潜在意識と引き寄せの法則でどん底から人生逆転

カナダで失業、生活保護、人生どん底からの逆転。

人生のコンパスの見つけ方

今歩んでいる人生は過去の自分が下した選択の結果です。

 

過去に選んだ選択肢が違っていれば、

今の自分は存在せずまったく違う人生を歩んでいたことになります。

 

自分の選んだ道が正しかったかどうかは、

人生が終わりを迎えるときにならないとわかりません。

 

どんな出来事もすべてはプロセスに過ぎません。

 

 最終的に幸せになったのであれば、

苦労も辛かった経験もすべて報われます。

 

www.theloablog.com

 

人生には岐路となるような選択肢が無数に存在します。

 

やり直しがきかず一度しかない人生、

悔いの残らないような選択肢を選びたいものです。

 

そのためには、進むべき道を教えてくれるコンパスの存在が必要不可欠です。

 

 

 

人生のコンパスの見つけ方

f:id:Apollojustice:20200106141250j:plain

人生には大小さまざまな決断の瞬間が訪れます。

 

その決断の大きさに関わらず、

決断をするときは頭ではなく心に従うことが大切です。

 

言い換えると、思考ではなく感情に従うということです。

 

www.theloablog.com

 

例えば、とある会社に就職が決まったとします。

ただし、あなたはその仕事に乗り気ではありません。

 

心では「できればやりたくない」と思っています。

しかし、頭では「待遇がいいからやったほうがいい」と考えています。

 

多くの人は思考に基づいて決断を下します。

感情に従うよりもそっちのほうが正しい選択をしている感じがするからです。

 

思考と感情が相反するのである場合、

思考に基づいて選択を下すと往々にして間違った決断をしてしまいます。

 

感情はあなただけの心の声であるのに対し、

思考というのは外的要因の影響を受けているからです。

 

つまり、感情に従えば自分軸であるのに対し、

思考に従うと他人軸になってしまうということです。

(あくまでも思考と感情が相反する場合のみ)

 

他人の夢を追い求めない

「金持ちになって豪邸に住み、高級車を乗り回したい」

 

どこかで聞いたことのあるような願望ですね。

 

僕たちは知らず知らずのうちに他人の夢を追い求めていることがあります。

 

本当は豪邸にも高級車にも興味がないのに、

それが自分の夢であると錯覚してしまう。

 

これはマスメディアの影響が大きいと言われています。

 

テレビでそういうシーンを見ると、

それがあたかも自分の夢であるかのように思い込んでしまうのです。

 

多くの人は自分の夢について深く考えたことがありません。

自分の夢が何なのかわからないのです。

 

そんなときに「あなたの夢は何ですか?」と言われても答えることができません。

 

そのとき頭に浮かんだのはいつしかテレビで見たあの光景。

 

「そうだ。金持ちになって豪邸に住んで高級車を乗り回すことが俺の夢だ」

 

と錯覚してしまうのです。

 

自分の夢が明確でない人にとっては、

金持ち+豪邸+高級車はわかりやすいフォーマットなのです。

 

ゼロから物事を生み出すのは難しいですが、

フォーマットに沿って生み出すことは簡単です。

 

当然ですが、このフォーマットは他人の夢=他人軸です。

 

そういう贅沢な暮らしよりも、

やりがいのある仕事をすることに幸せに感じる人だっています。

 

大好きな友達や家族と過ごすことのほうが幸福感を感じる人もいます。

 

そういう人が他人の夢を追いかけてしまうと、

目的地とまったく違う方向に爆走しているような状態に陥ります。

 

天国と地獄

天国と地獄をわけるものは心の在り方です。

物質的価値や経済的富裕ではありません。

 

今この瞬間に豊かさを感じていれば天国になるし、

同じ環境でも心が荒んでいたら地獄に変わります。

 

結局心がすべてだということです。

 

心に従って決断していれば天国に行くことができます。

 

頭に従って決断すると天国に行けるかもしれないけど、

地獄に行ってしまうかもしれません。

 

自分が幸せになることにブレーキをかけてはいけない

自分の感情に素直に生きようとすると、

思考がブレーキをかけようとします。

 

「そんな自分勝手な生き方をしたら他人から嫌われるぞ」

 

そして多くの人は心の声(感情)を無視し、

思考に従ってハンドルを逆方向に切ってしまいます。

 

日本は特に「自分を大切にすること」や「自分の幸せを追求すること」を良しとしない風潮があります。

 

あたかも「幸せになってはいけない」と言っているかのようです。

 

その理由は誰かが幸せになることは別の誰かを不幸にすることであるという誤解があるからです。

 

でも個人の幸せと社会の幸福は二律背反するものではありません。

 

日本は大乗仏教の国です。

 

大乗の根幹にある思想は「自利利他」です。

簡単にいうと「自分が幸せになることで他人を幸せにする」ということです。

 

だから自分が幸せになることは決して間違っていません。

むしろ正しいことをしていると言えます。

 

だから、自分が幸せになることに後ろめたさを感じる必要なんてないんです。

 

ただくれぐれも「自分さえ幸せになればいい」といったようなスケールの小さい夢を持たないようにしてください。

 

人間にとって最上の喜びは「見返りを求めず与えること」です。

 

www.theloablog.com

 

「自分さえ良ければいい」というスケールの小さい夢は、

大乗思想に反するし世間も宇宙も味方してくれません。

 

あなたの心が満たされれば自然と「誰かの役に立ちたい」と思うものです。

 

まずは心の声に従って自分が幸せになることに全力を注いでください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。