潜在意識と引き寄せの法則でどん底から人生逆転

カナダで失業、生活保護、人生どん底からの逆転。

潜在意識の育て方

僕たちの人生は人間の意識の97%を占めると言われている

無意識の領域=潜在意識が作り上げています。

 

では潜在意識は何によって作られているかと言うと、

過去の経験や関わった人間の刷り込みです。

 

「人前で話して恥ずかしい思いをした」という経験がある人は、

人前で話すことを無意識で拒否するようになります。

 

「お金持ちは悪いことをしている」という価値観を刷り込まれた人は、

「お金持ち=悪」という観念を持っています。

 

これらはどちらも過去の経験や他人の刷り込みによって、

潜在意識に蓄積された一種の「記憶」です。

 

 

パラダイムを作るのは潜在意識

パラダイムとは「どうやって世界を見ているか?」という認識や解釈の方法のことです。

 

www.theloablog.com

 

パラダイムを簡単に説明すると「メガネ」です。

メガネが違えば見える世界も変わりますよね?

 

そしてこのパラダイムの種となっているものが潜在意識です。

 

例えば、「一流大学に入って大手企業で働くことこそ成功である」と幼いころから親に刷り込まれて育った人は、大学にも進学せず好きなことを仕事にしている人の生き方を否定するようになります。

 

逆に「自分の好きなことを仕事にすることこそ本当の幸せ」という価値観を持っている人は、親の敷いたレールを走ってやりたくもない仕事をやっている人のことを軽蔑するのです。

 

お互いに物事の見え方(考え方)が全然違いますよね?

 

これは仕事に対する考え方ですが、

僕たちの中にはこういうパラダイムが無数に存在するのです。

 

ではなぜ、そのような考え方が身に付いたのでしょうか?

 

それは過去に蓄積してきた経験と他者の刷り込みが潜在意識に記憶され、

状況に応じて記憶の奥底から引き出されるからです。

 

経験していないものはイメージできない

願望実現で重要なことは、願望を手に入れた状態をできる限り具体的にイメージすることです。

 

例えば、「お金持ちになって豪邸に住む」という願望を持っているのなら、

部屋は何畳あって、ソファは何色で、テレビの大きさはこれぐらいで、と言った感じです。

 

それぐらい細かく具体的にイメージしたほうが願望は叶うと言われています。

 

でも自分が経験したことないものというのはイメージがしにくいんです。

 

今まで一度も豪邸に住んだこともなければ、

他人が住む豪邸を訪れたりテレビで大富豪の豪邸を見たことがない人は、

自分が豪邸に住む様子を具体的にイメージすることなんてできないんです。

 

自分で体験したことはなくても何かしらの外部情報があるから、

なんとかイメージをすることができるんです。

 

例えば「宇宙人をイメージしてください」と言われたら、

あなたはどういう姿が思い浮かびますか?

 

おそらく我々人間と同じような姿の生物か、

タコみたいな生物のどちらかではないかと思います。

 

タコみたいな生物が思い浮かぶのはテレビでそういうものを見たからです。

 

逆にこの2種類以外にまったく思い浮かばないのは、

経験もなければ情報もないからです。

 

そんな状態で「具体的にイメージしてください」と言われても、

できるわけがありませんよね?

 

普段から上質なものに触れる

f:id:Apollojustice:20200320132554j:plain

つまり、潜在意識を育てて願望実現をしたいのであれば、

普段から上質なものに触れる必要があるということです。

 

今は違いますが、昔の僕は旅行に行くときはとにかく安いホテルを選択していました。

 

でもそんなことを繰り返していたら、

いつまでたっても一流ホテルの雰囲気を「経験」することはできません。

 

一流ホテルに泊まったことがないのだから、

「一流ホテルに滞在している自分の姿」もイメージできないわけです。

 

目先の利益だけ考えると安いホテルに泊まるほうがお得ですが、

長期的視点で考えると人生でかなり損していることになります。

 

昨日お話しした「投資思考」を持っていたなら、

目先の利益を追いかけて安いホテルに泊まるという選択はしていなかったはずです。

 

www.theloablog.com

 

お金がない人ほど節約ばかりを意識して上質なものを遠ざけますが、

実はその考え方自体が富を遠ざける原因となっているのです。

 

制限思考がない人と付き合う

潜在意識というのは他人の影響を受けやすいという特徴があります。

 

その特性を利用し制限思考がない人と付き合うことで、

あなたの願望実現は加速します。

 

制限思考がない人とは、でっかい夢を追いかけている人のことです。

 

普通の人なら「無理だろ」と思うような大きな事に、

一切の迷いなく挑戦し続けている人のことです。

 

こういう人と長い時間一緒にいると、

自分にとっても「でっかい夢に挑戦しつづけることが当たり前」になってきます。

 

脳科学的にいうとミラーニューロンという神経回路の働きだと言えますが、

心理学的にいうと「潜在意識が書き換えられた」ということが言えます。

 

「自分のなりたい姿をすでに実現している人と付き合う」

 

これも潜在意識を育てるということです。

 

まとめ

潜在意識を育てるためには上質なものに触れることです。

上質なものというのは、モノだけでなく人や情報も含まれます。

 

顕在意識でどんなに頑張っても潜在意識の力に勝つことはできません。

 

つまり、潜在意識を育てないと人生のステージは上がらないということです。

 

潜在意識とは根底にある土台のようなものですからね。

どんなに高いビルを建てても土台がしっかりしていないと崩れてしまいます。

 

僕たちの判断基準や行動パターンというのは、

潜在意識によって支配されています。

 

「人生をより良いものにしたい」という人は、

「潜在意識を育てる」という意識を持つようにしてみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。