潜在意識と引き寄せの法則でどん底から人生逆転

カナダで失業、生活保護、人生どん底からの逆転。

自己把握の4つの指標

今日は成功法則に関するテーマなので、

かなりビジネスよりの内容になります。

 

本日のテーマは「自己把握」です。

 

自己把握は成功を掴むためだけではなく、

幸せを感じるためにも重要になります。

 

何に幸せを感じるかは人それぞれ違うからです。

 

「自分にとっての幸せ」というものが理解できていないと、

他人の夢を追いかけることになってしまいます。

 

今は個人の時代と言われています。

 

いかに自分のことを理解し、

自分のことを大切にできるかが求められる時代です。

 

 

f:id:Apollojustice:20210420131959j:plain

 

自己把握の4つの指標

成功を掴むために理解しておくべき自己把握の指標は4つあります。

 

  • 得意なこと(才能)
  • 好きなこと・情熱のあること
  • 価値観・信念
  • 環境

 

これらを車に例えて説明していきます。

 

得意なこと(=エンジン)

自分が何が得意かを理解しておくことは極めて重要です。

 

自分に向いていないことをやっても、

結果を出すことはできないし幸福感を感じられないからです。

 

一昔前の日本は没個性を尊重していました。

 

自分の才能を活かすことよりも

平均的な人間であることが良しとされ、

自分の強みよりも社会的地位や収入を

基準に仕事を選ぶのが当たり前でした。

 

景気がよかった時代はそれでも通用しましたが、

不景気の現代では仕事に不満やストレスを抱える人が急増しました。

 

得意なことをやっているとき人間は輝けます。

そこが自分の居場所です。

 

「私には得意なことなどない」

 

と思うかもしれませんが、

どんな人にも必ず強みはあります。

 

他の人が一生懸命やってもうまくできないのに、

自分は当たり前のようにできることってありませんか?

 

もしくは他人にイラっとすることはありませんか?

 

他人にイラっとするのは、

 

「それぐらいできて当たり前(=自分ならできる)」

 

と思っているからです。

 

得意なことは生まれながらにして備わった能力、すなわち才能です。

 

車に例えるならエンジンです。

エンジンは車のポテンシャルだからです。

 

良いエンジンを積んでいればスピードやパワーがでます。

 

自分がどの分野に良いエンジンを持っているのかわかれば、

圧倒的な結果を出すことは難しくありません。

 

好きなこと・情熱のある事(ガソリン)

好きなことをやっているとき、

僕たちは時間を忘れて没頭します。

 

その状態こそが幸せと言ってもいいでしょう。

 

好きなこと・情熱のあることを見つけることができれば、

後はそれを実行するだけで幸せになれます。

 

「好きこそものの上手なれ」

 

という言葉がありますが、

好きなことは自発的に探究するようになります。

 

したがって、勝手にスキルや知識が上達していくものです。

 

車で例えるならガソリンです。

 

好きなことはどれだけやっても疲れないし、

成果がでなくても走り続けることができます。

 

ガソリンがある限り、

車はどこまでも走り続けることができますよね。

 

つまり、好きなことは「伸びしろがある」ということです。

 

好きでもないことをビジネスにしてしまうと、

苦痛を感じるため長期的に継続することができません。

 

ブログに多くの人が挫折するのも、

お金のために仕方なくブログを書いているからです。

 

興味のない芸能人のスキャンダル記事を書いたり。

 

興味のないことをやるのは苦痛なので、

長期的に続けるのは極めて難しいです。

 

価値観・信念(ハンドル・アクセル)

人間は自分の価値観や信念に基づいて行動しています。

 

つまり、価値観によって人生の方向性が決まるということです。

 

車で例えるなら「ハンドル」でしょうか。

進む方向を決めるのはハンドルだからです。

 

あるいは「アクセル(ブレーキ)」になることもあります。

 

強い信念を持つ人は、

自分の理想を実現するためにアクセル全開で走ります。

 

「お金を稼ぐことは人々に貢献することである」

 

という人は全速力でお金を稼ぐことができますが、

 

「お金を稼ぐことは悪いこと」

 

と考える人はお金を稼ぐことに罪悪感を感じます。

 

その罪悪感がブレーキとなり、

お金を稼ぐことを遠ざけてしまうのです。

 

環境(道路)

夢に向かって突き進むとき、

自分の置かれている環境は大きな影響を与えます。

 

自分は必死に頑張っているのに、

家族が足を引っ張るような行動をする。

 

そんな経験ありませんか?

 

家族は良かれと思ってそういう態度をとるわけですが、

それが自分の成功を遠ざけてしまうわけです。

 

車に例えるなら「道」です。

 

舗装された道を走るのか、

でこぼこの道を走るのかで、

走るスピードも走りやすさも全然違います。

 

最短最速で成功にたどり着きたいのであれば、

舗装された道を走る方がいいのは言うまでもありません。

 

まとめ

動画版はこちら。

 

 

自分のことはわかっているようでわからないもの。

 

だからこそ多くの人は、

自分に合っていない道を選択してしまうわけです。

 

社会一般で考えられている幸せが、

自分にとっての幸せであるとは限りません。

 

自分に合った道を進むことができれば、

必ず成功を掴み幸せな人生を送ることができます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

Follow Me