潜在意識と引き寄せの法則でどん底から人生逆転

カナダで失業、生活保護、人生どん底からの逆転。

正しい決断のサイクル

この世の原理原則は以下のサイクルで成り立っています。

 

思考→決断→行動→結果

 

つまり結果を変えるためには行動を変えなければならず、

行動を変えるためには決断を変える必要があり、

決断を変えるためには思考を変えないといけないということです。

 

「ノウハウよりもマインドセットのほうが重要である」

 

と言われるのはそのためです。

 

いくら行動を変えても、土台となる思考パターンが変わっていなければ、

結局間違った決断と行動をしてしまうことになるからです。

 

ポジティブ思考という言葉があります。

 

「物事の良い面にフォーカスを当てる」という思考パターンがポジティブ思考なのですが、無理やり思考を変えようとしてもうまくいきません。

 

それは思考と密接に関係する「ある重要なもの」の存在を忘れているからです。

 

間違った決断をしやすいとき

f:id:Apollojustice:20191213163118j:plain

決断すれば何でもOKかと言われると、必ずしもそういうわけではありません。

決断には間違った決断も存在するからです。

 

「決断が行動を生み、行動が結果を生む」

 

もし、今の現状が満足いくものでなかったとしたら、

過去の自分が間違った決断をしてしまった可能性があるということです。

 

実はある特定の状況下で決断をすると、

間違った決断をする確率が急激に高くなってしまうのです。

 

そして、世の中の多くの人々はこの状況下で決断をしてしまっています。

 

だから、人生に幸福感を感じられない人が量産されてしまっているのです。

 

絶対に決断をしてはいけないとき、それはネガティブ思考のときです。

 

当たり前のことなのですが、意外と見落とされがちです。

 

○○を整えるとネガティブ思考になりにくい

「私はネガティブ思考なんかなりませんよ」という人は、

以下の質問に答えてみてください。

 

「あなたの健康や体調はベストな状態ですか?」

 

もし、この質問にYESと答えることができないのであれば、

それは「自分はネガティブ思考ではない」と思い込んでいるだけだということになります。

 

なぜなら心と体はつながっているからです。

 

体の状態がすぐれないのに心だけは抜群に調子がいいなんてことはありえません。

 

頭痛で苦しんでいる人がポジティブな気持ちになるのは難しいですね。

逆に、スキップをしながらマイナス思考になることも難しいと思います。

 

話をまとめると、体の状態がすぐれない状態で決断をすると、

間違った決断を選択してしまう可能性が高くなるということになります。

 

あなたは常に寝不足ではないでしょうか?

 

寝不足だと判断力が鈍るだけでなく、思考もネガティブになりがちです。

聞くところによると、徹夜明けの状態はお酒に酔っているのと変わらないぐらいの酩酊状態だそうです。

 

コンディションというのは、必ずしも健康状態だけを指すわけではありません。

 

体は健康でも寝不足だったり疲れが溜まっている状態では、

コンディションがいいとは決して言えません。

 

お腹が空いていたり、トイレを我慢している状態もそうですね。

 

だから、ダイエット中の人などは特に気を付ける必要があります。

体のコンディションが良くないので、思考がネガティブに引っ張られてしまいがちになります。

 

健康第一

やはり何事も健康が第一です。

 

仮に使えきれないぐらいの大金を手に入れることがあったとしても、

常に病院で寝たきりの状態だったら、きっと幸福感は感じられないと思います。

 

どんなに人間関係が良好でも、

1日中体の一部が痛むのであれば、

いい気分で過ごすことは難しいはずです。

 

幸福とはいくつかの要素で構成されています。

 

お金・健康・人間関係・仕事・時間など。

 

細分化するとさらに数は増えますが、

だいたいこの5大要素が中心になっています。

 

これらの要素をバランスよく高めていくことで、

幸福度は上がっていきます。

 

ただ、人によって比重をおく要素に特徴があります。

 

人生がうまくいっていない人ほど「お金」ばかりを重要視する傾向があり、

人生がうまくいっている人は「時間」もしくは「健康」に重きを置く傾向があります。

 

それは彼らが、「お金は健康と時間があれば簡単に手に入る」ことを知っているからです。

 

人間の体はすべての根源です。

まず一番最初に大切にしなければなりません。

 

あなたは今まで自分の体を一番大切にしてきましたか?

 

仕事やお金のために犠牲にしてこなかったでしょうか?

 

もしそうだとしたら、それが人生の歯車が狂いだした原因かもしれません。

 

正しい決断をし、よい結果を人生にもたらすためにも、

自分の体を一番大切にしてあげてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。