潜在意識と引き寄せの法則でどん底から人生逆転

カナダで失業、生活保護、人生どん底からの逆転。

超人のセルフイメージ

困難や試練を目の前にしたときに、

思わず心が折れてしまいそうになることがあります。

 

無理難題を押し付けられて嫌になるときがあります。

 

自分のことを否定されて落ち込むときがあります。

 

そして、そういう自分のことが嫌いになることがあります。

 

もしあなたがそういう悩みをお持ちなのであれば、

超人のセルフイメージを持つようにしてみてはいかがでしょうか?

 

超人のセルフイメージを持つことができれば、

心が乱れることが本当に少なくなります。

 

 

超人のセルフイメージ

f:id:Apollojustice:20200802131842j:plain

超人のセルフイメージとは、

その名の通り自分を超人だと思い込むことです。

 

超人よりはスーパーマンのほうがしっくりくるかもしれません。

 

スーパーマンはちょっとやそっとのことではへこたれませんよね?

 

小さな出来事に心を乱されてしまうのは、

自分のセルフイメージが低いからです。

 

例えば、ある日突然1000万円の借金を背負うことになったとします。

 

ほとんどの人はパニックになることでしょう。

 

もし超人のセルフイメージを持っているのであれば、

「なんだたったの1000万円か」ぐらいしか思わないので、

心が乱れることはありません。

 

カーネルサンダースやウォルトディズニーは、

自身のビジネスが軌道に乗るまでに何百回と断られてきました。

 

ディズニーが約300回、サンダースに至っては約1000回断られています。

 

ほとんどの人は1回ダメだったら諦めてしまう中で、

この回数は驚異的な数字と言えます。

 

確かに凄そうに思えますが、

考え方によっては「たった300回で成功できる」とも考えられます。

 

300回やって成功できるのであれば、

とにかく行動しまくればいいと思えませんか?

 

300回という数字を聞いて「すごい、自分には無理だ」と思うのは、

自分のセルフイメージが低いからです。

 

その話を聞いた後であれば、

100回断られることなど小さなことのように思えませんか?

 

セルフイメージ=心を乱すものの大きさ

出来事に対して心が乱れてしまうのは、

「自分には手に負えない」と思っているからです。

 

そして、心を乱すものの大きさは

セルフイメージに比例します。

 

自分のセルフイメージが低ければ低いほど、

小さなことでさえも心が揺れ動いてしまいます。

 

できればネガティブな感情は味わいたくないですよね?

 

セルフイメージを高くもつことは、

自分の心を安定させるためでもあるのです。

 

モデリングして演じる

自分のセルフイメージを高く持てないという人は、

自分の尊敬する人や憧れの人を演じてみるといいと思います。

 

いきなり「俺はスーパーマンだ」と心に言い聞かせても、

「うそつけ」という潜在意識のツッコミが入るだけです。

 

であれば、無理矢理思い込もうとするのではなく、

他人をモデリングして演じればいいのです。

 

他人になりきって演じるということは、

自分ではない別人になっているということです。

 

別人になっているのだから、

どんなセルフイメージでいようが、

潜在意識からのツッコミは入りにくくなります。

 

重要なことは本気でなりきること。

 

少しでも我に返ってしまうと、

自分に戻ってしまい潜在意識のツッコミが入ります。

 

「こういうとき○○さんならどうするだろう?」

 

と考えて行動することは、

様々な局面において役に立ちます。

 

憧れの人になりきっているときは、

自分に自信が持てるし楽しい気分になります。

 

馬鹿げた話に思えるかもしれませんが、

非常に強烈なのでぜひやってみてください。

 

まとめ

今コロナで不安を抱えている人も多いです。

 

「仕事が無くなったらどうしよう」

 

と不安に感じるということは、

 

「仕事を失うという出来事を乗り越えられない」

 

と自分に対して思っているからです。

 

セルフイメージを高く持つことは1円もかかりませんし、

誰かに迷惑をかけることもありません。

 

憧れの人になりきって楽しい気分になるだけでなく、

少々のことでは心が乱れなくなるというおまけまでついています。

 

心がくじけそうになったときは、

超人のセルフイメージを持ってみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。