潜在意識と引き寄せの法則でどん底から人生逆転

カナダで失業、生活保護、人生どん底からの逆転。

引き寄せの法則がうまくいく人とうまくいかない人の違い

今日は久しぶりに引き寄せの法則に関する記事を書きます。

 

このブログでは過去にも引き寄せの法則に関する記事を投稿しています。

 

以下の記事はブログ開設初期の記事ですが、

興味のある方はぜひ覗いてみてください。

 

 

www.theloablog.com

 

 

www.theloablog.com

 

今日は引き寄せの法則がうまくいく人と、

うまくいかない人の違いについてお話ししていきます。

 

 

 

引き寄せの法則は常に発動している

f:id:Apollojustice:20200414141111j:plain

引き寄せの法則というのは常に発動しています。

 

たまに「引き寄せが起こりません」という人がいますが、

それは引き寄せが起こらないのではなく、

引き寄せの法則をうまく使いこなせていないだけです。

 

引き寄せの法則は常に発動している」

 

あなたはこれが何を意味するかわかりますか?

 

常に自分の波動(周波数)を意識していないと、

望まない現実を引き寄せることになるということです。

 

僕はネガティブ感情が絶対的にダメなものだとは思いませんが、

ネガティブな感情に支配され波動が下がれば下がるほど、

どんどん状況は悪化してしまいます。

 

イヤなこと、悲しいこと、腹が立ったことなんかは、

その出来事が終わった後もずっと考えてしまいますよね?

 

終わったことなのだから考えなきゃいいのに、

自ら波動を下げるような行為をしてしまうのです。

 

www.theloablog.com

 

人間だからネガティブな感情を感じるのは仕方ありません。

 

大切なことはその感情を持続させないこと。

ネガティブな感情をすぐに断ち切ることです。

 

www.theloablog.com

 

引き寄せの法則に関する誤解

引き寄せの法則=一発大逆転の裏技」みたいに勘違いしている人がたまにいます。

 

特にお金に関する引き寄せの法則を実行している人に多いです。

 

お金持ちになった自分を想像してワクワクしていれば、

ある日突然大金が自分のところにやってくると思っています。

 

しかし、どんなにワクワクしていても、

行動をしなければお金がやってくることはありません。

 

当たり前ですよね?

 

この宇宙には因果法則というものが存在しています。

 

原因があるから結果が起こるというのが因果法則です。

 

  • スイッチを押すから電気がつく
  • 海の水が蒸発して雲になるから雨が降る
  • カレーライスを注文するからカレーが出てくる

 

人間界だろうが自然界だろうがすべて原因と結果が働いています。

 

お金を得ようとするのであれば、

お金を得るための行動を取る必要があります。

 

引き寄せの法則がうまくいかない人は、

ワクワクしているだけで行動していないことが多いです。

 

どんなに頭の中で念じても、

カレーライスが運ばれてくることはないのです。

 

www.theloablog.com

 

「理想の恋人がほしい」と思っていても、

家に引きこもって出会いの機会がなければ、

恋人などできるわけがありませんよね。

 

当たり前のことなのですが、このことを理解しないまま「引き寄せだー」と言っている人があまりにも多すぎる気がします。

 

引き寄せの法則がうまくいく人とうまくいかない人の違い

 

まず大前提として、引き寄せの法則の存在を信じていない人は、

引き寄せの法則をうまくつかいこなすことはできません。

 

「引き寄せなど存在しない」と信じているということは、

「引き寄せなど存在しない」という現実が引き寄せられるだけです。

 

ひとそれぞれ価値観やパラダイムは違うので、

僕は万人が引き寄せの法則を信じるべきとは思いません。

 

ただ、信じる方がメリットは大きいと思いますけどね。

 

あとは「執着心が強い人」も引き寄せがうまくいかない場合が多いです。

 

www.theloablog.com

 

冒頭でもお伝えした通り、すべての人に引き寄せの法則は働いています。

 

引き寄せの法則がうまくいく人とうまくいかない人の大きな違いは、

 

「小さな引き寄せに喜ぶことができるか」

 

ということです。

 

引き寄せがうまくいく人というのは、

小さな引き寄せにも気づき、感謝することができます。

 

逆に引き寄せがうまくいかない人というのは、

小さな引き寄せに気づかない、もしくは

小さな引き寄せに感謝しない(不満を言う)人です。

 

例えば、「お金持ちになりたい」という願望を持っていたとします。

 

引き寄せがうまくいかない人というのは、

「大金が入ってくること」ばかり期待しています。

 

小さな収入があってもそれを引き寄せだと思わなかったり、

「これっぽっちかよ」と不満を言ったりします。

 

 小さなお金をバカにすると、お金に嫌われます。

www.theloablog.com

 

引き寄せの法則がうまくいく人というのは、

小さな収入にも感謝します。

 

そしてその小さな収入に対して、

「これも引き寄せの法則のおかげだ」と考えます。

 

すると何が起こると思いますか?

 

「自分は引き寄せの法則をうまく使いこなすことができている」

 

というセルフイメージを持つようになるのです。

 

そうすると、次から次へと引き寄せが起こるようになります。

 

逆に大金ばかり期待している人は、

「全然引き寄せが起こらない」と思い込んでしまうので、

それが潜在意識にインプットされ、引き寄せがうまく働かなくなります。

 

おわりに

 引き寄せの法則関係なしに、

小さな喜びに感謝できる人は幸せ者です。

 

小さな喜びというのは日常生活の中にたくさんあります。

 

おいしいご飯が毎日食べられるだけでも、

とても幸せなことです。

 

でも、人間には「慣れ」というものがあり、

幸福な状況もしばらく続くとそれが当たり前になってしまいます。

 

そうすると、幸せセンサーの感度が落ちて、

小さな喜びに感謝できなくなってしまうのです。

 

 

www.theloablog.com

 

 

 

マイナスな出来事が起こるのは、

鈍った幸せセンサーの感度のバランスを調整するためです。

 

不運な出来事に見舞われると、

今まで当たり前だったものが幸せだったことに気づきますよね?

 

定期的にマイナスな出来事が起こらないと、

人間は幸せを忘れてしまうのです。

 

経済が豊かになり生活が便利になればなるほど、

幸せセンサーはマヒしてしまいます。

 

コロナウィルス騒動は、

そんな人間の幸せセンサーをリセットするために起こったのかもしれません。

 

今まで会社に不平不満ばかり言っていた人も、

今回ばかりは仕事があることに感謝できるのではないでしょうか?

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。