潜在意識と引き寄せの法則でどん底から人生逆転

カナダで失業、生活保護、人生どん底からの逆転。

嫉妬している自分の気持ちを素直に認める

インターネット上でよく見かける誹謗中傷は、

大抵の場合相手に対する嫉妬の気持ちから生まれています。

 

他人を妬んで否定するということは、

自分にもその妬みの原因を許可していないということです。

 

例えば、「お金持ちは悪人だ」のような否定をした場合、

自分に対してもお金持ちになる許可を与えていないことになります。

 

嫉妬が生まれるのは「自分もそうなりたい」と思うからであり、

他人を否定するということはその感情を否定することでもあります。

 

妬みの気持ちが出てきたら、

素直に自分が嫉妬していることを認める事。

 

「自分は○○になりたいんだよね?わかるよ」

 

と自分の気持ちを肯定してあげることで、

気分も楽になり他人に対するネガティブな感情も感じにくくなります。

 

 

他人の否定=現状の肯定

他人を否定する原因は「自分は間違っていない」と、

自分の生き方を正当化したいからです。

 

他人を否定すればするほど現状が正当化されます。

 

今の現実がうまくいっていないのであれば、

より一層その現実が強化されるということです。

 

現実はすべて自分の選択の結果

f:id:Apollojustice:20201020184322j:plain

現実は過去の自分の選択がもたらした結果にすぎません。

 

正しい決断をするから人生がうまくいくし、

間違った決断をしたから人生がうまくいかなくなったわけです。

 

「マインドセットが重要」と言われるのはそのためです。

 

正しいマインドセットが身についていないと、

誤った決断をしてしまうことになるからです。

 

理由はどうあれ、今の現実がうまくいっていないのであれば、

その原因はすべて自分にあります。

 

同じ思考パターンのままでは、

同じような結果が待っているだけです。

 

他人を否定して自分を正当化しようとするのではなく、

自分が変わらないと現実は変わりません。

 

「良くなりたい」と思うことは良いこと

嫉妬の気持ちの裏側には、

「もっと良くなりたい」という感情が隠されています。

 

その感情は否定すべきものではないし、

「もっと良くなりたい」と考えるのは素晴らしいことです。

 

その気持ちを素直に受け入れることで、

嫉妬の感情を手放すことができるようになります。

 

他人をうらやむ気持ちが出てきたとき、

否定をすればそれは嫉妬になり、

肯定をすればそれは憧れになります。

 

否定をする人が成功できない理由

 

大抵の場合、嫉妬をする対象というのは、

人生がうまくいっている人です。

 

彼らの存在を否定することにより、

彼らの生き方と対極を進むことになります。

 

成功するのはすべからく行動しています。

 

否定ばかりして行動しない人が多いのは、

行動を起こしたら彼らのやり方を認めることになるからです。

 

しかし、その考え方こそが自らのチャンスをつぶしているのです。

 

まとめ

嫉妬の気持ちが湧いてきたとき、

他人を否定したところで何の得もありません。

 

そんなことをするよりは自分の気持ちを素直に認めて、

よりよい人生を歩むために必要なことだけを考えるほうが、

よっぽど建設的な生き方ができます。

 

批判ばかりで何もしない人で成功した人は一人もいません。

 

これは人生の原理原則なので、

その生き方を改めないことには、

自分もその中の一人になってしまうので注意が必要です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。