潜在意識と引き寄せの法則でどん底から人生逆転

カナダで失業、生活保護、人生どん底からの逆転。

心が折れそうな時の対処法

このブログに掲載されている記事の内容は、かつて自分が悩んでいたことに対する対処法や考え方などをシェアしたものが多数掲載されています。

そのため、読んでいただいてる方にとってまったく関係ない、もしくは何の役にも立たない記事もあると思います。

 

ですが、かつての僕と同じ状態で苦しんでいる方にとっては、きっと何かの役に立つと思っています。

 

今日のトピックもかつての自分に向けて書いた内容になりますが、誰かの役に立てたらうれしいです。

 

心が折れそうな時

何か大きな目標に向かって努力している人は、心が折れそうな瞬間が必ず1度はあると思います。

人によって努力している分野は違いますし、目指している夢も異なります。

しかし、その目標に至るまでのプロセスで抱える悩みというのは共通しているように思います。

 

夢が大きければ大きいほど、心が折れそうになる可能性は上がります。

特に現状の自分ではとても達成できそうにない目標だと、その落差に愕然として気持ちが萎えてしまいます。

 

しかし、そこで諦めてしまえば絶対に夢を実現することはできなくなります。

諦めさえしなければ、可能性は残されています。

だからどんなに難しい目標であったとしても、気持ちを切らさないことが一番大切であると言えます。

 

走らなくても歩けばいい

目標が現在地から遠い地点にあると、途方にくれてしまいますよね。その目的地に向かって必死に走るのですが、一向にたどり着く気配はありません。

そして次第に焦りを感じるようになります。

やがて「自分には無理なんじゃないか」という疑念を持つようになり、最終的に走ることを止めてしまいます。

 

走り続けるのはつらいです。結果がでなければなおさらです。

もし走るのがつらいなら歩けばいいんです。たくさん進むことはできなくても、少しずつ前進すればいい。

 

目標に向かって努力しているとき、ゴールばかりを見ているとつらくなります。

だから、今自分にできることをひとつだけでもいいのでやることを目標にしてみてください。

毎日少しずつ成長できればそれで大丈夫です。

時間がかかっても少しでも前進することができるなら、やがてゴールにたどり着くことができるようになるからです。

 

成功ではなく成長にフォーカスする

成功というのは「結果」です。だから自分でコントロールすることはできません。

たとえしかるべき努力をしたとしても、望んでいる結果は得られないかもしれません。

 

しかし成長というのは自分でコントロールできます。

成長が自分でコントロールできるならば、つらいと思うことはないはずです。

なぜなら、努力を継続し続ける限り成長は約束されているからです。

 

成長できないとしたら、それは自分自身が「歩くのをやめる」選択をしたときだけです。

 

今の自分には達成できないように思える目標であったとしても、1年後の成長した自分であれば達成できると確信していると思いませんか?

 

もし心が折れそうになるのであれば、成功ではなく成長にフォーカスしてみてください。

 

成長により得られるもの

成長により目標達成において重要なものを手に入れることができるようになります。

 

それは「自信」です。

 

おそらく今の自分が心が折れそうになっているのは、自信がないからだと思います。

なぜなら自信があれば心が折れそうになることはないからです。

 

自信というのは成功体験により得られる場合が多いです。

つまり自信がないのは今の自分に経験がないからということが言えます。

 

成長した自分というのは、小さな成功体験をたくさん積み重ねています。

毎日1つずつ成長した1年後の自分を想像してみてください。

たくさんの困難を乗り越えるという成功体験をしてきた1年後の自分は、きっと自信に満ち溢れているはずです。

 

その未来の自分の力を借りて、成功というゴールまで引っ張ってもらうのです。

 

成長だけにフォーカスして努力していれば、自然と自信がついてくるようになります。

だから今、願望達成する自信がなくても全然大丈夫です。

そして自信を手に入れたあなたは、二度と心が折れそうになることはないでしょう。

 

一度きりの人生、悔いのないように精一杯生きてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。