潜在意識と引き寄せの法則でどん底から人生逆転

カナダで失業、生活保護、人生どん底からの逆転。

試練はギフトという心構え

一般的に試練や困難は嫌なものだと解釈されています。

 

人間誰しも大変な思いはしたくないものです。

 

できればラクして平穏無事な人生を送りたい

と思っているのが人間の性だからです。

 

大小の違いはあれど、

試練や困難の訪れない人生はありません。

 

「嫌だ」と考えていても、

絶対に避けることはできないのです。

 

試練の渦中にいるとき、

苦しくて耐えられなくなることがあると思います。

 

しかしどんなに思い悩んだところで、

目の前の困難が解決するわけではありません。

 

後ろ向きに考えても何一つメリットはないのです。

 

試練はギフトです。

 

試練に立ち向かい乗り越えることで、

人間は成長することができるからです。

 

試練なきところに成長なし。

 

今まさに困難に直面している人もいると思います。

 

どうか心折れることなく、

前向きに考えて困難に立ち向かってください。

 

その先には必ずギフトが待っています。

 

f:id:Apollojustice:20210209201357j:plain


 

試練をマイナスに捉える理由

世の中には試練を前向きに捉えている人がたくさんいます。

試練が自分の人生にもたらす意味をわかっているからです。

 

大変な思いをすることになりますが、

その壁を乗り越えた先には新しい世界が待っています。

 

一方で試練をマイナスに解釈して逃げようとしたり、

耐えられなくなって途中で倒れてしまう人がいます。

 

その原因はセルフイメージの低さにあります。

 

「自分はこの試練を乗り越えられない」

 

と考えているから、

試練に対してマイナスな意味付けをしてしまうのです。

 

どん底体験がもたらした人生の転機

僕自身の経験を振り返ってみても、

試練があったおかげで今の人生があると思っています。

 

www.theloablog.com

 

どん底体験は僕にとって、

人生が変わらざるを得ないぐらい強烈な体験でした。

 

その経験がなかったら、

おそらく今もうだつの上がらない人生を送っていたと思います。

 

どん底体験を通して自分の未熟さを痛感したおかげで、

内面的にもかなり成長することができました。

 

どん底体験は僕にとって人生のターニングポイントとなりました。

 

試練に立ち向かうことで人間は強くなる

筋肉は傷めつけることで強くなりますが、

それは人間も同じだと思います。

 

痛みのないぬるま湯につかった人生ばかり送っていては、

人として強くなることはできません。

 

自分が強くなることができれば、

少々のことで心が乱されることはなくなります。

 

試練や困難から逃げ回っていると、

些細な出来事すら乗り越えられない弱い人間になってしまいます。

 

弱い人間になればなるほど、

人生の中に困難の数が増えます。

 

普通の人なら何とも思わない出来事も、

困難だと感じてしまうからです。

 

冒頭でもお伝えした通り、

試練や困難のない人生はありません。

 

ならば試練に立ち向かって強い人間になるほうが

絶対に得だと思わないでしょうか?

 

まとめ

試練を乗り越えられるかどうかは、

自分のメンタルが大きくかかわっています。

 

セルフイメージが低い人ほど、

試練や困難をマイナスに解釈します。

 

逆に言うと、

自分に対する自己認識を変えるだけで、

試練や困難を前向きにとらえることができるということです。

 

もっと自分のことを信じてあげてください。

 

今あなたの目の前に立ちはだかる壁は、

必ず乗り越えることができます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

 

 

 

Follow Me