潜在意識と引き寄せの法則でどん底から人生逆転

カナダで失業、生活保護、人生どん底からの逆転。

仕事とは何か?

コロナウィルスの前後で仕事に対する状況が大きく変わりました。

 

リモートワークを導入する企業が増えたというだけではありません。

 

企業の生き残りのため不要な人材が整理され、

限られた人だけが働けるという状況になりつつあります。

 

コロナが長引けばその傾向はさらに顕著になるでしょう。

 

人件費カットが推し進められるということは、

AI導入が加速するということです。

 

本当に怖いのはコロナ不況よりもそっちかもしれません。

 

AIの導入により経済の合理化が進みますが、

多くの人が職を失うことになります。

 

電話交換士という仕事が消滅したように、

技術の進歩とともに消える仕事はこれから増えるでしょう。

 

単純作業でできる仕事は近い将来姿を消すことになります。

 

今は時代の変化スピードがとてつもなく早いです。

 

古い価値観に基づいて生きていたら、

あっという間に時代に取り残されます。

 

今こそ「仕事とは何か?」と考えるべきときなのかもしれません。

 

 

仕事に対する価値観

f:id:Apollojustice:20200904151836j:plain

多くの日本人は「仕事=我慢」という価値観を持っています。

 

だからこそ多くのストレスを抱え、

仕事のことが嫌いになってしまうのです。

 

www.theloablog.com

 

「お金のために我慢してしかたなく働く」

 

景気がいいときはそれでも通用するかもしれません。

 

しかし、現在の状況のように経済が不安定な状況下では、

そのよりどころである「お金」すら危うい状況にあります。

 

いつ会社がつぶれるかわからないからです。

 

お金のために我慢してやりたくない仕事を

やってきた人が仕事を失うとどうなるか?

 

嫌いな仕事だったから成果も出せていないだろうし、

スキルもほとんど身に付いていません。

 

その状態で新しい仕事を見つけるのは難しいでしょう。

 

一昔前はとにかく我慢して会社勤めをしていれば人生安泰でした。

 

しかし、その時代はもう終わりを迎え、

コロナウィルスの登場により一気に状況が変わったのです。

 

仕事とは得意を活かし他人の役に立つこと

仕事とは自分の得意を活かし他人の役に立つことです。

 

人間にはそれぞれ得意不得意があります。

 

自分の得意を活かして誰かの不得意を補うことができれば、

お金を稼ぐことができます。

 

例えば、僕は車の修理は一生かかってもできないと思います。

 

車の修理が得意な人がいてくれているから、

僕たちは安心して生活することができるのです。

 

www.theloablog.com

 

得意というのはスキルだけを指すわけではありません。

 

人を楽しませるという才能も、

その人の持つ得意の一つです。

 

芸能人やYoutuberが高額な収入を得ているのは、

人を楽しませるということにそれだけ価値があるからでしょう。

 

好きなこと・得意なことをやっているときは時間があっという間に過ぎます。

 

長時間働いていても全然疲れないのです。

 

インターネットが普及する前は、

自分の得意を仕事にすることは難しい時代でした。

 

しかし、今の時代はインターネットを使えば、

自分の得意を活かして収入を得ることは可能になったのです。

 

これからは好き・得意を仕事にすることが

スタンダードな価値観になるでしょう。

 

仕事=価値提供

お金のために仕事をするという人は、

「仕事=価値提供」という視点をもつことができません。

 

お金は(会社から)もらうものだと考えています。

 

「お金はもらうもの」という価値観を持っている人は、

自分で稼ぐことは難しいでしょう。

 

Takerになって(お客から)お金を奪おうとしてしまうからです。

 

www.theloablog.com

 

ブログで稼ごうとする人にありがちな傾向ですが、

「お金を奪おう奪おう」と考える人が非常に多いです。

 

価値提供ではなくお金だけにフォーカスしているからです。

 

お金を奪おうとすればするほど、

お客さんは離れていきます。

 

自分の都合ばかりで押し売りしてくるセールスマンは嫌ですよね?

 

そんな人からモノを買おうとは思わないはずです。

 

「仕事=価値提供」です。

 

誰かの役に立ち、誰かを喜ばせるからこそ、

その対価としてお金を手に入れることができるのです。

 

「お金を稼ぐ方法を教えてください」

 

という人はたくさんいますが、

 

「世の中に価値提供をする方法を教えてください」

 

という人は見たことがありません。

 

「お金を稼ぐ」という視点は、

自分のことしか考えていない人の思考です。

 

要するにTakerです。

 

自分のお金のことしか頭にないのに、

人々を喜ばせることなどできませんよね。

 

お金を稼げるようになりたいのであれば、

Giverにならなければなりません。

 

まとめ

今まで我々は会社組織という形態を通して、

世の中に価値提供をしてきました。

 

その状況が徐々に個人へ移行しつつあります。

 

一昔前の「お金はもらうもの」という価値観は、

もはや通用しない時代になったのです。

 

ビジネスは非常にシンプルです。

 

「他人の喜ぶことをしてあげること」

 

これだけです。

 

そして他人に喜びを与えることこそが、

人類に与えられた最大の幸福でもあります。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。