潜在意識と引き寄せの法則でどん底から人生逆転

カナダで失業、生活保護、人生どん底からの逆転。

情報遮断能力を磨けば心が綺麗になる

人間はありとあらゆる情報を吸収して脳にインプットします。

それが潜在意識に記憶され価値観や観念になるわけです。

 

潜在意識は入ってくる情報の選別ができないため、

プラスの情報もマイナスの情報もすべて潜在意識に記録されてしまいます。

 

これってめちゃくちゃ恐ろしいことですよ。

 

僕たちは普段意識せずに膨大な量の情報に触れていますが、

その中には自分にとって有害なものもたくさんあるのです。

 

そういう有害な情報も無意識にインプットされてしまうため、

不用意にマイナスの情報に触れてしまうと大変なことになります。

 

人間だれしも価値観や観念を持っていますが、

それは過去(情報)の記憶によって作られたものです。

 

「お金持ちは悪人である」という観念を持っている人がいたとして、

その人は生まれてきた瞬間からその観念を持っていたわけではありませんよね?

 

成長過程のどこかのタイミングでそういう観念を持つきっかけとなる情報に触れたから、そのような考え方を持つようになってしまったわけです。

 

現代は情報化社会と言われ、毎日膨大な量の情報が飛び込んできます。

 

本当かどうかわかりませんが、

現代のわずか1日分の情報量が、

江戸時代の人の一生分の情報量に匹敵するともいわれています。

 

その膨大な情報の中には、自分の人生にとってまったく必要のないものもたくさんあるわけです。

 

今の時代は何もしなくても勝手に情報が入ってくるので、

情報収集スキルよりも情報遮断能力の方が求められる時代です。

 

 

 

朝一番にニュース番組を見ない

 

f:id:Apollojustice:20200601154343j:plain

個人的にはテレビそのものを見ない方がいいと思いますが、

それが難しいという人は「朝一番にニュースを見る習慣」だけでも辞めたほうがいいです。

 

テレビというのは無作為に情報が飛び込んでくるので、

受動的に情報を手に入れることしかできません。

 

インターネットなら見たくない情報は見なければ住みますが、

テレビをつけていたら見たくない情報も見ざるをえなくなります。

 

 

www.theloablog.com

 

 

冒頭でもお伝えしましたが、

潜在意識はプラスマイナス分け隔てなく情報を記録します。

 

テレビで放送されている「見たくない情報」も勝手に記憶されてしまうのです。

 

おそろしや。

 

特に朝の起き掛けというのはリラックス状態なので、

潜在意識と顕在意識の間の壁が薄い状態です。

 

要するに情報が潜在意識に通りやすくなっているということです。

 

そんな状態でネガティブなニュースなどを見てしまうということは、

体に害のある食べ物を食べているようなものです。

 

はっきりいっておきますが、ニュースの大部分は直接自分と関係のない話ばかりです。

 

つまりいらない情報だということです。

 

特に日本の報道は情報にバイアスがかかっているので注意が必要です。

 

会社の飲み会の愚痴ほど不毛な時間はない

日本では飲み会で会社の愚痴や不満を言うことが一般化しています。

 

しかし、そういう場所に出向くということは、

自ら泥水を浴びに行っているようなものです。

 

あなたがいっさい愚痴や不満を言わなかったとしても、

他人の愚痴を聞いているうちにそれが潜在意識に刷り込まれてしまうからです。

 

「Aさんはひどいやつだ」

 

と誰かが言っていたとして、

仮にあなたがそう思っていなかったとしても、

何度も話を聞いているうちに「そうなのかな」と思うようになってきます。

 

実際Aさんに会ったときに、

「ひょっとしたらAさんはひどい人なのかも」と心のどこかで思ってしまいます。

 

冒頭の「お金持ちは悪人」という価値観も、

そういう情報を吸収したからそう思うようになったわけです。

 

テレビでは、出演者みんなで寄ってたかって特定の人物を批判することがありますよね?

 

そういう報道を見ていると、無意識にその人物が悪であると思い込むはずです。

 

そしてそれがあなたの観念になります。

 

愚痴や他人の悪口を聞いても自分にメリットはありません。

 

ネガティブな情報に触れれば触れるほど、

澄んでいた水がどんどん濁ってしまいます。

 

ネットの誹謗中傷の書き込みを視界に入れるだけでも、

潜在意識は汚染されてしまいます。

 

情報の過剰摂取は時間とエネルギーの無駄

日々我々が触れる情報の中には、

自分の人生にまったく必要のないものも数多く存在します。

 

わかりやすい例でいうと有名人のスキャンダルです。

 

自分の人生にまったく関係のない人のスキャンダルで気分を害してしまうなんて、

はっきりいって時間とエネルギーの無駄です。

 

喜びを感じるような情報であればいいですが、

ネガティブな感情をわざわざ感じる必要もないわけです。

 

ネガティブな感情はものすごくエネルギーを使います。

 

www.theloablog.com

 

自分の人生に1ミリも関係のない人のことで、

貴重な時間をネガティブな感情で過ごすのはもったいないです。

 

www.theloablog.com

 

その時間を自分のために使えば、

もっと人生はよくなるはずです。

 

自分にとって喜びを感じる情報だけに触れる

幸福な人生を送りたいのであれば、

自分にとって喜びを感じる情報だけを吸収するのがいいです。

 

そのためには不要な情報やネガティブな情報をできる限り遮断する必要があります。

 

日常生活には圧倒的にネガティブな情報の方が多いですから、

これらの情報すべてを遮断するのは難しいかもしれません。

 

でも、その情報がいかに自分人生にとって有害なものであるかわかれば、

不要な情報を遮断しようという意識が働くはずです。

 

代わりに、気分がよくなることや喜びを感じる情報に積極的に触れてください。

 

素晴らしい考えを持った人の話を聞くとか、

感謝や愛情に積極的に触れるといったようなことです。

 

そういうものだけを吸収すれば、濁った潜在意識も浄化されていくはずです。

 

まとめ

僕たちは無意識に自分で自分のことを教育しています。

 

親の言葉遣いが乱暴だと、子供もそういう言葉遣いをするようになりますよね?

 

ネガティブな情報ばかりインプットするということは、

子供に否定的な言葉を浴びせているようなものです。

 

もし暴言を吐いている人をたまたま見かけたら、

可能ならばその声が聞こえないように距離をとってください。

 

あなたは落ちているゴミを家に持ち帰りますか?

 

しないですよね。

 

ネガティブな情報を吸収するということは、

それと同じようなことです。

 

いらない情報、ほしくない情報は徹底的にシャットアウトしてください。

 

それだけで無駄な時間とエネルギーを使わなくて済むし、

何より心が晴れやかになります。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。