潜在意識と引き寄せの法則でどん底から人生逆転

カナダで失業、生活保護、人生どん底からの逆転。

受け取らない人のススメ

人間関係を円滑に進めるコツは

適度な鈍感力を身に付けることです。

 

言葉を贈り物として考えた場合、

多くの人はすべての贈り物を受け取ろうとします。

 

みんな真面目すぎるんです。

 

受け取りたくないものは受け取り拒否ができるのに、

何でもかんでも受け取ってしまうのです。

 

中にはあなたを傷つけるような言葉をかけてくる人もいるでしょう。

 

その言葉を顔面キャッチしてしまうから、

落ち込んだり腹が立ったりするわけです。

 

www.theloablog.com

 

あなたことを悪く言う人がいたとしても、

それはその人がそういう見方をしているだけの話です。

 

どっちが正しいわけでもなければ、

どっちが間違っているというわけでもありません。

 

正しい正しくないという物差しで考えると疲れます。

 

正しさよりも楽しさを基準に考えたほうが、

人生は素晴らしいものになります。

 

www.theloablog.com

 

絶対的な正義は存在せず、どういう風に世の中を見ているかの違いがあるだけなのだから、すべての贈り物をいちいち受け取る必要はないわけです。

 

もう少しリラックスして、いい意味で鈍感になりましょう。

 

 

 

受け取る人は他人軸で生きている人

f:id:Apollojustice:20200417123726j:plain

すべての贈り物を受け取っていると、

常に一喜一憂することになります。

 

褒められれば有頂天になるし、けなされれば落ち込みます。

 

それって他人の言動によって自分の在り方が変わっているということですよね?

 

つまり他人軸で生きているということです。

 

自分軸に関して誤解している人がいますが、

自分軸とは自分の好き勝手に生きることではありません。

 

他人や出来事など外部要因に影響を受けず、

自分の在り方が常に一定で変わらない人のことを自分軸と呼びます。

 

他人の言動に一喜一憂している人は、

常に心穏やかではありません。

 

「嫌われるかもしれない」

「批判されるかもしれない」

「悪口を言われるかもしれない」

 

といったことに心のどこかで怯えているからです。

 

「自分は素晴らしい」と自分軸で生きている人は、

他人に「あなたは素晴らしくない」と言われてもまったく気にしません。

 

「それはその人(他人)がそう思っているだけ」ということがわかっているからです。

 

かといって相手の意見を否定するわけでもありません。

 

みんな自分を否定するか相手を否定するから、

人間関係にストレスを感じるのです。

 

「なるほどそういう考えもあるのね」

 

ぐらいに軽い気持ちで考えて、

自分も他人も否定しなければ、

人間関係に摩擦が生じることはありません。

 

大切なことは自分が「どうありたい」か

他人の言動に頭にきそうになったときは、

いったん冷静になってこう考えてみてください。

 

「自分はどうありたいのか?」

 

と。

 

僕たちは決して相手と喧嘩をしたいわけではないんです。

できればいつでも楽しい気分でいたいと思っているはずです。

 

冷静になって考えてみると、

 

「別に相手と喧嘩をしたいわけじゃないんだよな」

 

ということに気づくはずです。

 

相手をぐうの音も出ないほどこてんぱんに論破すれば、

そのときは気分がいいかもしれません。

 

でも、その後に残るのは相手の憎しみと復讐心だけです。

 

そんなものが欲しいわけではないですよね?

 

相手に傷つけられるようなことを言われても、

「自分はいつも楽しい気分でいたい」

と意識していると相手に言い返す気も失せます。

 

仮に相手が100%間違っていたとしても、

それを正そうとしてはいけません。

 

他人はコントロールできないからです。

 

コントロールできないものをコントロールしようとするから、

疲れるしストレスもたまるのです。

 

あなたが正さなくても、その人はいつか自分で気づくときが来るはずです。

 

受け取らない人になろう

「ピンポーン」と玄関のベルが鳴って、

ドアを開けたら配達員の人が「お届け物です」と立っています。

 

その時に差出人と中身を確認して、

欲しくないものであれば「結構です」と受け取り拒否をしてください。

 

もしくは受け取って箱を開けずにそのまま捨ててください。

 

僕たちは「他人によって傷つけられている」と思い込んでいますが、

実際は「自分で受け取っている」から傷ついているだけです。

 

有名人には「受け取らない名人」がたくさんいますね。

 

他人の批判をいちいち気にしていたらきりがないからです。

 

どんな聖人君子でもその人のことを良く思わない人は一定数います。

そういう人たちに好かれようとすること自体時間の無駄なんです。

 

そういう人たちは何をやっても批判してくるからです。

 

誰かに嫌われたところで、

人生レベルで考えたら、全然大した問題ではありません。

 

そんなことを気にするよりも、

もっと人生をよいものにする方法を考える方がよっぽどいいです。

 

まとめ

真面目な人ほどなんでもかんでも受け取る傾向があります。

 

そういう人は鈍感力やスルー力を磨いて、

受け取らない人になってみてください。

 

人間関係は自分関係です。

 

結局は自分がどのように受け取るかですべてが決まります。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。