潜在意識と引き寄せの法則でどん底から人生逆転

カナダで失業、生活保護、人生どん底からの逆転。

嫉妬と自慢の根底にあるもの

人間とは他人と比較する生き物なので、どうしても嫉妬を感じてしまう瞬間があります。

そして、時に他人に対して自慢したくなる瞬間があります。これは承認欲求が関係しているものと推測しています。

 

嫉妬と自慢というと真逆のものに感じますが、実はその根底にあるものは同じです。

 

嫉妬と自慢の根底にあるもの

嫉妬を感じるときというのは、相手の存在を認めたくないときです。一般的に、嫉妬をする側よりもされる側のほうが上位にいるときに、嫉妬の感情が生まれます。

 

それに対し自慢したいときというのは、自分の存在を他人に認めて欲しい時です。この場合、自慢している本人の中では他者よりも自分のほうが上位にいると思っています。

 

この両者に共通するものは何でしょうか?

 

それは自己肯定感の欠如です。

 

自分で自分のことを認めてあげることができていない、だから外側の世界の特定の物差しで他人と自分を比較し、「自分のほうが他人よりも上位である=自分は素晴らしい人間である」ということを感じたいから、嫉妬や自慢が生まれるのです。

 

嫉妬とは「なんであんなやつが」とか、「あんなの全然大したことない」という他者否定のことです。

他人の存在を否定して他人の立場を自分よりも落とすことで、自己肯定感を満たそうとしているのです。

 

今風に表現するならば「マウントを取る」ということです。

もちろん実際に相手より上位の人間として振舞うわけではなく、あくまでも自分の内面で他者に対してマウントを取っているだけです。

 

自慢に関しては説明するまでもありませんね。自分の凄さを顕示することで事故肯定感を満たそうとしているのです。

 

嫉妬や自慢をしない方法

100%嫉妬や自慢の感情を持たないというのは不可能かもしれませんが、限りなく100%に近づけることであれば十分可能です。

 

嫉妬や自慢をしない方法を見つけるためには、嫉妬や自慢をしない人をよく観察しているとその方法を見つけることができます。

 

嫉妬や自慢をしない人というのは、「十分に満たされている人」です。

 

自分が満たされていて幸せな気持ちになっているならば、他人に自慢したいとは思わないものです。

 

自分の内面が満たされていれば、他人と比較することも少なくなります。

なぜなら、幸せとは他人との比較で生まれるものではないことを理解しているからです。

 

十分に満たされているというのは、必ずしも物質的に満たされているということではありません。

 

経済的豊かさがなくても、自分自身のことを信頼し、自分の中心とつながることができていれば、満たされ幸せな気分を感じることができます。

 

www.theloablog.com

 

嫉妬や自慢というのは、他人という比較対象があって初めて感じる感情です。

 

自分の内面とつながっていると他者との比較がなくなるので、こういった感情を感じることは自然となくなっていきます。

 

いい意味で「他人は他人、自分は自分」という状態になれているということです。

 

嫉妬と自慢は自己愛

嫉妬や自慢の感情が出てきたらその感情を否定するのではなく、その感情を受け入れ認めてあげることをしてみてください。

 

嫉妬や自慢の根底にあるものは自己肯定感の欠如だと、さきほど説明しました。

 

つまり、自分(あなた)に認めてもらえないから、もう一人の自分が他人を否定することで、自分の存在を認めてもらおうとしているだけなのです。

 

もう一人の自分が自分の存在を認めてもらおうとするのは、自分のことを愛しているからです。

自分のことをどうでもよい存在だと思っているなら、そんなことするはずありません。

 

もし嫉妬や自慢の感情が出てきたら、「自分は自分のことを認めてあげることができてなかったな」と気づくためのシグナルだと考えてみてください。

 

そして、「他人と比較などしなくても、あなた(自分)は十分素晴らしい存在だ」と自分のことを認めて、愛してあげてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。