潜在意識と引き寄せの法則でどん底から人生逆転

カナダで失業、生活保護、人生どん底からの逆転。

手に入れるよりも手放すほうが重要

ほとんどの人は、手放すことよりも手に入れることのほうが重要だと思っています。

そして、手に入れることよりも手放すことのほうが簡単だと思っています。

 

しかし、実際のところこの考え方は真逆です。

 

手放すことのほうが難しいし重要です。

 

もちろん、自分にとって不要なものを手放すことは簡単です。

でも、そこそこ価値のあるものを手放すことって難しいはずです。

 

それが自分とって必要のないものだったとしても、

「価値があるから」という理由で捨てることができません。

 

結局、手放せないのは自分の執着心です。

 

 

物を捨てることができない弊害

物を捨てることができないとどんどん物が増えていきます。

 

今あなたは散らかっている部屋にいると想像してみてください。

精神状態はどんな感じですか?

 

ちょっとしたことでイライラしそうじゃないですか?

 

物が増えると精神にも悪影響を及ぼします。

 

では逆に、高級ホテルの部屋のように

きれいで整った部屋にいるところを想像してみてください。

 

とても落ち着いた気分になりませんか?

 

物というのは視界に入ってくるだけで我々のエネルギーを奪うと言われています。

 

www.theloablog.com

 

デスクの上が散らかっていたら集中力が下がりますが、

デスクの上が綺麗に整頓されていたら仕事の生産性も向上します。

 

それはたくさんの物が視界に入ってくることで、

我々のエネルギーを奪い波動を下げてしまうからです。

 

お金持ちの家は非常に綺麗ですが、

あれは彼らが「捨てること」や」「持たないこと」が非常に上手だからです。

 

www.theloablog.com

 

手放せない=変われない

手放すことができないのは執着があるからだとお伝えしました。

もっと言うなら、執着しているのは物ではなく自分の過去です。

 

過去の自分と変わるのが嫌だから執着するわけです。

 

執着すればするほど現状を肯定することになります。

 

現状に幸せを感じているのならそれでもいいと思いますが、

もし現状に不満を感じているのであれば執着を手放す必要があります。

 

現状肯定こそが願望実現を妨げる最大の要因です。

 

www.theloablog.com

 

人間は変化を嫌う動物です。

 

変化に対してストレスを感じるのでホメオスタシスという脳の機能が働き、

現状維持をしようとします。

 

www.theloablog.com

 

誰だって自分が変化しないほうが楽です。

 

でもそれでは現実が変化することはありません。

 

人生を劇的に変える方法

f:id:Apollojustice:20200227150350j:plain

人生を劇的に変えることは誰でもできます。

 

自分にとって重要だと思うものを捨てることです。

 

例えば仕事を捨ててみてください。

あなたの人生は確実に変わりますよね?

 

家や家族を捨ててみてください。

確実にあなたの人生は今とはまったく別のものになるはずです。

 

捨てると人生が変わるんです。

 

「自分にとって重要なものを捨てることができるわけない」

 

と思うかもしれませんが、それは「うまくいってない自分が重要だと思っているもの」です。

 

ひょっとしたら、その考え方が間違っているからうまくいかなかったかもしれないということです。

 

もちろん、仕事や家族を捨てろと言っているではありませんよ。

 

ただ、自分が大切だと思っているものが、

本当に大切なのか疑う必要があるということです。

 

人生を作るのは自分のパラダイムです。

 

www.theloablog.com

 

人生がうまくいく人とうまくいかない人の違いは、

どのようなパラダイムを持っているかということだけです。

 

要するに「どういう物の見方をしているか」で、

人生がうまくいくかうまくいかないかが決まるということです。

 

パラダイムが違うと同じものを見ていても見え方が違います。

 

当然考え方も違うし、考え方が違うから行動も違います。

 

何が言いたいのかというと、うまくいっていない自分のパラダイムが「正しい」と思っているものは大抵間違っているし、「間違っている」と思っているものは大抵合っているということです。

 

 

www.theloablog.com

 

 

だから人生がうまくいかないんです。

 

つまり、自分が執着するほど大切に思っているものは、

本当は手放した方がいいものであるかもしれないということです。

 

まとめ

人生が変わらない一番の理由は、手放すことができないことです。

手放すというのは物や人間関係だけでなく、考え方もそうです。

 

頑固な人というのは、自分の考え方を手放すことができない人です。

 

それがいいとか悪いとかいう話ではありません。

ただ、そういう人は絶対に変わることができないということです。

 

もし手放すことができないのなら、

それによって生じる不利益もすべて受け入れる覚悟をする必要があります。

 

僕たちはいらないものをたくさん持っています。

 

まずは簡単に捨てられるものからでいいので、

少しずつ手放す習慣をつけていきましょう。

 

どうせあの世へ旅立つときはすべてを手放すわけですから。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。