潜在意識と引き寄せの法則でどん底から人生逆転

カナダで失業、生活保護、人生どん底からの逆転。

なぜ「イラッ」としたらラッキーなのか?

※本記事の終わりに素敵なプレゼントがあります。

 

日常生活の中には無数の「イラッ」とする出来事がありますが、

「そのイラっとの中に人生を変えるギフトがある」と言われたら、

あなたはどう思いますか?

 

この記事における「イラッ」は、

待たされたときなどに感じるイライラとは違います。

 

イライラは単なるストレスから生じている感情ですが、

「イラッ」はストレスから生まれる感情ではないからです。

 

もし「イラッ」とする出来事に遭遇したらラッキーです。

その感情をやり過ごしてしまうのは非常にもったいないです。

 

 

 

なぜイラッとしたらラッキーなのか?

f:id:Apollojustice:20191224140225j:plain

結論から先に言うと、「イラッ」の中にはあなたの才能や大切にしている価値観が隠されているからです。

 

あなたはこういう経験をしたことがありませんか?

 

「自分の好きなことや得意なことについて第三者が語っているのを聞いてイラっとした」

 

普通なら自分の好きなことや得意なことの話を聞くのは心地良いはずです。

にもかかわらずイラっとするのはなぜでしょうか?

 

それは、あなたの才能がそこに隠されているからです。

 

好きなことや得意なことでもイラっとを感じない事もたくさんあります。

それはただ「好き・得意」なだけであなたの才能ではないからです。

 

自分が大切に思っているものだからこそ、

それを他人が饒舌に語っているのを見てイラっとするのです。

 

ほとんどの人はイラっとに才能が隠されているという自覚がありません。

 

だから、ただイラっとして嫌な気分を感じるだけで終わります。

 

大切にしている価値観

人間の感情は「反応」することによって生まれています。

さらに言うと、反応を選択することによって生まれています。

 

出来事そのものは感情とは何の関係もありません。

 

ある出来事が起こった時、「怒り」を選択することもできれば、

「感謝」を感じることもできます。

 

どちらの感情を感じるかは自分の選択によって決まります。

 

ほとんどの場合反射的に感情を感じているので、

出来事と感情はリンクしていると考えがちですが、

実は出来事と感情は何の関係もありません。

 

この選択と基準となるものが「価値観」です。

 

時間にルーズな人に怒りを感じるのは、

「時間を守るべき」という価値観を大切にしているからです。

 

大切にしている価値観だから、それを大切にしていない人に腹が立つのです。

 

「時間を守るべき」という価値観がない人は、

時間にルーズな人を見ても何も思いません。

 

つまり、他人の言動にイラっとすることがあったら、

そこにあなたの大切にしている価値観が隠されているということです。

 

イラっとすることがあったら、その感情をスルーするのではなく、

「なぜ自分はイラっとしたのだろう?」と自問してみてください。

 

人生のゴールの見つけ方

イラっとする感情は心からのメッセージです。

 

www.theloablog.com

 

心(感情)が動くということは、

そこに「自分にとって重要な何か」があるということです。 

 

自分にとって重要でないものに感情は動きません。

 

同じものを見ても、心が動く人もいれば何も感じない人もいます。

人それぞれ持って生まれた才能やゴールが違うからです。

 

人生に迷いを感じるのはゴールが明確でないからです。

 

ゴールが明確ならそこに向かって突き進むだけで、

非常にシンプルなのである意味すごく楽です。

 

ゴールが明確でないから、「あれでもない」「これでもない」と

あっちこっちを行ったり来たりしてさまようことになるのです。

 

 ゴールがわからなければ絶対にたどり着くことはできません。

 

そして、多くの人々は自分のゴールがわかりません。

それは自分自身に問いかけてこなかったからです。

 

自分の内面に質問をしないから、

外部に答えがあると錯覚して他人の価値観に流されます。

 

仮に他の人が「自分のゴールは世界から貧困をなくすことだ」と言っていたとしても、

あなたがその生き方にワクワクしないのであれば、

それはあなたにとってのゴールではないということです。

 

それがわかっていない人は、「これこそまさに自分のゴールだ」と勘違いし、

他人の設定したゴールへ向かって突き進みます。

 

そして、ゴールへ向かって走りながら「なんか違う」と感じるようになります。

 

自分のワクワクがわからないと、永遠にこの状態を繰り返すことになります。

 

人それぞれ才能もゴールも違うんです。

 

自分の適性も知らないのに、「どのスポーツがおすすめですか?」と聞いているようなものです。

 

他の人はあなたに柔道をおすすめするかもしれません。

でも実はあなたは足が速いという個性を持っています。

であれば他人が何と言おうと足の速さを活かせるスポーツを選択すべきです。

 

自分のワクワクや強みがわからなければ、

判断基準を外的要因に委ねるしかありません。

 

話が長くなりましたが、

この人生のゴールを見つけるヒントとなるのが「イラッ」の感情です。

 

イラっとの中には自分が大切にしているものが隠されているのでしたね。

それがあなたに与えられたワクワクや才能です。

 

人生のゴールというのはワクワクの延長線上にあるものです。

 

その答えを見つけることができるのは自分だけです。

他人にあなたのワクワクはわからないからです。

 

素敵なプレゼント

こちらはまだ日付が変わっていませんが、

日本はもうクリスマスイブですね。

 

クリスマスなので僕からあなたにプレゼントです。

 

 本田健さんが「Dear Ken」の中で非常にためになる話をしてくれています。

 

中でも最近見たこちらのエピソードが良かったので、

ぜひあなたにも見ていただきたいです。

 

きっとあなたの人生にも役に立つと思います。

 

それでは、よいクリスマスをお過ごしください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。