潜在意識と引き寄せの法則でどん底から人生逆転

カナダで失業、生活保護、人生どん底からの逆転。

引き寄せの法則はなぜ「あるもの」に感謝する必要があるのか?

引き寄せの法則を使って願望を引き寄せるためには、

「今あるもの」に感謝することが大切だと言われています。

 

その理由は今あるものに感謝することで、

自分の波動状態が良くなるためです。

 

引き寄せの法則は波動同調の法則なので、

自分の波動状態に近いものが引き寄せられます。

 

無いものにフォーカスしているとき、

僕たちは欠乏感や喪失感を感じています。

そういう状態で引き寄せようとしても、

欠乏感や喪失感を感じさせるような出来事が起こるだけです。

 

今日の記事では、「今あるものに感謝する」ということについて、

深掘りして考えてみたいと思います。

 

引き寄せの法則は存在する

本題に入る前に、ちょっと引き寄せの法則についてお話しさせてください。

 

引き寄せの法則=思考が現実化する」と考えている人がいます。

 

 

www.theloablog.com

 

「思考が現実化するなら、地球上の人間は全員裕福になるのでは?」

 

と考える人も少なくないです。

 

「思考は現実化する」という言葉が独り歩きし、

引き寄せの法則に対する誤解を生んでいることは否定できません。

 

「考えただけで願いが叶うなら苦労ないわ」

 

そう考えるリアリストが引き寄せの法則否定派となり、

「あんなものはインチキだ」と声を上げます。

 

僕も非科学的なものは否定する人間だったので、

彼らの気持ちは非常によくわかります。

 

しかし、目に見えないだけでその存在を否定するのは、

文明が発達した現代だからこそナンセンスだと思います。

 

人間が見えるものなんて限られています。

 

赤外線も紫外線も見えないけど存在しています。

 

宇宙には間違いなく一定の法則が働いており、

引き寄せの法則もそのうちの一つであると言えます。

 

この素晴らしい法則を一人でも多くの人に知ってもらいたくて、

僕も情報発信をしています。

 

引き寄せの法則否定派の人の話を聞いた人が、

「やっぱり引き寄せの法則は存在しないんだ」

とその存在を否定してしまったとしたら、

その人の人生にとってあまりにも大きな損失です。

 

人間は意識をフォーカスしたものを作り出す

f:id:Apollojustice:20191123135926j:plain

「同じ波動(周波数)同士のものはお互いに引き寄せあう」

 

「今あるもの」に感謝するのはこの原則にのっとった考え方です。

 

ただ、これだけではいまいちピンとこない人もいると思います。

そんな方のために、この記事では違った角度からこの原則についてアプローチして考えてみます。

 

「人間は意識を向けたものを創造(物質化)する」という性質があります。

 

これは量子力学でも証明されていますね。

 

「病気になりたくない」と思っていると病気になります。

それは病気に意識のフォーカスを当てているからです。

 

潜在意識の特徴を覚えてますか?

 

 

www.theloablog.com

 

潜在意識は肯定形も否定形も区別できないのでしたね。

 

この場合、「健康になりたい(なりつつある)」と考えないといけなかったわけです。

 

「お金が欲しい」と思っている人は、

「お金持ちになりたい」ではなくて、

「貧乏を抜け出したい」と考えている可能性があります。

 

その場合、「貧乏」に意識がフォーカスされているので、

それがより一層拡大されることになります。

 

この時、「今あるもの」に意識の焦点を合わせるとどうなると思いますか?

 

豊かさに意識がフォーカスしていますよね。

だから豊かさがどんどん物質化していくんです。

 

普段の言葉遣いに気を付ける

自分が普段使っている言葉によって、自分自身に自己暗示がかかります。

だから言葉遣いには気を付けなければなりません。

 

「夫婦喧嘩を何とかしたい」

 

という言葉がでてくるということは、夫婦喧嘩に意識の焦点を当てているということです。

 

すると、夫婦喧嘩がますます増えることになります。

 

そうではなくて、「夫婦円満になりたい」という言葉に置き換えれば、

意識の焦点は「夫婦円満」に向けられます。

 

ホントにささいなことですが、

このちょっとした違いが人生に大きな違いをもたらします。

 

普段の何気ない言葉遣いは無意識のうちに出てくるものです。

 

その言葉を注意深く観察すれば、

自分が潜在的に何を考えているのかが見えてきます。

もちろん他人の言葉遣いも同じです。

 

幸いにも言葉遣いは意識的にコントロールすることができます。

 

もし、自分の言葉遣いがネガティブなものであったら、

その言葉をポジティブな表現に置き換えてみてください。

 

まとめ

「今あるもの」に感謝するのは、波動状態を上げるためだけではありません。

 

今ある豊かさに意識をフォーカスすることで、

その豊かさが物質化して現実になるからです。

 

今あるものに感謝するというワークを実践していても、

普段の生活でネガティブなものに意識をフォーカスしていたり、

マイナスな言葉遣いばかりしていたら、マイナスな出来事が引き寄せられることになります。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。