潜在意識と引き寄せの法則でどん底から人生逆転

カナダで失業、生活保護、人生どん底からの逆転。

今日一日のことだけを考える

人生にはつらいことや苦しいことがたくさんあります。

 

毎日大変な日々を送りながらも

将来に対して漠然とした不安を抱えている。

 

こういう人は少なくありません。

 

不安を感じれば感じるほどエネルギーを消耗し、

よりいっそう行動できなくなってしまいます。

 

www.theloablog.com

 

不安はただの幻想であり、

不安を感じたからと言って何か解決するわけではありません。

 

起こるかどうかもわからない未来に恐怖を抱えながら、

目の前の困難に立ち向かうのは容易ではありません。

 

1日1日を別の人生だと考えて、

今日のことだけに集中すれば、

不安や恐怖に支配されることはなくなります。

 

 

f:id:Apollojustice:20210126194953j:plain

うまくいく人とうまくいかない人の違い

うまくいく人とうまくいかない人、

幸せな人と不幸せな人の違いは何でしょうか?

 

それは「考え方」です。

 

うまくいく人はうまくいく考え方をしてるからうまくいくし、

うまくいかない人はうまくいかない考え方をしてるからうまくいかない。

 

現実は自分の解釈によって作られています。

 

同じ事象を見たとしてもプラスに解釈する人もいれば、

マイナスに解釈する人もいます。

 

そして、その解釈こそが幸せと不幸せの分かれ目となります。

 

うまくいく人と幸せな人の共通点、

うまくいかない人と不幸せな人の共通点の違いは、

 

前者は自分に変えられるものだけを変えようとして、

自分に変えられないものを変えようとしません。

 

後者は自分に変えられないものを変えようとして、

自分に変えられるものを変えようとしません。

 

人生が苦しくなる原因

ちょっとわかりづらいと思うので、

具体例を挙げて説明します。

 

自分に変えられるものとは「行動」や「反応」です。

変えられないものとは「他人」や「出来事」です。

 

例えば、他人にイライラすることがあったとします。

 

そのイライラは、他人が自分の思い通りにならないことに対するフラストレーションによって生まれています。

 

他人はコントロールできないのに、

自分の思い通りにしたいと思うからイライラするわけです。

 

仮に他人がイライラさせる振る舞いをしたとしても、

「イライラしない」という選択をすることはできます。

 

自分の反応は自由にコントロールできるのです。

 

過去に起こった出来事や、

未来に起こる出来事はコントロールできません。

 

そういうことを考えれば考えるほど、

人生は苦しくなっていきます。

 

人生に起こる(起こった)出来事を変えることはできませんが、

自分の行動は自由に変えることができます。

 

「将来が不安」と考えたところで、

未来が良い方向へ進むわけではありません。

 

自分の行動と選択が未来を創るのだから、

余計なことを考えずに今この瞬間に全力を尽くせばいいだけの話です。

 

1日1日が別の人生

僕たちは毎日いろんな困難を経験します。

 

そんな中将来の不安まで感じていたら、

とてもその困難を乗り越えるのは難しいですよね。

 

1日1日を別の人生だと考えて、

過去や未来のことは一切考えずに、

今日1日のことだけに集中してみてください。

 

ただでさえ目の前の困難に対処するのは大変なのに、

過去の後悔や未来の不安まで感じていたら、

エネルギー切れを起こしてしまうのは当たり前です。

 

しかし、今日1日のことだけを考えればいいのであれば、

気持ちがかなり楽になるはずです。

 

今日1日を乗り越えることができたら、

今日という人生はそれで終わりです。

 

もうそれ以上困難がやってくることはありません。

 

気持ちが楽になってきませんか?

 

まとめ

あれこれ不安や後悔を感じているうちに、

あっという間に人生は終わってしまいます。

 

人生は1日1日の集約体。

 

今日という日が未来を創り、

今日という日はやがて過去になります。

 

今日1日だけに集中して全力で生きれば、

過去も未来も素晴らしいものになります。

 

どうか不安や後悔に支配されませんよう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。