潜在意識と引き寄せの法則でどん底から人生逆転

カナダで失業、生活保護、人生どん底からの逆転。

試練が来ないさみしい人生

「壁というのは乗り越えられる人にしかやってこない、

だから壁があるときはチャンスだと思っている」

 

これはイチロー選手の有名な名言です。

 

僕たちは試練に直面したとき、

マイナスに解釈して逃げることばかりを考えがちです。

 

逃げても問題が解決するわけではなく、

仮にその問題が解消したとしても、

また別の同じような問題に悩まされることになります。

 

一度試練を乗り越えてしまえば、

次からそれは自分にとって試練ではなくなります。

 

乗り越え方を知っているからです。

 

自分が大きくなれば必然的に問題は小さくなっていく。

 

問題解決の一番の方法は、

自分自身が大きくなることです。

 

試練というのは自分自身が大きくなるチャンスなんです。

 

 

f:id:Apollojustice:20201123205724j:plain

 

問題に対する解釈

冒頭のイチロー選手の名言からもわかるように、

成功者という人たちは普通の人と物事の解釈の仕方が違います。

 

普通の人なら逃げたくなるような試練を「チャンス」だと考えているわけですからね。

 

僕たちは大小の違いはあれど、

日々の生活の中で様々な試練に直面しています。

 

例えば、会社の人間関係に悩まされている人がいたとします。

 

その人間関係を「問題」だととらえてマイナスに解釈するか、

「試練」だととらえてプラスに解釈するか。

 

自分の解釈次第でどちらでも自由に選択することができます。

 

ただ一つ言えることは、前者のようにネガティブな解釈をしても、

得することは何一つないということです。

 

毎日人間関係に悩まされ嫌な気分で過ごさなければならなくなります。

 

「試練」だととらえて前向きにとらえれば、

「どうやったら試練を乗り越えられるか」と考えるようになります。

 

積極的に問題解決に向けた行動をとるようになるし、

「自分の頭で考える」という能力も磨かれます。

 

積極的に行動した結果その問題を解決することができたら、

次回以降はその問題に悩まされることはなくなるでしょう。

 

それってめちゃくちゃ大きなメリットだと思います。

 

ひとつだけ注意しなければならないのが、

試練に対する意味付けです。

 

試練=我慢ではありません。

 

そういう解釈をすると試練が来た時に苦しくなります。

 

イチロー選手が言っているように、

試練はチャンスなんです。

 

そう考えると試練が来た時に喜べるようになります。

 

試練が来ないさみしい人生

誰だって平穏無事な人生を送りたいと思っています。

 

「試練などやってこない方がいい」

 

と考える人が大半でしょう。

 

もしあなたが同じように考えるのであれば、

冒頭の名言を振り返って考えてみてください。

 

「試練というのは乗り越えられる人にしかやってこない」

 

つまり、試練がやってこないということは、

「この人は試練を乗り越えられる器ではない」

と天によって判断されたということです。

 

職場で上司に

 

「こいつには重要な仕事は任せられない」

 

と思われているのと同じような感じです。

 

それってすごく寂しいですよね。

 

天から

 

「この人は試練を乗り越えられない」

 

と見なされているわけですから。

 

キツい言い方をすると、

「できない奴」だと思われているということです。

 

それってとてもさみしいと思いませんか?

 

今試練に直面して大変な人もいると思いますが、

それはあなたが「乗り越えられる」と信頼されている証拠です。

 

その信頼を裏切ることのないように、

決してくじけることなく試練に立ち向かってください。

 

まとめ

物事の解釈は人それぞれ異なり、

自分で自由に選択することができます。

 

試練に直面したときにピンチだと考えることもできれば、

チャンスだと考えることもできます。

 

「乗り越えられない試練はやってこない」

 

という言葉がありますが、

これは本当にその通りだと思います。

 

普通の人にある日突然100億円の借金が降りかかる、

なんてことはまずないわけです。

 

自分に乗り越えられる試練しか訪れないのだから、

逆言えば試練はすべて乗り越えることができるわけです。

 

試練から逃げて天からの信頼を失うことがないように注意しなければなりません。

 

試練を乗り越えた先には大きなギフトが待っています。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

 

Follow Me