのものにフォーカスしていると、この視点を持つことができなくなります。

この心理的盲点をスコトーマといいます。

せっかくほしい結果が得られたのに、そのことに気づかず見過ごしてしまう。そうすると、引き寄せが起こっているのに「引き寄せの法則がうまくいかない」という思考を持つようになってしまいます。

 

人生におけるお金の優先順位

 

多くの人はお金さえあれば幸せになれると考えてしまっています。するとお金の増減で一喜一憂してしまい、心の平安を得ることはできないまま毎日を過ごすことになります。

 

例えば以下のような条件を出された時、あなたはどのような選択をしますか?

 

1億円もらうかわりに片腕を切り落とさなければならない

1億円もらうかわりに友達と家族すべてを失う

1億円もらうかわりに寿命が50年短くなる

 

もしこの選択でお金を選ばなかったら、あなたは1億円以上に価値のあるものをすでに持っているということになります。

 

お金持ちには幸せなお金持ちと不幸せなお金持ちがいる

世の中には幸せなお金持ちと不幸せなお金持ちの2種類の人間がいます。幸せなお金持ちについては説明するまでもないと思いますが、不幸せなお金持ちとはどういう人なのかを簡単に説明します。

 

お金のために仕事にすべてをささげた結果、家族や友人を失ってしまった人

お金は十分すぎるぐらいに持っているが、忙しすぎてそれを使う時間がない人

無理して働きすぎた結果、健康状態を害してしまった人

 

などです。

 

例えばあなたがアラブの石油王の子供だったと想定してください。

生まれつき裕福な環境で、使っても使いきれないぐらいの潤沢な資金があります。

 

この人は幸せと言えるでしょうか?

 

もちろん幸せに感じることも多いと思います。

ですがお金持ちにはお金持ちなりの悩みがあるものです。

 

なんでも簡単に手に入る環境にずっといると、刺激がなくなり退屈になってしまいます。

どんなに旅行が好きな人だったとしても1年中旅行ばっかりしていたら、さすがに飽きますよね。

 

そういう境遇の人からすれば、仕事をするという行為はとても刺激があり、自分でお金を稼ぐということはとても楽しいことのように思えると思います。

 

こういうイメージができるようになるとお金の呪縛から解放されることができます。

お金は追えば追うほど逃げて行ってしまうので、執着を手放すことでお金がやってくるようになります。

 

お金の存在を否定しているのではありません。ただお金の奴隷になるのを辞めるだけで自由な人生を送ることができるようになります。

 

今日は以上です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。