潜在意識と引き寄せの法則でどん底から人生逆転

カナダで失業、生活保護、人生どん底からの逆転。

投げかけたものが返ってくるという法則

引き寄せの法則は宇宙法則のひとつですが、有名な宇宙法則の一つに「投げかけたものが返ってくる」というものがあります。

 

この法則を理解していると、他人に対して誹謗中傷することがいかに恐ろしいことであるかということがわかります。

現実レベルで考えても、人を応援している人は人から応援されやすいですよね。

 

もし今、お金が充分に入ってきていないのであれば、ひょっとしたらこの法則が関係しているかもしれません。

 

お金は適度に出すのがいい

お金が入ってきたら貯金をするのがいいことは間違いありません。

しかし、必要以上にお金を出さないように執着していると、お金が入ってくる流れが悪くなります。

 

これは当たり前と言えば当たり前ですが、何かを入れようと思ったらスペースが必要になります。

そしてスペースをつくるためには、何かを出す必要があります。

 

実はお金というのは世の中を流れているものであって、特定の個人の所有物ではありません。自分のところにやってきて、そして他の人のところへ去っていきます。

つまり一時的に管理しているだけです。

 

道路が渋滞するのも先頭の車が遅くなるからです。先頭が遅くなると後続車が詰まってしまい渋滞が発生します。すべての車が同じスピードで流れていたら、渋滞にはなりません。

同じように誰かがお金の流れを止めてしまったら、全体のお金の流れが悪くなってしまいます。

 

人間だって食べるばかりで排泄をしなければ、体調を崩してしまいますよね。

それと同じで必要以上にお金を出さないようにしてしまうのは、実は自分自身にとってもあまりよくないことなんです。

 

僕個人の経験でも大きな出費があって一時的に財政が悪化しても、不思議とまとまったお金がやってきたことが何度もあります。

だからお金は出しても入ってくるということは体感レベルで理解できるようになりました。

 

でもこれではお金は入ってきても増えることはありません。

どうやって増やすかと言うと自分の財布のサイズを大きくすることです。

 

www.theloablog.com

 

自分にお金を使うことを許可する

 

欲しいものがあるのにお金を使わないということは、自分にはお金を使う価値がないと言っているようなものです。

必要以上に我慢をするとストレスになりますし、自分にはお金を使う価値がないと無意識に感じてしまっているので、セルフイメージも低いままです。

 

「投げかけたものが返ってくる」という法則から考えても、お金を世の中に投げないということは、お金が返ってこないということになります。

 

お金というのは本来何かしらの価値と交換するためにあるのであって、どんなに貯めていても使わなければ意味がないわけです。

 

楽にお金が使えるようになると、楽にお金が入ってくるようになります。

もちろんお金を管理するスキルも身につけないと、無駄に散財してしまうことなるので注意が必要ですが。

 

お金を楽に使うためには、自分よりお金を上位に置くのをやめることから始める必要があります。

 

あなたは応援されています

とはいえ、お金を使うのにどうしてもブレーキがかかるという方も多いと思います。

そういう方はこのブログのいくつかの記事で、お金に対するメンタルブロックを解除するための記事を書いていますので、詳しくはそちらの記事をご覧いただければと思います。

 

お金を払うということは誰かを応援するということでもあります。

 

www.theloablog.com

 

この記事の中でも紹介していますが、あなたがお金を払うことによってその会社(価値の提供者)はビジネスを継続することができます。

そしてあなたがお金を払うことによって、その会社を利用しているたくさんの人たちの生活を助けることにつながっています。

 

つまりあなたの消費活動は世の中のたくさんの人を救っているということです。

 

あなたがその会社(価値の提供者)にお金を払うということは、その会社を支援しているということになります。

言い換えるとその会社を応援しているということです。

 

ということは、あなたがお金を受け取っているということは、あなたは誰かに応援してもらっているということです。

例えあなたが労働していなくても、親がお金を支援してくれるのであれば、それは親に応援されているということです。

銀行からお金を借りるのであれば、それは銀行に応援されているということです。

 

つまりあなたが日々生活することができているということは、あなたはたくさんの人に応援される価値ある存在であるということになります。

消費活動だけでも世の中にとってみれば大きな貢献(価値)です。

 

自分が価値ある存在であるということがわかると、自分よりもお金を上位に置くことがなくなり、自分を大切にすることができるようになるのではないでしょうか。

 

今日は以上です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。