潜在意識と引き寄せの法則でどん底から人生逆転

カナダで失業、生活保護、人生どん底からの逆転。

メッセージ

今日は僕が最近感じた「あること」についてお話します。

 

かなり突拍子もないことに聞こえると思いますので、共感できない方もいらっしゃるでしょうし、信じられない人は信じなくても大丈夫です。

 

ちなみに僕はスピリチュアルに興味はありますが、造詣が深いわけではありません。
直感的に感じたというよりは、思考をしているうちにあるメッセージ(答え)が見つかったような感じです。

 

ちなみに説明がかなり難しく論理が破綻しているかもしれません。

そのため「何を言っているのかわからない」という人も出てくると思います。

でも僕が伝えたいことは感じ取ってもらえると思います。

 

お金の正体

突然ですが、みなさんは貯金がどれぐらいありますか?そして、その貯金は今どこにありますか?

 

例えば銀行に100万円の貯金があるとしましょう。

 

でもあなたは本当に自分の貯金が100万円銀行にあるのを見ましたか?

実際はあなたが預けたお金は銀行が運用して、他の人に貸していますね。

帳簿上「あるということになっている」だけです。

 

クレジットカードで買い物をしたとします。

合計金額が10,000円だったとするならば、10,000円残高が減るはずですよね。

でも、実際にお金が減っているのを見たことがありますか?

減ったと思い込んでいるだけではないですか?

 

現代社会ではお金はもはや実体をもっていません。

ただのデータです

僕たちが「増えた、減った」と一喜一憂しているのは、ただデータの数値が変動しているだけです。

 

僕たちは実体のない存在に感情を乱されているのです。

 

お金自体はただの紙切れですよね。食べることも着ることもできません。
それ単体では何の役にも立ちません。

データも同じです。帳簿上1億円という数値が預金通帳にあったとしても、データそのものは何の役にも立ちません。

 

では紙切れやデータに価値を与えるものは何でしょうか?

それは「信用」です。

 

あなたが銀行を信用しているから、100万円の貯金があるという風に思っているわけです。

クレジットカードも同じです。信用があるからこそ、そこに売買契約が成立します。

 

国が1万円札に10,000円の価値を保証していると(我々が)信用しているから、その紙切れに10,000円の価値が生まれるわけです。

 

お金は信用があって初めて価値が生まれます。たまたま紙やデータが媒体になっているだけで、別に貝殻や石ころでもいいわけです。

 

僕たち人間はその実体のない「お金」に価値を置きすぎてしまったんです。

その結果本来の価値というものが見えなくなってしまいました。

 

オートメーション化と副業

日本では副業が解禁されましたね。そして世の中はどんどんオートメーション化が進められています。

 

なぜ今副業が解禁なのか?

そしてなぜオートメーション化を進める必要があるのか?

 

今までも不景気は何度もあったはずです。でも今になって副業が解禁された。
そしてオートメーション化を進めなくても、我々の生活は十分便利で豊かなはずです。

 

オートメーション化を進めるということは多くの人が職を失うことになりますね。

そのことは世間でも騒がれていますし、誰でも予想ができると思います。

 

レジの店員、ドライバー、データ入力や果ては裁判官までもAIで代用が可能という話まで耳にします。

 

ほとんどの単純作業は将来的にAIに奪われてしまうでしょう。

 

確かに便利な世の中になるとは思いますが、今の生活にそれほど不便は感じていませんし、オートメーション化によってたくさんの人が失職するのであればむしろ逆効果な気がします。

 

AIを作るような天才がそんなことを予想できないはずがありません。

 

僕は副業解禁とオートメーション化の背景に、何かメッセージがあるように思えるのです。

 

集合的他意識

かなり初期の記事で潜在意識について解説したときに「集合的他意識」というワードが出てきたと思います。

 

人間の潜在意識は深いところでつながっていると説明をしました。

つまり、人間は共通の意志を無意識的に持っているということです。

 

僕はこれは真実だと思います。

 

宇宙に存在する生物はもともと一つのエネルギーのかたまりで、それがビッグバンによって分裂・分離して今の形になりました。

 

人類の歴史を振り返ってみても、まだそれぞれの国が交流がなかった時代であるにも関わらず、家を作ったり、お金を発明したり、服を着るという風習などは共通していました。

 

これは人類が無意識化でつながっていると言える根拠ともいえると思います。

 

破壊と創造

人間はオートメーション化のように、一見不条理に思えるようなことをすることがあります(これについては僕の理解力が追い付いてないだけかもしれませんが)。

 

