潜在意識と引き寄せの法則でどん底から人生逆転

カナダで失業、生活保護、人生どん底からの逆転。

必要なものはすでに持っている

大きな目標を持ったとき、「今の自分には到底達成できる気がしない」と思う人は少なくありません。

 

理想と現実のギャップの大きさに落胆し、

行動すら起こせぬまま諦めてしまうこともあります。

 

これは「できない理由」ばかりを探してしまっているからです。

 

そして、「いかに今の自分ではその願望を実現することが不可能であるか」という根拠を裏付けして、できない自分を正当化してしまいます。

 

「(願望実現に)必要なものはもうすでに持っている」

 

これは数々の願望を実現してきた、複数の人生の達人たちが言っている言葉です。

 

一人だけではなく何人もの人が同じことを言っているので、

おそらくこの言葉は真実なのだと思います。

 

 

 

必要なものはすでに持っている

f:id:Apollojustice:20191211123255j:plain

先週から左手の中指に痛みを感じ、

日に日に指が腫れてきたので昨日病院に行ってきました(詳しくは第2ブログで)。

 

非常に混んでいたので治療してもらうまでに3時間くらい待ちました。

僕の順番が回ってくる頃には、満員だった待合室が僕とあと2人ぐらいになっていました。

 

「僕のためにわざわざ遅い時間まで対応してくれるのはありがたいなー」

 

と思いました。

 

実際は営業時間が終了するまでまだまだ時間はあったし、

お医者さんも仕事でやっているだけなので、

「僕のため」という意識はまったくないと思いますが、

なんかそんな気分になったのです。

 

その後自宅で家族と寝ていると火災報知器が鳴りました。

 

このマンションに引っ越してから10回以上鳴っています。

早朝や深夜に鳴ったこともあります。

 

最初の9回はわざわざ19階から歩いてロビーに避難していましたが、

だいたいいつも何もない(状況説明もない)ので、

最近はわざわざロビーに降りることもなくなりました。

 

火災報知器が鳴るたび、毎回消防士の方たちがすぐに駆け付けてくれます。

 

僕が記憶する限り、実際ボヤがあったのはたった1回だけ(それも状況説明はなし)でした。

 

仕事とはいえ、毎回出動してくれる消防士の人々に「ありがたいなー」と思っています。

 

今日は昨日貰った処方箋を持って薬局に行きました。

僕の指の治療のために薬を調合してくれました。

ありがたいですね。

 

何が言いたいのかというと、

 

「自分で解決できない問題だったとしても誰かが解決してくれる」

 

ということです。

 

治療や消火や薬の調合を自分でやることはできなくても、

代わりに問題解決をしてくれる人がいるということです。

 

これは僕自身の中に「目標達成(問題解決)のために必要なものがすでにあった」ということです。

 

こじつけですかね?

 

あなた自身の過去を振り返ってみてください。

 

なんだかんだで問題解決してきてませんか?

もし解決できていないのなら、それは解決する必要がなかった問題だということです。

 

今こうやって元気に過ごしているということは、

自分に必要なものをすべて持っていたからです。

意識しないものは「見えない」

僕たちは「願望実現に必要なものはすでに持っている」のですが、

大抵の場合それらは見えていません。

 

願望が大きければ大きいほど「どうやって」を考えてはいけない

 

と言われています。

 

それは「どうやって」を考えれば考えるほど、

できない理由ばかりが出てきて、

願望実現が不可能に思えてしまうからです。

 

「どうやって」がすでに分かってたら、とっくに願望実現できているはずですからね。

 

「どうやって」は願望に向けて行動しているうちに自然と見えるようになってきます。

 

これは脳の検索エンジンが答えを探し始め、RASが働くからです。

 

www.theloablog.com

 

RASが働くと、今まで見えなかったものが見えるようになります。

詳しくは上記リンクの記事を参照ください。

 

ただし、RASが働くには条件があります。

 

それは「焦点」が願望実現に向けられているということです。

 

冒頭で触れたような「できない理由」ばかりを探しているときは、

焦点が願望実現に向けられていません。

 

だから、願望実現に必要な情報は見えません。

 

願望実現に重要な情報や人脈が存在しているのに、

それに気づくことができないということです。

 

未来の自分から願望を見る

現状と願望のギャップが大きすぎて落ち込むという人は、

未来の自分の視点から願望を見るようにしてみてください。

 

今の自分には無理でも、成長した未来の自分ならできるかもしれませんよね。

 

例えば、今の年収が500万円で目標が3000万円だったとします。

 

今の自分では到底達成は不可能に思えるかもしれませんが、

年収が1000万円になっている未来の自分ならそこまで難しく感じないはずです。

 

願望はノルマではない

願望はノルマではありません。

 

だから「達成しなければならない」と考えないことが大切です。

 

願望をイメージするだけならワクワクして「やりたい」という気持ちになれますが、

「ねばならない」になった瞬間に苦しくなってしまいます。

 

願望を意識しつづけることは重要ですが、

執着しすぎると苦しくなってしまうので注意が必要です。

 

「必要なものはすでに持っている」

 

そう自分を信頼していれば焦りや執着を感じることもありません。

 

今やるべきことだけに集中していれば、

次から次へと願望実現に必要なものが引き寄せられてきます。

 

楽しい気持ちになりたいから願望に向かっているのに、

それが負担で苦しくなってしまっては本末転倒です。

 

人間の潜在能力は無限です。

 

ほとんどの人は自分でブレーキをかけてしまっているだけです。

 

考え方が変われば行動が変わり結果が変わります。

 

「無理」とか「不可能」と考えたら、

その時点で思考はストップしRASが働かなくなります。

 

「必要なものはすでに持っている」

 

そう信じることが願望実現への最初の大きな一歩です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。