潜在意識と引き寄せの法則でどん底から人生逆転

カナダで失業、生活保護、人生どん底からの逆転。

どん底にいる人ほど「今あるものに感謝する」理由

みなさんは「こんな人生もう嫌だ」と思ったことはありますか?

僕はあります。

 

人生のどん底を味わい、そこからなんとかして抜け出そうとするのですが、あがいてもあがいても人生は好転しません。

実はそれには理由があります。

 

今日は人生のどん底にいる人が「今あるものに感謝する」理由についてお話ししたいと思います。

 

今あるものに感謝する理由

引き寄せの法則のことを学ぶとこのフレーズは必ず耳にします。

 

多くの人は引き寄せの法則を発動させようとするときに、願望ばかりにフォーカスして欠乏感を(無意識に)感じてしまい、結果として「願望がほしい状態の自分(=願望達成できていない自分)」が現実として引き寄せられてしまいます。

 

そのため、「無いもの」ではなく、「今あるもの」にフォーカスをすることで、自然と感謝の気持ちが湧いてきて波動も高くなり、結果として望む現実を引き寄せることができるというのが、「今あるものに感謝する」理由です。

 

ただ人生のどん底を味わっている人からすると、「今あるものに感謝する」という気分にはとてもなれないと思います。

でもどん底から人生を好転させたいのであれば、このことをしっかりと実践しておかないと、目の前の現実はなかなか変わりません。

 

どんなにどん底にいる人でも感謝できることはたくさんあります。

ただ、それに気づいていないだけです。

 

なぜ人生が好転しないのか?

正確に言うと、心の底から「こんな人生もう嫌だ。なんとかしたい」と思ったのであれば、その人生は間違いなく好転します。

 

ただしその場合、人生が好転し始めるまでには時間がかかります。

そして全然変わらない目の前の現実に嫌気がさし、ほとんどの人が投げやりになり気力を失います。

 

そして「人生を良いものにしたい」という思いを諦めてしまいます。

 

人生が良くならない(好転するのに時間がかかる)のには理由があります。

 

 

 

うまくいかないのは自分を○○しているから

 

www.theloablog.com

 

この記事に言及していますが、目の前の現実というのは実際には「過去の自分のあり方がもたらした結果」です。

つまり現在でありながら過去であるということも言えます。

 

もし現状が不満だらけでも、それは過去の自分なのだから心配する必要はありません。

今の自分が変われば、未来の結果が変わります。

 

ですが、ここではそういうことが言いたいのではありません。

 

勘のいい方はもうお気づきでしょう。

 

「こんな人生もう嫌だ」と思うということは、過去の自分を否定しているということです。

 

目の前に見えている現実というのは、過去の自分が運んできてくれた結果です。

それに対して不平不満を言うというのは、過去の自分を否定しているようなものです。

 

あなたが一生懸命準備した料理を否定されたら嫌な気持ちになると思います。

「こんなの食べたくない」と言われたら誰でも気分は良くないですよね。

 

それと同じことを僕たちはしています。

過去の自分を否定しているので、もう一人の自分が味方をしてくれないのです。

だから、人生が好転するのに逆風ばかりでスピード感が感じられないのです。

 

どん底は人生の変化ポイントなだけ

僕たちの人生というのは、必ず最良の方向に向かうようになっています。

 

www.theloablog.com

 

僕たちが「どん底」だと思っている目の前の現実は、そう解釈しているからそう見えるだけです。

解釈を変えればそれはギフトになります。

 

平穏無事な人生を過ごしている時、僕たちは人生を変えたいとは思いません。なぜなら人間にとって変化とはストレスだからです。

でもどん底だと思えるような経験をした時は、嫌でも変わらざるを得なくなります。

 

どん底がやってきたということは、過去の自分が人生を変化させるきっかけをくれたということです。

でも多くの人はそのことに気づかず、「最悪だ」とそのギフトを否定ばかりして受け取ろうとしません。

 

自分を味方につける方法

どん底を否定するな」ということを言いたいわけではありません。

誰だって、どん底なんて味わいたくないですし、過去の自分も今の自分を苦しめたくてどん底を運んできたわけではありません。

 

自分を味方につけるためには、「人生が変化するきっかけを運んできてくれたこと」に感謝することです。

 

現実世界でも自分に感謝してくれる人は味方したいと思いますよね。逆に自分に不平不満ばかり言う人の味方をしたいとは思わないはずです。

 

僕自身もどん底を味わいましたが、健康な体や住む家まで失うことはありませんでした。

過去の自分がその程度で済ませてくれたと思えたら、そのことにも感謝できるようになりました。

 

もう一人の自分を味方につけるということは、他力が使えるようになるということです。

そうなると、人生が好転するスピードが劇的に早くなります。

 

今日は以上です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。