潜在意識と引き寄せの法則でどん底から人生逆転

カナダで失業、生活保護、人生どん底からの逆転。

量子力学と引き寄せの法則

先日、量子力学についてリクエストをいただきましたので、今日は久しぶりに量子力学の記事を書いていきたいと思います。

 

ちなみに僕は学生時代理数系が大の苦手のド文系でした。

あまりに苦手すぎて高校3年からは、理数科目がない私立文系コースを選択し、センター試験も受けず、文系の私立大学のみ受験しました。

 

そんな僕ですので、量子力学をどこまで理解できているかわかりません。

ただ、そんな僕だからこそ量子力学を知らない人と同じ目線になることができるのではないかと思っています。

 

ちなみに過去に量子力学についての記事を書いておりますので、併せてそちらもご覧ください。

 

www.theloablog.com

 

宇宙に存在するすべてのものは素粒子の集合体

さきほど紹介した記事の中でも簡単に触れていますが、宇宙に存在するすべてのものは我々人間も含め、素粒子の集合体として成り立っています。

 

素粒子とは原子や分子を細かくしていった最小単位だとお考え下さい。

 

つまり、僕もあなたもパソコンもデスクもすべて素粒子でできているということです。

そして、その素粒子に書き込まれている情報によって、人間になったり、パソコンになたり、デスクになったりします。

 

さらに驚くべきことに、僕も空気もパソコンもデスクもあなたもすべて素粒子でつながっているのです。

 

つまり、すべての存在は一つであるということです。

これを宇宙一元論と言います。

 

量子もつれ量子テレポーテーション

すべての存在が1つですべてつながっているということは、空間的に離れていてもお互いに影響しあっているということです。

 

この理屈を理解するためには「量子もつれ」という概念を理解する必要があります。

 

以前こちらの記事で量子もつれについて簡単に触れました。

 

www.theloablog.com

 

厳密には違うと思いますが、超超簡単に量子もつれを説明すると遠隔地に存在するAとBがお互いに影響を与え合っているということです。

  

量子もつれを応用した考え方が量子テレポーテーションです。

 

「ある地点にいるAという存在が変化すると、別の地点にいるBも瞬時に変化する。」

まるでテレポテーションをしているかのように思えるので、量子テレポテーションと呼ばれています。

 

この考え方もすべての存在は1つで、すべてつながっているという理屈がわかると腑に落ちてくると思います。

 

素粒子は振動し共鳴している

素粒子が生命体として存在するためには、エネルギーが必要になります。

そして素粒子は細かく振動していて、それがエネルギーになっています。

 

実は素粒子はひも状のものがつながったもので構成されていて、このひもが振動しているのです。

 

これを超ひも理論といいます。

 

そしてこの振動が「波動」と呼ばれています。

もしくは「波長」、「周波数」などと呼ばれることがあります。

 

そして、この振動に共鳴して目の前にある空気やパソコンも変化しています。

このことからもわかるように、「波動」というのは同調するという性質があります。

 

つまり、同じ波動のものが引き寄せられてくるということです。

振動とは波のようなものだとお考えてください。

 

例えばいい気分のときの振動でいるときは、同じ波を持つものが引き寄せられ、嫌な気分でいるときの振動は、それと同じ波を持つものが引き寄せられるということです。

 

僕たちが「自分は自分」という分離意識があるのは、僕たちには自我があるからです。

でも、実は僕たちは同じ周波数どうしで引き寄せあっているんです。

 

つまり、普段自分の周囲にいる人は自分に近い波動を持っているということです。

 

類は友を呼ぶといいますよね。

社長は社長の友達が多く、ヤンキーはヤンキーの友達ばかりだと思いませんか?

 

これは、同じ波動のもの同士が引き寄せ合っているから起こる現象です。

 

波動が合わない時は違和感を感じる

自分の周波数と会わない人と一緒にいるとき、僕たちは違和感を感じます。

違和感を感じるとは、居心地の悪さを感じるといってもいいかもしれません。

 

例えば、普段会社員として働いている人が、突然経営者の人達の集まりに参加したら居心地の悪さを感じると思います。

 

普段前向きでポジティブな人が、ネガティブな人と一緒にいるとなんかかみ合わないことがあります。

 

それが「違和感」の正体です。

 

大抵の場合、人間はこの違和感を感じるとその場所を去ります。

そのため、彼らの影響を受けることはありませんが、ずっと一緒に居続けた場合、自分の波動が相手の波動に同調し、変化してしまうことがあります。

 

特にネガティブなエネルギーというのはとても強いので、気を付けなければなりません。

 

例えば友達3人で遊んでいたとして、あなたともう一人がとてもポジティブに楽しそうにしていたとしても、もう一人が今にも死にそうなぐらいネガティブだったとしたら、あなたたちもその波動に共鳴して、ネガティブになってしまいます。

 

現実レベルで考えてみても、ネガティブな人と一緒にいるとだいたい自分もネガティブになることってよくあると思います。

 

つまり、いい気分でいればよい波動のものが引き寄せられ、いやな気分でいたらそういうものが引き寄せられるということです。

 

だから、楽しくていい気分でいることというのはとても大切なんです。

 

 まとめ

宇宙のすべての存在はすべて素粒子でできていて、すべてつながっています。

 

そして、その素粒子は振動しており、同じ波動のものを引き寄せ合うという習性があります。

 

これはまさに引き寄せの法則そのものです。

 

もしあなたの人生がうまくいっていないのであれば、それはネガティブなものに意識を向け、マイナスの波動を出し続けてきたからです。

 

どうすれば人生が好転するかはもうお分かりですね。

そう、「いい気分」でいること、ただそれだけです。

 

最後までよんでいただきありがとうございます。