潜在意識と引き寄せの法則でどん底から人生逆転

カナダで失業、生活保護、人生どん底からの逆転。

大切にする順番が逆

人間は1日に約3万回自分との対話をしているそうです。

ということは、自分との対話が自分の人生にどれだけ大きな影響を与えているかということは、簡単に想像できます。

 

この自己対話の質が自分の人生を決めるといっても過言ではありません。

 

今日は人間関係における本当に大切にすべき順番についてお話します。

 

外野に甘く、身内に厳しい人

僕たちは外野に甘く、身内に厳しい傾向があります。

 

他人に対しては心にもないおべっかを使ってほめたたえるわりに、自分自身を褒めることはほとんどなく、厳しい言葉で自分を責めることばかりしています。

 

会社でたまったストレスを家に帰って、家族にぶつけてしまう人もいますよね。

 

自分の子供に対しても、「○○さんの子供は勉強ができるのに、あなたは全然できない」というように、他者と比較して否定的な言葉を書けてしまうことがあります。

 

自分自身や自分の身内というのは遠慮がいらない存在ですから、いくらでも厳しいことを言えるのですが、本当に大切にすべき存在は他人よりも自分や自分の身内であるはずです。

 

自分自身というのは生まれてから亡くなるまでずっと一緒にいる存在ですし、身内の人たちは自分の人生の大部分を一緒に過ごすことになる存在です。

 

そういう存在に対してネガティブな言葉をぶつけることによって、最終的に損をするのは自分自身です。

自分の身近な存在がネガティブになってしまったら、その存在と長い時間を共にする自分にも悪い影響を与えることは説明するまでもありませんね。

 

潜在意識はあなたに褒められたいと思っています。

 

そして、あなたに何かあったとき助けてくれるのは他人ではなく、自分自身であったり自分の身近な存在の人たちです。

 

したがって本来大切にすべき順番は自分自身→身内→他人なんです。

しかし、ほとんどの人はこの順番が逆になっています。

そしてこの順番が逆になってしまうと人生が苦しくなってしまいます。

 

注意するのがダメなのではなく、否定するのがダメ

自分や身内に甘くなると、向上心がなくなったり堕落してしまうのではないかと思うかもしれませんので、ここで簡単に補足説明をしておきます。

 

何か反省すべき出来事があったときに、そのことに対して反省することはまったく問題ありません。

ただ、そのことに対して自分を否定するような言葉をかけることがよくないのです。

 

この自己対話は無意識のうちに行われています。

もし1日3万回の自己対話のうち9割が自分に対する否定的な言葉になってしまったら、あなたはどういう人間になってしまうでしょうか?

 

仮に同じ人生体験だったとしても、自己対話の9割がポジティブな人と9割がネガティブな人では、まったく違った人生になってしまうということは誰から見てもわかると思います。

 

この自己対話は無意識に行われてしまうから怖いんです。

最初は意識的に「絶対に自己否定しない」という習慣を身に着けないと、ふとしたときに自己否定してしまうことになります。

 

とにかく慣れるまでは「絶対に自己否定しない」という意識を持ち、それを習慣化することが大切です。

 

どちらの世界で生きたいか?

「自分大好き」とか「他人よりも自分が大切」というと、かなりの高確率で世間から冷ややかな目で見られます。

 

それは世間一般の人は「自分が好き」とか「他人よりも自分」と考えることは悪であると考えているからです。

 

確かに社会的に見ると「自分大好き」な人よりも、「他人を優先する」人のほうが美しく見えます。

でもそれは個人の幸福のために存在する通念ではありません。

 

誤解してほしくないのですが、僕は「自分さえよければ他人はどうでもいい」と考えなさいと言いたいのではありません。

もちろん他人にも心を配る必要はありますが、自分を犠牲にしてまで他人に尽くす必要はないということです。

 

もし「自分が好き」と言って周囲の人間から批判されたとしても、それは彼らがそういうパラダイムで生きているだけの話です。

別に彼らの世界観を否定する必要もありませんし、批判されたからといって自分の価値観を彼らに合わせる必要もありません。

 

だって、自分の人生なんだから自分を大切にするのは当たり前ですよね。

 

もし、どうしてもそういう考えが受け入れられないというのであれば、「自分好き人間否定派」として生きればいいだけです。

 

大切なのは他人の意見ではなく、「どちらの世界で生きたいか?」という自分の意志です。

 

演者とシナリオライター

ここからお話することは僕自身が実感していることで、何か根拠があるわけではありません。

信じられないという人は信じなくても大丈夫です。

 

以前、外側の自分と内側の自分の2人がいるというお話をしました。

 

www.theloablog.com

 

僕は外側の自分は「演者」で、内側の自分が「シナリオライター」であると考えています。

 

僕たちの人生のシナリオといのうのは内面の自分(潜在意識)が運んできます。それに対し外側の自分(通常僕たちが「自分」と考えている存在)が、人生の演者として、そのシナリオを生きています。

 

シナリオは一つではなく、演者の反応(生き方・あり方)によって変化します。

 

感謝して楽しんで生きていれば、シナリオはいい方向に向かうし、「やってられない」と腐っていれば人生は悪い方向へ向かいます。

 

僕たちは人生を変化させようとするとき、外側の自分だけでなんとかしようとします。

例えばスキルを身に着けたり、知識を増やしたりといったことがそれにあたります。

しかし、それでは人生が好転することはありません。

 

シナリオライターとの対話がないからです。

 

自分の人生を変えようと思うのであれば、外側の自分だけでなんとかしようとするのではなく、内側の自分と自己対話をしなければなりません。

「内面が変わると人生が変わる」とか「あり方が先、現実が後」というのはつまりそういうことです。

 

あなたがシナリオライターだったとして、自分が準備したシナリオに演者が不満ばかり行っていたらどう思いますか?

「自分はこんな役やりたくない」とか「こんなシナリオやってられない」とか言ってきたらムッとしますよね。

 

そんな人にいいシナリオを準備しようとは思わないはずです。

 

それでも言うことを聞かなくて、自分のアドリブで演者が勝手なことをしようとしたら、どう思いますか?

自分(シナリオライター)は信頼されていないと感じますよね。

 

アドリブで勝手なことをしても、シナリオそのものを変えることはできません。

「外側の自分だけで現実をなんとかしようとする」というのはこれと同じことです。

 

シナリオライターはあなたにとって良い人生を準備してくれているんです。

僕たちのやるべきことは信頼して委ねることだけです。

 

まとめ

「自分を大切にする」ということが人生に与える影響の大きさが伝わりましたでしょうか?

 

あなたは自分の人生を生きるためにこの世に存在しています。

他人のために生きているのではありません。

 

自分より他人を大切にしても、彼らは僕たちの人生を変える力はありません。

世の中の通念など気にせず、自分を大切にして軽やかな気持ちでいるほうが絶対に幸せな人生を送れると思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。