潜在意識と引き寄せの法則でどん底から人生逆転

カナダで失業、生活保護、人生どん底からの逆転。

ネガティブエネルギーの正しい使い方

僕たちはネガティブ感情を否定してしまいがちですが、

ネガティブパワーは使い方次第で非常に強力なツールになります。

 

「マイナス」にはとてつもないパワーがあるのです。

 

人生というのはそう簡単に変わるものではありません。

 

人生に変化をもたらしたいのであれば、

膨大なエネルギーを投入しなければなりません。

 

ポジティブエネルギーというのは原動力としては弱いため、

爆発力のあるネガティブエネルギーを上手に活用することが重要です。

 

このネガティブパワーのことをブラックエンジンと呼びます。

 

「社会貢献したい」ではなかなかパワーがでませんが、

「○○を見返したい」という気持ちにはとてつもないパワーがあります。

 

 

ネガティブパワーは取り扱い注意

negative energy

ネガティブパワーはガソリンのようなものです。

 

正しく使えば車の燃料にすることもできますが、

使い方を間違えると非常に危険な凶器になることもあります。

 

ネガティブパワーは取り扱い注意が必要なのです。

 

マイナスな感情に支配されてしまうと、

そのエネルギーを間違った方向に使ってしまうことになります。

 

他人を傷つけてしまったり、

場合によって命を奪ってしまうこともあります。

 

そうならないためには、

マイナス感情に使われる側ではなく、

マイナス感情を使う側にならなければなりません。

 

マイナス感情を完全に否定するわけでもなく、

かといってマイナス感情に飲み込まれてもいけません。

 

ブラックエンジンは誰でも使えるわけではない

ブラックエンジンは誰でも使えるわけではありません。

 

現状に痛みを感じていない人は、

ブラックエンジンを使うことはできません。

 

大多数の人は現状に不満を感じていながらも、

強い痛みを感じるほど困っているわけではありません。

 

会社に不満を抱えつつも毎月固定給が振り込まれるので、

なんだかんだいって痛みとしては非常に弱いのです。

 

もし収入がゼロになって、自力でお金を稼げなければ家を追い出されるとしたら、

おそらく猛烈に行動するに違いありません。

 

そういう「恐怖」もブラックエンジンの一種です。

 

痛みが弱ければブラックエンジンは使えません。

 

そういう意味では「どん底」を味わった人のほうがラッキーなのかもしれません。

 

www.theloablog.com

 

ネガティブエネルギーの正しい使い方

ネガティブエネルギーを正しく使うためには、

エネルギーを向ける矛先に注意しなければなりません。

 

矛先を他人に向けてしまえば他人を傷つけることになるし、

自分に向けてしまうと自分を追い詰める事になってしまいます。

 

ではどうすればいいのかというと、

エネルギーを向ける対象を「欲望」や「願望」にすることです。

 

そうすれば誰かを傷つけることはありません。

 

「○○に仕返ししてやる」ではなくて、

「成功して○○を見返してやる」と考えるのです。

 

後者は成功することに意識が向けられています。

 

「○○を見返す」ためには成功しなければならないので、

ブラックエンジンを「成功する」という目的のために使うことができるのです。

 

目的を達成したらホワイトエンジンに切り替える

人生を変えるためには猛烈に行動しなければなりません。

 

そのため初期のころはブラックエンジンを上手に利用するのがいいですが、

ずっとブラックエンジンを使っていると苦しくなってしまいます。

 

黒い煙を上げているにもかかわらず、

修理もせずに車を使い続けていたら、

やがて車は故障してしまいますよね?

 

ブラックエンジンは短期的な爆発力はあるのですが、

長期的に使い続けられるものではありません。

 

目的を達成することができたのであれば、

その段階でブラックエンジンを切り離し、

ホワイトエンジンに切り替えなければなりません。

 

ホワイトエンジンとは「愛」とか「感謝」とか「貢献」といったエネルギーです。

 

自分の人生のステージに合わせて

適切なエンジンを選択しなければなりません。

 

www.theloablog.com

 

どん底にいるときにホワイトエンジンを使ったのではパワーが足りません。

 

人生がうまくいっているのにブラックエンジンを使い続けていたら、

心が貧しくなり人生に苦しみが増えてしまいます。

 

まとめ

「成功するためには悪のエネルギーを使う」という内容が、

日本一のマーケターである神田昌典氏の著書に記されています。

 

 

本気で人生を切り開いていきたいのであれば、

なりふり構っていられません。

 

自分を幸せにするために、

そして最終的に他人に喜びを与えるために、

負のエネルギーを利用するのです。

 

そこにブレーキを感じてしまったら、

驚異的な力を発揮することなどできません。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。