潜在意識と引き寄せの法則でどん底から人生逆転

カナダで失業、生活保護、人生どん底からの逆転。

お金に不足感を感じないための心構え

引き寄せの法則では「お金が欲しい」という願望を持つと、

お金が欲しいという現実=お金がない現実が引き寄せされると言われています。

 

このことを「お金に対する執着もしくは不足感」という言葉で表現されます。

 

自分がお金を支払うときのことをイメージしてほしいのですが、

「欲しい物が手に入った」という喜びよりも、

「お金が減ってしまった」という痛みの方が大きいのではないでしょうか。

 

お金を払うときに苦しさを感じてしまうと、

お金を受け取るときにも苦しいエネルギーを受け取ることになります。

 

 

www.theloablog.com

 

今日は僕たちがお金を払うときに感じる「不足感」について、

考えてみたいと思います。

 

 

 

お金に不足感を感じる理由

f:id:Apollojustice:20191027154916j:plain

 

お金を支払ったときに不足感を感じる理由は以下の2つです。

 

  • 価値の大きさに気づいていない
  • 本当に欲しいものではない

 

価値の大きさに気づいていないというのは、

受け取った価値よりも支払ったお金のほうが価値があると

思っているということです。

 

例えば電気代は月数千円ですが、

もし電気がなかったとしたら、僕たちの生活は相当不便になりますよね。

 

自力で電気をおこそうとしたら、莫大な時間と労力が必要になります。

そんなことをしているうちに、人生は終わってしまうでしょう。

 

それをたった数千円で受け取ることができるというのは、

とてつもなく費用対効果がいいわけです。

 

電車やバスだってたった数百円で長い距離を歩かずに済むし、

人生の貴重な時間を節約できるのだから、

普通に考えたら安すぎます。

 

このように、僕たちはお金を支払うことによって、

とてつもなく大きな価値を受け取っています。

 

もしあなたがどうしてもほしいものがあって、

念願かなってそれを手に入れることができたとき、

お金が減ったという苦しい気持ちを感じるでしょうか?

 

多少はそういう気持ちも感じるかもしれませんが、

それよりもなによりも「欲しい物が手に入った」

という喜びのほうが大きいはずです。

 

お金に不足感を感じるのは単に金額の問題ではありません。

(自分にとって)金額に見合った価値を受け取っていないことが原因です。

 

要するに、大して欲しくないものにお金を使うから、

喜びよりも「お金が減った」という苦しさを感じてしまうということです。

 

なぜ、大して欲しくないものを買ってしまうかと言うと、

自分が本当に欲しい物がわかっていないからです。

 

自分の欲しい物が明確になれば、

自分にとって必要ないものも明確になります。

 

大して欲しくないものにお金を使ってしまうと、

満足度が不完全燃焼になり、

それを満たすためにまた別のものにお金を使ってしまいます。

 

そうやってお金を無駄遣いすることで、

どんどんお金が減っていくという負の連鎖が始まります。

 

www.theloablog.com

 

お金を使うのが上手な人は、

自分が本当に欲しい物だけにお金を使います。

 

だから、お金を支払ったときに喜びを感じることができるし、

無駄なお金を使うこともなくなります。

 

お金だって、喜んで使ってくれる人と、

使うときにいつも苦しそうにしている人だったら、

喜んで使ってくれる人のところに行きたいと思うものです。

 

お金に不足感を感じないための心構え

僕たちがお金を使うのは、

必ずしも自分が欲しい物を手に入れるときだけではありません。

 

日常生活で必要になる食料や消耗品は、

手に入れることで感謝をすることはできても、

喜びを感じることは難しいでしょう。

 

お金に不足感を感じる本質的な理由は

「損をした」と思っているということです。

 

お金のほうが受け取った価値よりも大切だと思っているから、

お金を払ったときに「損をした」気持ちになるのです。

 

しかし、先ほどもお話ししたように、

僕たちがお金を払うものはすべからく、

金額からするとむしろ安すぎる価値ばかりです。

 

そのことに気づけば「損をした」という感情になることはないはずですが、

今日はそれ以外にも、不足感を感じないための心構えをお伝えしたいと思います。

 

それは、「自分が使ったお金はすべて投資である」と考えることです。

 

投資ということは、将来的にリターンがあることになります。

リターンがあるのだから損することはありえません。

 

例えば食料の場合、

ご飯を食べることによって自分の健康状態が良好に保たれ、

日々の生活のパフォーマンスが向上します。

 

ものすごいリターンがある投資だと思いませんか?

 

別の例として、

あなたはつい欲しくない服を衝動買いしてしまったとします。

 

その衝動買いも「投資」だと考えることが大切です。

 

その失敗経験を「授業料」として考えることで、

今後同じ過ちを繰り返さないのであれば、

将来的に見ると大きなプラスになります。

 

その失敗体験から学ばなければ、

同じ過ちを何度も繰り返し、

生涯で莫大なお金を無駄にしてしまうかもしれません。

 

そのお金がすべてカットできたとしたら、

とてつもない大きなリターンがあったと考えることができます。

 

結論

お金を使ったときに不足感を感じてしまうのは、

それを浪費もしくは消費だと考えるからです。

 

投資と考えればお金を使うたびにハッピーになれます。

 

捉え方は自由だし、自分で好きなように選択できます。

 

ならば、ハッピーな気持ちになれるほうを選択したほうが、

絶対に得だと思いませんか?

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。