潜在意識と引き寄せの法則でどん底から人生逆転

カナダで失業、生活保護、人生どん底からの逆転。

自分に「ありがとう」

今こうやって過ごすことができているのも、

自分という存在があるからです。

 

「自分のことが嫌い」という人は多いですが、

なぜ自分のことが嫌いなのでしょうか?

 

他人と比べて劣っているから?

 

それって自分を嫌うほどのことなのでしょうか?

 

自分ほど感謝すべき存在はいません。

 

どんなにあなたにボロカスに言われても、

文句ひとつ言わず頑張ってくれているのですから。

 

たまには自分に「ありがとう」と言ってみてください。

 

自分という存在がとても愛おしく感じるに違いありません。

 

どんなに他人から否定されようが、

自分だけは自分の味方でいてあげてください。

 

「○○だから好き」という条件付きの愛ではなく、

無条件の愛を注いであげることが大切です。

 

それを続けていると必ず奇跡が起こります。

 

自分のことが嫌いで自分を否定してばかりいては、

充実した人生など送ることは難しいでしょう。

 

優劣という物差しで他人と自分と比較するから、

自分のことが嫌いになってしまうのではないでしょうか。

 

「自分のことが好き」と言うと、

自己中とかナルシストとか言われるかもしれません。

 

しかし、それはあくまでも他人がそう思っているだけのこと。

 

自己愛の強い人からすれば、

自分を好きになれない人の方がむしろ変に思えます。

 

他人の価値観に合わせようとすると苦しくなります。

 

もっと自由に生きてもいいのではないでしょうか。

 

人間には人それぞれ個性があります。

才能や強みと表現してもいいです。

 

その個性を活かして自分の輝ける場所で生きることが、

充実した人生を生きる一番の秘訣です。

 

多くの人はこの「自分の輝ける場所」を見つけることができていません。

 

そもそもそんなものがあると

信じていない人がほとんどです。

 

「ない」と思っているものは見えません。

 

まずは「ある」と信じること。

そうしないと自分の個性は見えてきません。

 

世間一般から見て優れているかどうかではなく、

自分が心地よく感じるかどうかで判断する必要があります。

 

くれぐれも他人の理想を追いかけないように。

 

僕たちはメディアなどの影響によって、

他人の理想を自分の夢だと錯覚しているケースがよくあります。

 

分かりやすい例が「お金」。

 

お金という尺度だけで幸せを測ってしまいがちですが、

それだけが幸福になるための要素ではありません。

 

他人と自分の理想は違います。

 

自分なりの幸せを掴むことができれば、

それでいいのではないでしょうか。

 

自分を愛することができない人は、

他人に対しても攻撃的になります。

 

自己愛が溢れている人は、

他人に対しても優しくなれるものです。

 

自分を愛し大切にすることは社会貢献でもあるのです。

 

騙されたと思って、

自分に「ありがとう」と言ってみてください。

 

ずっと言い続けていると、

内側からじわーっと暖かい気持ちが溢れてくるはずです。

 

どんなに自分のことが嫌いでも、

この人生で別の人間として生きることはできません。

 

だったら、自分を好きになった方が絶対にお得なわけです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。