潜在意識と引き寄せの法則でどん底から人生逆転

カナダで失業、生活保護、人生どん底からの逆転。

身体感謝デー

僕は1か月間家にこもっていても苦にならない人間です。

 

出かけることが嫌いなわけではありませんが、

「時間がもったいない」のであまり外出しません。

(昔は出不精でした)

 

今日は久々に次男を連れて近所の公園に散歩に行きました。

 

日光をしっかりと浴びて自然の中に身を置くと、

気分がとても良くなってきます。

 

「そういえば最近体のこと気にしてなかったな」

 

ということで今日は体ご褒美デーにしました。

 

普段は家にいて運動する機会がほとんどないので、

今日は夕食の買い出しに車ではなく徒歩で行きました。

 

身体あっての自分、身体あっての人生なので、

定期的に体の喜ぶことをしてあげようと思いました。

 

 

身体と心はつながっている

身体と心はつながっています。

 

寝不足で身体が疲れているときは、

どうしてもネガティブな感情を感じてしまいがちです。

 

激しい痛みを感じているときに幸せな気分は感じませんよね。

 

温泉など身体がリラックスできる環境では、

気分もよくなりとても穏やかな気持ちになります。

 

「感情によく振り回されることがある」

 

という人はひょっとしたら、身体の状態が良くないのかもしれません。

 

心のメンテナンスだけでなく、

身体のメンテナンスをすることも大切です。

 

身体に感謝する

f:id:Apollojustice:20200903134036j:plain

機械を酷使しつづけたら不具合が生じるように、

身体も無理ばかりしていたら調子が悪くなってしまいます。

 

暴飲暴食をしたり、

極端に睡眠時間が短かったり、

過酷な肉体労働をしたり。

 

そんな生活を毎日続けていたら健康な人でも病気になります。

 

身体は僕たちが寝ている間、

文句も言わず常に働き続けてくれています。

 

大切に扱ってあげないとバチがあたります。

 

五感を感じる

五感を感じるとは「今この瞬間を味わう」ことです。

 

何かを考えながら食事をしているとき、

僕たちの意識は「今ここ」にありません。

 

そうすると味覚を十分に感じることができなくなります。

 

何も考えずに服が体に触れる感覚を感じてみてください。

必ず触感があるはずです。

 

しかし、日常生活でその感覚を味わうことはほとんどありません。

 

いろんなことを考えていて、

皮膚が服にふれる感覚に意識が向いていないからです。

 

思考は過去や未来にワープできますが、

身体は時空を越えることはできません。

 

ゾーンという超集中状態がありますが、

あれは心と体が一体化したときに起こる現象です。

 

ゾーンに入ることができれば、

高いパフォーマンスを発揮することができます。

 

心と身体を一体化させるためには、

意識を「今ここ」に向ける必要があります。

 

五感を感じることで意識を「今ここ」に向けることができます。

 

お金よりも大切なもの

僕たちはお金を優先順位の一番上に持ってきてしまいがちですが、

身体はお金よりも何倍も重要です。

 

「1億円あげるから片目をください」

 

と言われたら断りますよね。

 

ということは1億円以上の価値があるということです。

 

身体があるからこそお金を手に入れることができるわけです。

 

大金持ちになっても健康を害してしまったら、

それは必ずしも幸せであるとは言えません。

 

本来はお金よりも健康が優先順位の上位に来ないとおかしいのです。

 

まとめ

身体は生まれてからこの世を去るまで常に一緒にいる存在です。

当たり前にあるからその大切さをつい忘れてしまいがちです。

 

心が喜ぶことが何かわからないのであれば、

身体が喜ぶことをしてあげるのもいいかもしれません。

 

日光に当たって自然の中に身を置くだけでも、

身体は喜んでくれるはずです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。