潜在意識と引き寄せの法則でどん底から人生逆転

カナダで失業、生活保護、人生どん底からの逆転。

自分の気持ちに素直になる

自分の進むべき道の判断を誤らない方法は、

自分の「好き」や「やりたい」に従って生きることです。

 

「すべき」や「ねばならない」は他人が作った価値観です。

 

それに従って生きたとしても、

不自由や息苦しさを感じることになる可能性が高いです。

 

自分自身のことを正しく理解できていないと、

幸せを感じたり成功を掴むことは難しいです。

 

自分に適性のないことを選択しても成果は出ないし、

楽しくないことをやっても幸福度は低いからです。

 

昔は自分の気持ちに素直に生きることは難しかったですが、

今はむしろ自分の「好き」や「やりたい」に従って生きるのが正解と言われる時代になってきています。

 

成功を掴みたいなら自分が何に向いているのかを把握すること。

幸せになりたいのなら自分が何に喜びを感じるのかを把握することです。

 

それがわからないのに成功や幸せを掴むのは不可能といってもいいです。

 

 

f:id:Apollojustice:20210130182116j:plain

 

自分の気持ちを無視していないか?

「自分の強みややりたいことがわからない」

 

こういう悩みを抱えている人は多いです。

 

どんな人間にも必ず強みはあるし、

やりたいことがない人間など存在しません。

 

それが見えなくなってしまったのは、

今まで自分の感情を無視してきたからかもしれません。

 

「やりたい」と思ったときに周りの目を気にして、

「やっぱりやらないほうがいい」と思ってしまったり、

本当はやりたくないのに他人に影響されて、

「やらなければならない」と思ってしまったことが原因です。

 

そういうことを繰り返しているうちに、

自分は何をやりたいのかがわからなくなります。

 

強みを見えなくしているのは自分自身

日本には謙遜の文化があるので、

自分のことを過度に卑下してしまう人も少なくありません。

 

 

www.theloablog.com

 

 

もしくは嫌われたり攻撃されることを恐れて、

聞かれてもいないのに「自分は落ちこぼれです」といったことを言ってしまう人もいます。

 

そういう発言をすると、

脳は自分の「落ちこぼれ」な部分を探そうとしてしまいます。

 

そして自分のダメなところばかりが目につき、

自己嫌悪や自己卑下がより一層強化されることになります。

 

「自分には強みがある」

 

そう考えるようにしてみてください。

 

そうすると脳はあなたの強みを探し始めます。

 

そして強みが見つかっても絶対に他人と比較しないこと。

 

自分よりすごい人と比較したら、

その強みを弱みに感じてしまうからです。

 

誰かに勝つことが目的じゃないのだから、

他人と比較しても意味がありません。

 

自分が幸せならあなたも幸せ

日本では自己犠牲こそ美徳と考えられています。

そして他人より自分のことを優先することは悪とされています。

 

しかし、この考え方はまったく逆で、

まずは自分から満たしてあげる必要があるのです。

 

 

www.theloablog.com

 

満たされていない人や心が貧しい人は、

他人に優しくすることができません。

 

むしろ、他人のことを傷つけるような言動をしたり、

他人の成功の足を引っ張るようなことをしたりします。

 

自分を犠牲にすることによって他人まで不幸にしてしまうのです。

 

自分を喜ばせてあげることは、

社会のためでもあります。

 

自分を喜ばせるためには、

自分の気持ちに素直になる必要があります。

 

まとめ

日本の教育は洗脳教育なので、

自分を抑圧したまま大人になり、

生きる目的を見失っている人も少なくありません。

 

自分は何のために生きているのか?

そして、どのような人生を送りたいのか?

 

ただただご飯を食べるためだけに、

やりたくもない仕事を何十年も続けて

奴隷のような人生のまま終わりたいのか?

 

自分の人生は自分だけのものなので、

しっかりと自分の気持ちに耳を傾けなければなりません。

 

それが自分の人生を大切にする第一歩です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

 

 

 

Follow Me