潜在意識と引き寄せの法則でどん底から人生逆転

カナダで失業、生活保護、人生どん底からの逆転。

何を得るために何を捨てるか

この世の中にはトレードオフの法則が働いています。

 

何かを手に入れるためには、

何かを差し出さないといけない。

 

これがトレードオフの法則です。

 

一番わかりやすいのがお金ですね。

 

お金を差し出すことによって価値を受け取ることができます。

 

お金を手に入れるためには、

働く必要があります。

 

働くということは時間を差し出しているということです。

 

あるいは猛烈に働くことによって、

自分の健康や家族関係を犠牲にしているかもしれません。

 

逆に働かなければ自由な時間が手に入ります。

 

「何かを得るためには何かを捨てなければならない」

 

自分の得たい結果を手にするために、

何を差し出すことができるのか、を常に意識する必要があります。

 

 

f:id:Apollojustice:20201101185647j:plain

 

お金持ちが差し出しているもの

 

冒頭の話を聞いて反論がある人もいるかもしれません。

 

「働かなくてもお金が入ってくる人はたくさんいるけど...」

 

そうです。

 

実は収入を増やしたければ、

できる限り働かない仕組みを作る必要があります。

 

具体的には、他人やシステムに働いてもらうことです。

例えば、社長として働くのではなく会社のオーナーになる。

 

働くことによってお金を得るという形では、

収入に限界が生まれるからです。

 

1日24時間しかありませんからね。

 

自分が働かなくてもお金が入ってくる仕組みを作らなければ、

億万長者と呼ばれる人にはなりません。

 

「働かなくてもお金が入ってくるなら、

何も差し出していないじゃないか」

 

と思った人もいるかもしれません。

 

しかし、彼らはお金を得るのと引き換えに、

社会的責任というものを負っています。

 

「責任を負わなくていい」という状態を捨てています。

 

他には、お金持ちになって周囲から妬まれる機会が増えます。

 

「普通の人として攻撃されなくて済む」

 

という状態を捨てているわけです。

 

「お金持ちになりたい。

でも叩かれたくない」

 

というのは基本的に難しいです。

 

この「叩かれたくない」というブレーキが強いと、

どんなに頑張っても豊かになることはできません。

 

 

 人間関係の断捨離

人間関係を断捨離すると人生がうまくいくことが良くあります。

 

人間にはミラーニューロンがあるので、

他人からの影響を良くも悪くも受けてしまいます。

 

ネガティブな人と縁を切ることによって、

「ネガティブな影響を受けない」という結果が手に入ります。

 

人間関係を切ることでその人と過ごす時間がなくなり、

その分自分の時間が増えるというメリットもあります。

 

「顔が広い」とか「友達が多い」というのは、

それだけ人付き合いに時間を奪われるということでもあります。

 

人生で一番捨てなければならないもの

今の人生がうまくいっていない場合、

一番捨てなければならないのは「過去の自分」です。

 

目の前の現実は過去の自分の選択と行動が生み出したものです。

 

同じ思考パターンを持っている限り、

同じような選択を繰り返すことになり、

同じような現実が未来で待っているだけになります。

 

過去の自分の選択と行動の何かがまずかったから、

今のうまくいっていない現実があるわけです。

 

したがって、うまくいく人生を手に入れたいのであれば、

過去の自分を捨てなければなりません。

 

小さなプライドや無意味なこだわりから、

自分の持っている信念も含めてすべてです。

 

過去の自分を捨てることはかなり苦痛が伴います。

 

 

www.theloablog.com

 

過去の自分を捨てることは自分の生き方を否定するようなものですからね。

 

それを捨てたくないというのであれば、

過去の自分を捨てなくて済む代わりに、

うまくいく人生は手に入りません。

 

何か捨ててみる

いきなり大きなものを捨てるとストレスも大きくなるので、

まずは小さなものから捨てることを始めてみてください。

 

何か小さなものを捨てることによって、

少しずつ実験を繰り返していきます。

 

それを捨てたことによってどんな結果が手に入ったか?

を注意深く観察してみることです。

 

単純にモノを捨てるだけでも「空間」が手に入ります。

 

「捨てることによって得られるものがある」

 

ということが腑に落ちれば、

 

「得たい結果を手にするために何を捨てるべきか?」

 

を考えることができるはずです。

 

まとめ

人生には自分にとって不要なものがたくさんあります。

 

そして僕たちは、その不要なものにたくさんの時間を奪われています。

 

「何かを得たければ、まず何かを捨ててみる」

 

矛盾しているように聞こえるかもしれませんが、

実はこれこそがこの世の中の真理なのです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。