潜在意識と引き寄せの法則でどん底から人生逆転

カナダで失業、生活保護、人生どん底からの逆転。

潜在意識を上質なもので満たす【動画付き】

※今日は見ていて思わずわくわくするような動画を紹介します。

 

僕たちは日々様々な情報を潜在意識にインプットしています。

 

本人の意思に関係なく、

見たもの聞いたもの体験したものは、

潜在意識の中に記憶されていきます。

 

したがって、普段どんなものに触れているかによって、

潜在意識に記憶されている情報も決まるということです。

 

心が豊かになるようなもので潜在意識を満たすこともできれば、

邪悪な情報を潜在意識にインプットすることもできます。

 

ごはんのときに意味もなくニュース番組を見ていませんか?

 

その行為は自らネガティブな情報を潜在意識に取り込むようなものです。

 

ニュースで流れてくる情報は我々にコントロールできません。

 

気分を害すようなネガティブな情報が流れてきたら、

真剣に見ていなかったとしてもその情報が潜在意識にインプットされるのです。

 

だからこそ、わざわざネガティブな情報に触れる可能性のある行為をしないほうがいいということです。

 

 

 

情報遮断能力を磨く

 

現代のような情報社会には、

僕たちの成功や幸せを阻害するような有害な情報がたくさんあります。

 

意識してそういう情報を遮断しないと、

潜在意識がどんどん汚染されていきます。

 

www.theloablog.com

 

情報遮断能力を磨くとはテレビやインターネットだけの話ではありません。

 

ネガティブなことを言う人から距離を置くことも情報遮断能力の一種です。

 

自分が言わなかったとしても、

不平・不満を耳にするだけで、

それが潜在意識にインプットされてしまうからです。

 

そういう人と一緒にいるぐらいなら一人でいるほうがマシです。

 

人間関係とは他人と上手に付き合うことだけでなく、

付き合う人と距離を置くべき人を選別することでもあります。

 

時間は有限なので「誰と過ごすか」ということは極めて重要です。

 

潜在意識を上質なもので満たす

f:id:Apollojustice:20201109194125j:plain

潜在意識を上質なもので満たすためには、

上質なものに触れる必要があります。

 

インターネットが普及する前は、

そういうことをしたくてもなかなかできませんでした。

 

実体験を通してしか上質なものを見聞きすることができなかったからです。

 

たまにテレビでそういう情報が流れてくることがありますが、

あくまでも受動的に情報を受け取ることしかできず、

自分の意志で積極的に上質なものに触れるのは難しい時代でした。

 

今はインターネットがあるので誰でもカンタンに

上質なものに触れることができます。

 

例えば、「高級ホテルのウェブサイトを見る」とか。

 

高級ホテルに泊まることは難しくても、

ウェブサイトを見るなら簡単にできます。

 

しかもタダです。

 

そういうものを見るときはできるだけ臨場感を感じるほうが良いです。

 

まるで自分がそこにいるかのような疑似体験をすることで、

より強烈に潜在意識に刻み込まれるからです。

 

ワクワクする動画

写真(画像)だといまいちワクワクしないという人は動画がおすすめです。

 

今は本当に便利な世の中ですよね。

無料でそういう動画を見ることができるわけですから。

 

今日は僕が最近ハマっているYoutube動画をご紹介します。

 

 

 こちらです。

 

Williams Williamsという不動産会社のプロモーション動画です。

 

動画を見てもらえればわかりますが、

めちゃくちゃ豪華な家の様子を見ることができます。

 

金額は平均して日本円で約40億円。

 

普通のお金持ちではなく、

桁違いのお金持ちでしか住めないような家ばかりです。

 

しかもそういう物件がいくつも紹介されています。

 

この物件なんか75億円です。

 

 

しかも「SOLD」になってるので誰かが購入したようです。

 

すごすぎますよね。

 

こんな家に住んでいる人が同じ地球上にいるわけです。

 

よく「別世界の住人」という表現を使うことがありますが、

このレベルのお金持ちって実際に見たことがないですよね。

 

でも実際に存在しているわけです。

 

つまり、文字通り「住んでいる世界が違う」ということです。

 

人生一度でいいからこんな家に住んでみたいですよね。

 

40億円か...。

果たしてこの人生でそこまで到達できるかどうか...。

 

なんて言ってたら怒られそうです。

 

 動画で見れるだけでもありがたいです。

 

まとめ

特にYoutubeのような動画に関して言えることですが、

どういう情報(動画)に触れるかは自分で選択できます。

 

たくさん良質な動画もあるのだから、

あえて不快な気持ちになるような動画を見るのはもったいないです。

 

見ている時だけ気分が悪くなるだけでなく、

ネガティブな情報が潜在意識にインプットされてしまうからです。

 

自分が触れる情報を管理する能力も、

これからの時代を生き抜くためにはとても大切なことです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。