潜在意識と引き寄せの法則でどん底から人生逆転

カナダで失業、生活保護、人生どん底からの逆転。

幸福な人生とは○○を見つけること

あなたは「自分にとっての幸せとは何か?」考えたことがありますか?

 

見えないもの・わからないもの・イメージできないものは、

絶対に手に入れることができません。

 

当たり前ですよね。

 

目的地がわかっていないのに

目的地にたどり着くことなどできるわけがありません。

 

多くの人はお金持ちになれば幸せになれると思っています。

 

しかし、それは周囲の影響によって作られた

単なる思い込みである可能性があります。

 

お金持ちになったとしても、

毎日仕事に忙殺されストレスまみれだったとしたら、

その人生は幸せと言えるでしょうか?

 

何でも手に入れることができるようになると、

物欲がどんどん無くなってくると言われています。

 

欲しくなくなってくるんです。

 

最初は贅沢三昧で楽しいかもしれませんが、

そういう生活が毎日続くとどこかで飽きてしまいます。

 

人生のやりがいや生きる目的を見失い、

自分はどこへ向かえばいいのかわからなくなります。

 

それが果たして幸せな状態と言えるでしょうか?

 

人それぞれ個性も違えば価値観も違います。

 

万人が同じものに幸せを感じるわけがないのです。

 

あなたにとっての幸せはあなたにしかわかりません。

 

 

幸せな人生とは○○を見つけること

f:id:Apollojustice:20200824170631j:plain

僕が考える幸せな人生とは、

自分の好きなことを見つけることだと思っています。

 

時間を忘れるぐらい夢中になって没頭できるもの。

 

そういうものがあったとしたら、

仮に経済的に恵まれていなかったとしても、

充実した人生になるのではないでしょうか?

 

「あなたの好きなことは何ですか?」

 

と聞かれてあなたは即答することができますか?

 

僕はできませんでした。

 

自分が何が好きなのかもわからず、

漠然と「コレが好き」ぐらいにしか思ってませんでした。

 

その理由は、「自分が何を好きなのか?」を考えたことがなかったからです。

 

考えたことがないのだから、

答えが見つからないのは当たり前です。

 

感情が動くときはヒントが隠されている

自分の好きなことを見つけるヒントは、

自分の感情を注意深く観察することです。

 

感情が動くとき必ずそこに原因があります。

 

例えば、他人を見て「イラっと」することがありますよね。

 

それって自分の許せない価値観をその人が持ってるからです。

 

www.theloablog.com

 

自分が深いこだわりを持っているモノを

他人が知ったぶりをして話していると、

イラっとするときがあると思います。

 

それは自分がその「こだわりを持っているモノ」を

大切にしているという証拠です。

 

そこにあなたの才能が隠されているわけです。

 

もちろん、ネガティブな感情だけでなく、

「嬉しい」、「楽しい」と感じるときも

自分発見のヒントが隠されています。

 

ただ感情を味わうのではなく、

冷静に感情を観察するようにしてみてください。

 

嫌いなこと・苦手なこと

人間には向き不向きがあります。

 

自分は得意だが他人が不得意なことと、

他人は得意だが自分は不得意なこともあります。

 

その穴をお互いに埋め合っているから、

宇宙はバランスが取れているわけです。

 

www.theloablog.com

 

嫌いなことや苦手なことってありますよね?

 

僕もいくつもありました。

 

そういうものに遭遇したときに、

「嫌い」とか「やりたくない」で片づけてしまうのは、

非常にもったいないです。

 

「嫌い」とか「やりたくない」と感じるのには、

必ず何かしらの理由があるからです。

 

 

www.theloablog.com

 

 

そこから自分の価値観や適性が見えてくることがあります。

 

好きなことに没頭し他人と比較しないこと

好きなことに没頭しているときは充実してるものですが、

時にそれがつらくなってしまうことがあります。

 

他人と比較をしてしまうときです。

 

例えば、あなたがサッカーが好きだったとします。

 

サッカーに没頭していれば楽しい気持ちになれるのに、

自分よりサッカーが上手い人を見て落ち込んだりします。

 

ただ純粋にサッカーを楽しめば幸せだったのに、

他人との比較で楽しさが半減してるわけです。

 

「○○さんより上手にならなければ」

 

とWant toからHave toで行動するようになってしまうと、

好きだったはずのことが楽しくなくなってしまいます。

 

あなたがプロのアスリートなのであれば、

そういう意識も必要だと思います。

 

しかし、そうでないのであれば、

純粋に楽しめばいいだけだと思うのです。

 

自分が好きなことに没頭すればいいだけで、

他人より優れている必要はないわけです。

 

まとめ

「これだ」と思えるものを見つけ、

そのことに没頭できる人生は幸せです。

 

単純にそれを楽しむことだけに集中できれば、

必ず充実した人生を送ることができます。

 

そこで他人と自分を比較してしまうから、

好きなことを嫌いになってしまったりするわけです。

 

他人に勝ることよりも自分が幸せを感じることのほうが重要です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。