潜在意識と引き寄せの法則でどん底から人生逆転

カナダで失業、生活保護、人生どん底からの逆転。

大荒れ、そして猛省の一日

今日はとてもイライラしてしまうことがあったのですが、

自分でもなぜそんなに気持ちが荒れてしまったのかわかりません。

 

今まで心の奥底で抑え込んでいた

様々な種類のネガティブな感情が、

顔を出したのかもしれません。

 

昔の自分は感情のコントロールができないほど怒りを感じることがありました。

 

今日は不思議なことに感情はまったく乱れていないのに、

なぜか「イライラする」態度が出てしまうのです。

 

言葉で説明するのは非常に難しいのですが、

心はイライラしていないのに身体がイライラしてるような状態です。

 

家族には本当に申し訳ないことをしました。

 

「我が家という船」の船長である自分が荒れてしまったら、

一緒に乗り合わせている家族にも迷惑がかかります。

 

「自分の立場や責任を今一度よく考える必要がある」と、

深く反省するきっかけをくれた出来事でした。

 

 

f:id:Apollojustice:20200908141837j:plain

 

数日前から発生した異変

実は数日前から気持ちにある異変が現れていました。

 

今までほとんど感じることのなかった弱気が、

ある日突然顔を出すようになったのです。

 

そして、作業が段取り通りに進まなかったり、

予期せぬパソコントラブルで仕事がスタックしたり。

 

悪いことは立て続けに続くものです。

 

悪い流れを断ち切るためにも、

昨日は早めに仕事を切り上げたのですが、

実際は気持ちが乗らなかったというのが本音かもしれません。

 

原因がわからない

今日はイライラして大声を上げてしまったのですが、

なぜそのような態度をとってしまったのかいまだにわかりません。

 

心はとても落ち着いているのです。

 

しかし、心とは裏腹に体はイライラした反応を示しました。

 

その出来事が起こった後も、

気持ちは穏やかであるにもかかわらず、

なぜかイライラした態度を示してしまう。

 

まったくもって理解不能です。

 

病気とかそういうことではないのでしょうが、

原因がわからないのは困ったものです。

 

今は心身ともにいつもの状態に戻っています。

 

ストレスとプレッシャー

ここ数か月間、自分のキャパを大きく越えるようなことをやってきました。

その時のストレスとプレッシャーが原因かもしれません。

 

その体験のおかげで自分のコンフォートゾーンが拡がったわけですが、

心や体に与える負担は以前と比べ物にならないぐらい大きくなりました。

 

 

www.theloablog.com

 

 

通常は少しずつコンフォートゾーンを広げていくものですが、

いきなり大きく広げてしまったのでガタがきたのかもしれません。

 

機械も負荷をかけ過ぎると故障してしまいますが、

それと近いような感じかもしれません。

 

今まではそれで突っ走ってきましたが、

ふと気が抜けた瞬間に一気に不調が現れだしたのかもしれません。

 

今まで感情がコントロールできなくなることはありましたが、

反応「だけ」コントロールできなくなることはありませんでした。

 

初めてのことだったので驚いています。

 

「家族のために」という思い

僕が乱れてしまうと家族にも迷惑がかかります。

 

僕にすべてを委ねてくれている家族のためにも、

もっと自分がしっかりしなくてはなりません。

 

どんなことが起ころうともどんと構えて、

「俺に任せておけ」と言えるぐらいの存在になれるよう、

もっと自分のことを高めていく必要があります。

 

間違っても家族に不安を与えてはならないのです。

 

どんな事情があったにせよ、

すべては自分の責任。

 

www.theloablog.com

 

その原理原則だけは絶対に忘れてはなりません。

 

まとめ

完璧な人間など存在しないし、

僕は完璧な存在とは程遠い状態です。

 

「人間だから不完全な自分も享受する」

 

自分を癒すためにはその考え方も必要ですが、

それが甘えとなって悪い方向へ向かってしまうこともあります。

 

何があっても常に穏やかな人間でありたい。

 

その目標が見つかっただけでも、

今日という1日は有意義だったように思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。