潜在意識と引き寄せの法則でどん底から人生逆転

カナダで失業、生活保護、人生どん底からの逆転。

「目標:月収100万円」が叶わない理由

「あなたの実現したい夢は何ですか?」と聞かれたときに、「お金持ちになりたい」と答える人は多いです。

 

そういう目標を持つこと自体は悪いことではありませんし、

お金持ちになるということは自己実現の一つの形なので、とても素晴らしいことだと思います。

 

多くの場合、「お金持ちになりたい」という漠然とした目標ではなく、

「月収100万円」といった具体的な数値まで落とし込んだ目標を設定している人がほとんどです。

 

しかし残念ながら、この手の目標は実現しないことがほとんどです。

 

他人の夢は実現しない

「月収100万円」と聞いてどういう印象を持ちますか?

 

「金額がやたらキリがいい」

「どこかで聞いたことがあるようなフレーズ」

 

そんな印象を持つのではないでしょうか?

 

実は僕たちが持っている夢の大部分は、他人の夢であることが多いのです。

 

「豪邸に住みたい」

「世界一周旅行をしたい」

「高級レストランでセレブな食事をしたい」

 

こういった夢というのは、主にマスメディアの情報によって(無意識のうちに)作り上げられたものです。

 

自分が本当に欲しているわけではないのに、なんとなく漠然と「そうなりたい」と思ってしまっているということです。

 

月収100万円もそれと同じです。

 

世間でそういうフレーズをよく聞くから、自分もそれが自分の夢であると錯覚してしまっています。

 

人によって願望実現に必要なお金は違うし、

金額はもっと具体的になるはずです。

 

もろもろの経費と願望実現にかかる費用を計算すれば、

「月収123万円」といったようなもっと具体的な数値がでてくるはずです。

 

その作業をすることなしに、なんとなく「月収100万円ほしい」と考えるのは、

なんとなく「お金持ちになりたい」と考えるのと大して変わりません。

 

自分にとってその金額が本当に必要かどうかわからない上に、

他人が唱える夢を掲げたところで、その実現は難しいです。

 

なぜなら、本当の意味でその目標は自分の心が欲していないからです。

 

金額よりも理由が大切

f:id:Apollojustice:20190904131736j:plain

 

お金というのは価値と交換するための手段ですから、交換するものがなければ何の意味もありません。

 

したがって、使う目的も定まっていないのに、お金を目標にすること自体が根本的に矛盾していることになります。

 

欲しいものがあって、その手段としてお金が必要だから「お金が欲しい」と考えるのが自然な考え方です。

 

1億円もらえるなら誰だって欲しいに決まっています。

 

でもそのお金を手にするためには、莫大な労力と時間を対価として差し出さなければなりません。

 

そして、「その対価を差し出してでも欲しい」と思う人が、1億円を手にすることができるのです。

 

ほとんどの人は「そこまでするんだったらいらない」と思うのではないでしょうか。

 

人間は本質的に怠惰な生き物です。

 

「莫大な労力と時間を対価として差し出してでも欲しい」と考えるのは、その先に(1億円がほしい)理由が存在するからです。

 

理由がなければ、わざわざしんどい思いをしようとは誰も思いません。

 

だから、金額よりも理由のほうが大切であるということです。

 

頭で考えたことは実現しない。心で感じたものは実現する

 

「月収100万円ほしい」という目標は、自分の心ではなく頭で考えた目標である場合がほとんどです。

 

実は、頭で考えた夢というのは実現の可能性が極めて低いです。

もちろん不可能ではありません。

 

人間というのは感情に従って行動する生き物です。

そして、感情というのは頭ではなく心で感じるものです。

 

例えば、自分の愛する子供が重病におかされ、治療費として1億円必要だったとしたら、おそらくあなたはそのお金を手にすることができるでしょう。

 

それは、心から「欲しい」と願っているからです。

 

親戚や友達に土下座してでも、1日20時間働いてでもなんとかお金を貯めようとするはずです。

 

思考と感情がぶつかり合ったら、必ず感情が勝ちます。

 

モチベーションという言葉がありますが、モチベーションを感じるのは心ですよね。

 

モチベーション=やる気と解釈されることが多いですが、

その本当の意味は「動機(Motive)」です。

 

人間が行動するためには必ずエネルギーが必要になります。

そして、その燃料となるものの一つがモチベーションです。

 

どんなに頭で考えてもモチベーションは湧いてきません。

 

思考のみで行動しようと思った場合、原動力になるものは「意志」です。

 

しかし、意志の力というのは非常に弱いのです。

「楽をしたい」という欲望に簡単に負けます。

 

そして、「意志力」というものはストレスなどで減っていきます。

 

よく「意志が弱い」という言葉を聞きますが、

あれは意志が弱いのではなく、意志を持つだけのエネルギーが残っていないだけです。

 

だから、意志の強い人間になりたいのであれば、まず自分の精神面から整える必要があります。

 

必要なものは必ず手に入るようになっている

この世の真理として「必要なものは必ず手に入る」ようになっています。

 

手に入らないのであれば、それは自分に必要のないものだということです。

 

ただ、気を付けてほしいのが、「今手に入っていないからといって、今後も手に入らないとは限らない」ということです。

 

今借金を抱えているなら、それはあなたにとって必要な経験だからです。

 

その借金をバネに億万長者になった人は、この世の中にたくさんいます。

彼らもその原動力がなかったら、ひょっとしたら億万長者になれなかったかもしれません。

 

だから、今の現状を気にする必要はありません。

 

今の現状というのは過去の自分がもたらした結果なだけです。

そして、過去と未来はつながっていません。

 

現状が恵まれていなかったとしても、行動を起こすことによって未来は変化していきます。

 

要するに自分が変われば未来も変わるということです。

 

心の底から「どうしても欲しい」と思うものは、自分にとって必要なものですよね。

だから、「自分が何を求めているのか」を内観する習慣はとても大切です。

 

そして、「必ず手に入る」と一点の曇りもなく信じ切ることです。

 

www.theloablog.com

 

あなたの欲しいものは必ず手に入ります。

 

他人の夢を追い求めるのはやめ、本当に欲しい物を自分の心に聞いてみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。