潜在意識と引き寄せの法則でどん底から人生逆転

カナダで失業、生活保護、人生どん底からの逆転。

あえて未来を想像しない

一般的に言われていることは、

「将来の目標を明確にもち常に意識続けた方がいい」

ということです。

 

願望実現においてそのことはとても重要ですが、

やり方によっては逆効果になることもあります。

 

未来のことを考えすぎるあまり、

今という瞬間がおろそかになってしまうからです。

 

最高の人生を送るためには、

今という瞬間を全力で生きる必要があります。

 

過去や未来に意識がタイムスリップしてしまうと、

今という瞬間を生きることができなくなります。

 

五感で感じるという体験は今しかできません。

 

過去の記憶がほとんど残っていないのは、

「今ここ」におらず上の空で生きていたからです。

 

www.theloablog.com

 

 

未来のことを考えない方がいい理由

f:id:Apollojustice:20201208184729j:plain

①不安が拡大する

将来に漠然とした不安を持っている人はたくさんいます。

「老後が不安」と言っている人は本当に多いですよね。

 

誰だって将来に多少の不安は感じるものですが、

そんなこといちいち考えていても仕方ありません。

 

不安を感じるだけで行動しないのであれば、

何も変わらないからです。

 

何よりも恐ろしいのは、

不安によって少しずつエネルギーが奪われることです。

 

 

 

 意識を注いだものは拡大します。

 

不安に意識をフォーカスすればするほど、

その不安はどんどん大きくなっていきます。

 

将来に不安を感じることによって、

今を楽しむということができなくなります。

 

将来何が起こるかなんて誰にもわからないのだから、

あれこれ考えるだけ時間の無駄です。

 

②現状のセルフイメージがより強化される

未来を想像するもう1つのシチュエーションは、

理想の未来をイメージしてワクワクすることです。

 

ワクワクすればするほど願望は実現しやすくなります。

 

しかし、この方法はやり方次第で逆効果になる場合があります。

 

理想と現実のギャップがあまりにも大きすぎる場合、

 

「できるわけない」

 

という潜在意識からのツッコミが入ってしまうからです。

 

「今の自分は○○な状態なのに、△△になるなんて無理」

 

といった感じで考えてしまうのです。

 

この状態に陥ってしまうと、

もはや未来にワクワクすることができなくなります。

 

ワクワクするということは臨場感を感じるということです。

 

脳は現実と非現実を区別することができません。

 

未来にワクワクして臨場感を感じていれば、

脳はそれが現実だと認識してその願望は現実化します。

 

しかし、「できるわけない」と潜在意識で思っていると、

現状のセルフイメージがより強化されてしまい、

そのセルフイメージ通りの現実がもたらされてしまいます。

 

未来を想像することによってつらくなるのであれば、

目標だけ設定しておいて後はあえて考えない

というのも一つの手だと思います。

 

さいごに

未来のことをイメージしようがしなかろうが、

未来を創るのは今の自分の行動と選択です。

 

今を全力で生きて一生懸命努力すれば、

間違いなく未来は素敵なものになります。

 

上の空で生きて「今ここにあらず」だったら、

その状態が未来の自分を作り、

その瞬間はやがて自分の過去となります。

 

今を全力で生きれば後悔のない人生を送ることができます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

Follow Me