代表的なものが戦争です。

 

戦争をすれば多くの罪のない人たちが犠牲になり、そこには悲しみや憎しみが生まれるだけです。

平和的解決も絶対にできるはずだし、どうしても争うなら一般国民ではなく国の主要人物だけを攻撃すればいいはずです。

 

戦争をすればどうなるのか、普通に考えれば誰でもわかります。

 

実際に戦争をさせているのは国の主要人物ですが、人類的視点から見た時それは人類の共通意識がそうさせているように思えます。

 

こういう共通意識が働くとき、そこには必ずメッセージがあると思います。

 

戦争の場合は「さらに進化せよ」というメッセージだと思います。

 

人類が発展するためには新しいものを作る必要があります。

そのためには(価値観も含め)過去の創造物を破壊する必要があります。

 

古いビルが建っているところに、新しいビルを建てようと思ったら古い方を破壊しないといけませんよね。

 

つまり破壊があって創造があるわけです。

 

余談ですが、僕は数年前までカナダの山岳部に住んでいました。
そこではPrescribed Fireと呼ばれる人為的に山火事を起こす習慣がありました。

 

山に生えている木などが年を取ってくると、新しい生命が誕生できなくなってしまい山が弱っていきます。

木があると日光が入ってきませんよね。

だから年老いた木を燃やして山を活性化させるのです。

 

普通は落雷で自然と山火事が起こるのですが、それを人為的にコントロールしているのです。

 

山を一度破壊することによって新たな命が生まれ、新しい生態系が創造されます。

 

僕はベトナムに住んでいたこともありますが、経済発展のスピードがすさまじかったです。ベトナム戦争は記憶にも新しいですね。

 

日本が戦後世界トップクラスの発展を遂げることができたのも、戦争によって世界で最も破壊をされた国だからではないかと考えています。

 

我々が受け取るメッセージ

では副業解禁とオートメーションの背景にあるメッセージは何でしょうか?

 

僕は「自分の価値に気づけ」ではないかと思います。

 

ちなみに何の根拠もありません。

 

本来手段であるべき「お金」が目的となり、その価値が神格化されすぎた結果、本来の価値が見えなくなったのが原因だと思います。

 

オートメーション化が進み、多くの人が仕事を失ったらどうなるか考えてみました。

究極は「物々交換の時代に戻る」ことになると思います。

もちろん、そんなことは起こらないでしょうけどね。

 

生きていくためには食べたり、雨風凌ぐ家が必要だったり、着る服が必要ですよね。

でもお金がないからそれらを手に入れることができなくなります。

そうすると、自分が持っている価値を提供することによって、それらと交換するしか方法がなくなります。

 

サラリーマンであれば、自分の時間(という価値)を会社に提供することによって、対価としてお金ももらっていますね。

 

その場合で考えるならば、農家の手伝いをする(時間を提供する)ことによって、その対価として野菜をもらうような形になります。

 

家が欲しい人なら、大工さんが抱えている悩みを解決できる価値を何か提供することによって、家を建ててもらうことができるかもしれません。

 

ユダヤ人が考える価値

世界一裕福な人種はユダヤ人です。

 

彼らは迫害を受けていた歴史があります。

 

国を迫害されたらお金なんて価値がなくなります。

家を破壊されるかもしれないから、不動産も価値がありません。

金を持っていたとしてもつかまって奪われてしまえば意味がありません。

 

そんなユダヤ人が考えた価値は「知恵」です。

 

知恵であればどこにでも持ち運ぶことができるし、奪われることもありません。

 

その結果彼らは知恵に価値を置き、教育を重視したことで世界一の富豪になったわけです。

 

自分の価値に気づく

 

このタイミングで副業が解禁されたのは、「自分で稼ぐ力をつけろ」と言うことだと思います。

言い換えるならば「自分の(提供できる)価値を考えろ」ということだと思います。

 

実際に副業を解禁したのは国の偉い人だし、オートメーション化を進めているのは一部の天才たちです。

 

でも本当はそれは時代の流れで、そこにはメッセージがあります。

 

自分の提供できる価値を考えるということは、「自分には価値がある」と気づくということと同義だと思います。

 

無価値感を感じる日本人が多くなりすぎたから、僕たちを生み出した母なる存在である「宇宙」がそのメッセージを届けてくれたのだと思います。

 

今日は以上です。

 

支離滅裂な文章でしたね。伝わっているといいですが。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。