潜在意識と引き寄せの法則でどん底から人生逆転

カナダで失業、生活保護、人生どん底からの逆転。

無くして初めて気が付くありがたさ

昨日の夜から鼻水とのどの痛みを感じていたのですが、

そのまま働き続けた結果、今日は夕方ごろまで寝込む結果となりました。

 

今までほとんど休息をとることなく、

分単位のスケジュールで突っ走ってきたので、

その無理が祟ったのだと思います。

 

自分の体には感謝と申し訳なさを感じています。

 

機械は一度壊れると自己修復できませんが、

人間には自然治癒能力があります。

 

健康な状態を取り戻すため、

今もウィルス(?)と戦い続けてくれていると思うと、

本当にありがたいなあと感じずにはいられません。

 

幸福=バランス

僕たちはついつい「お金」のことばかり考えてしまいますが、

お金は幸福を形成する要素の1つにすぎず、

お金を手に入れたからと言って幸せになれるわけではありません。

 

お金・仕事・精神・健康・人間関係

 

幸福の尺度として用いられる要素はたくさんありますが、

代表的なものはものはこの5つです。

 

「幸せになるためにお金を稼ぐ」

 

と言う人はたくさんいますが、

幸せのために自分の精神面を磨いていこうという人は、

ほとんどいません。

 

どんなにお金に恵まれても、

心が廃れていたり、健康を害していたら幸せを感じることはできません。

 

ちなみに、お金持ちになったから内面が磨かれたのではなく、

内面が磨かれているからお金持ちになったというのが正しい順序です。

 

 

www.theloablog.com

 

 

幸せになるためには、

すべての要素をバランスよく高めていく必要があります。

 

マイナスな出来事のプラス面に気が付けるか

「何かを失う」という経験をしたとき、

絶望してネガティブな気持ちになる人は多いです。

 

しかし、すべての出来事はプラスとマイナスの両面が必ず存在します。

 

マイナス面ばかり見ていたら、

プラス面が見えなくなります。

 

自分にとってネガティブな出来事が起こったときは、

意識をニュートラルにすることを心掛け、

その出来事に何かプラスがないか探してみることは非常に大切です。

 

そこでマイナス面ばかりにフォーカスしていると、

どんどん人生が悪化してしまいます。

 

すばやくその状態から立ち直るためには、

その出来事におけるギフト(プラス面)を見つける必要があります。

 

 

www.theloablog.com

 

我々は「自分が健康な体を持っている」という自覚がありません。

 

健康な体はお金よりも大切なものです。

そんな大切なものがすでにあるというだけでも、

かなり恵まれているということです。

 

無くして初めて気づく有難さ

 

f:id:Apollojustice:20191102125519j:plain

 

しかし、人間は「無いもの」ばかりにフォーカスする習性があるので、

そのことに気づくことはありません。

 

「失う」という経験は、その大切なことを教えてくれるメッセージでもあります。

 

お金や人間関係や健康を失って、

初めてその有難さに気づくというのはよくあることです。

 

普通に生きていたら、ついついその大切さを忘れてしまうので、

「失う」という経験はむしろラッキーと言えると思います。

 

お金を失ったことにより、必死に働いて大成功したり、

健康を害した経験により、体を気遣うようになり今まで以上に健康になったり。

 

その「失う」という経験すらも自分自身がもたらしたものです。

 

www.theloablog.com

 

あとはその「内なる自分」からのメッセージに

気づくことができるかどうかです。

 

宇宙は、僕たちが望んでいるものを

そっくりそのままくれるわけではありません。

 

大抵の場合、形を変えて我々の願いをかなえてくれます。

 

 

www.theloablog.com

 

短期的にお金を手に入れるよりも、

長期的に稼げる能力を手に入れるほうが、

人生全体から見るとプラスになります。

 

今回僕が体調不良になったのも、

内面の自分の「もう少し体を気遣いなさい」というメッセージだったのだと思います。

 

もしあのまま無理をして突っ走っていたら、

もっとひどい状態になっていたかもしれません。

 

それを風邪をひく程度でとどめてくれたのだから、

自分の体には感謝しかありません。

 

体調を崩すと、「健康」というものがどれだけ有難いか

心から腑に落ちる感じがします。

 

www.theloablog.com

 

 最後まで読んでいただきありがとうございます。