潜在意識と引き寄せの法則でどん底から人生逆転

カナダで失業、生活保護、人生どん底からの逆転。

人生転落の前兆

人生には必ず浮き沈みがあり、順風満帆な時期もあれば何をやってもうまくいかない時期もあります。

大切なのはその浮き沈みがあったときにどのような「あり方」でいるかです。

順調な時もあり方によって一気に転落したり、どん底にいてもあり方によって人生を逆転することができます。

 

このあり方を知っておくと、人生の浮き沈みの波をコントロールすることができるようになります。

 

人生転落のきっかけ

僕は数年前までキャリア的には順調な人生を送っていました。

そこから一気に人生が転落し、妻が精神的におかしくなったり、家庭崩壊の危機や失業、生活保護というどん底を味わうことになりました。

 

その当時は何をやってもうまくいかず、精神的にもかなり追いつめられていました。

キャリア的に順調だった当時の僕が、転落するような原因をもたらした「あり方」が何だったのか今の自分にはわかります。

 

僕の人生転落は自らの行動が招いた、起こるべくして起こった出来事でした。

今の僕はどん底が悪いものだとは思いませんが、一歩間違えると人生が終わりを迎えてしまうぐらいの一大事ですから、できればそこまで深刻な状況になる前に予防しておきたいものです。

 

今後の人生に同じ失敗をしないためにも、何が原因だったのかを知っておくことは極めて重要です。

 

○○に気を配らないとどんどん人生が悪化する

 

ある日、成功者を見ていてある共通点に気が付きました。

 

彼らは何かについて話すとき、「いいとか悪いとかじゃない」という言葉をよく使っていることに気が付いたのです。

これは彼らは色眼鏡(偏った観念)を持たず、物事を善悪でジャッジしないということを意味します。

 

ですが今回重要なのはそのことではありません。

 

彼らが気を配っていたもの、それは「言葉使い」です。

 

実は自分がどんな言葉使いをするかによって、人生が大きく変わります。

それぐらい言葉には大きな力があります。

 

www.theloablog.com

 

 人生転落する前の僕の言葉使い

人生が転落する前の僕の言葉使いは不平・不満・悪口にあふれていました。

カナダに移住してきてすぐ現地の責任者を任せられるようになり、プレッシャーでいっぱいでした。
スタッフは自分よりも20歳ぐらい上のベテランが中心。プライドが高い彼らを上手にコントロールするのは困難を極めました。

彼らにとっても、自分よりだいぶ年下の人間(僕)が上司になるのは面白くないのは理解できます。

 

僕が少しでもミスをしようものなら非難の集中砲火でした。

最初の頃はそれでも我慢して頑張っていましたが、3年目くらいから精神的にも余裕がなくなってきて、彼らに対しての不満を口にするようになったのです。

 

志が低くプロ意識もないスタッフが許せず、彼らの不満や悪口を言うようになりました。しかもとても汚い言葉で。

 

そんな状態だったので、当然人間関係もどんどん悪化していきました。

そして失職せざるを得ないところまで追い込まれてしまうことになるのです。

当時は家庭環境もひどいものだったので、何もかもが最低の状況でした。

 

不平・不満・愚痴・泣き言・悪口

「不平・不満・愚痴・泣き言・悪口」は五戒と呼ばれています。

これらを口にすると人生がどんどん悪化していきます。

言霊の記事でも書きましたが、言葉も振動するエネルギーです。
この五戒は最も強力なパワーを持つネガティブエネルギーです。

 

ネガティブなエネルギーは強いですから、ポジティブな人もそれに影響されてネガティブになってしまうことがあります。

愚痴ばかり言っている人のそばにずっといると、こちらまで気分が悪くなってきますよね。

 

当然五戒を口にしている人というのは波動も低い状態です。波動が低いということは、望まないような現実を引き寄せやすくなってしまうということです。

 

しかもこの五戒の罪深いところは自分だけでなく、周りの人間にまで悪い影響を及ぼしてしまうことです。言葉による大気汚染です。

 

スピリチュアル的観点をなしに考えても、五戒を口にする人は人を不快にするし、信頼されることはありませんよね。うまくいかないのも当然です。

 

どん底から立ち直るためには

成功者を見ていると見事なまでにこの五戒を口にしていません。おそらく彼らは言葉の持つ力を理解しているからだと思います。

 

では人生の流れが悪くなってきた場合はどうすればいいのか?

 

もう答えはお分かりだと思いますが、言葉使いをポジティブなものに変えることです。

そして、「今、目の前にある現実」に感謝することです。

 

言葉使いをポジティブなものに変えると自分が発するエネルギーもプラスに変わります。感謝が習慣になると波動が高くなります。

波動が高い状態にいるとき、僕たちはいい気分のはずです。

いい気分の時は良くない出来事が起こったとしても、それをプラスに解釈することができるようになります。

 

結局、出来事をどう解釈するかによって、プラスかマイナスかが決まっているだけです。

 

時間はかかりますが、どん底にいたとしてもこれらの習慣を心掛けるだけで人生は好転していきます。

 

今日は以上です。

 

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。