潜在意識と引き寄せの法則でどん底から人生逆転

カナダで失業、生活保護、人生どん底からの逆転。

「テレビとYoutubeの違い」から分かる恐ろしすぎる真実

最近ではテレビを持っていないという人の数も増えました。

 

今の時代はインターネットを使えば一通りの情報は手に入ります。

テレビに代わる娯楽もたくさんあります。

 

「テレビは見ないけどYoutubeは見る」

 

という人も多いですね。

 

あなたはテレビとYoutubeの違いについて考えたことはあるでしょうか?

この両者の違いはいったい何だと思いますか?

 

一部例外を除き、TVもYoutubeも無料です。

ということは「お金の問題でTVを見ない」というわけではありませんね。

 

「プロか素人か」という違いは確かにあります。

一般的にTVはプロ、Youtubeは素人によるメディアと認知されています。

 

しかし、プロでもYoutubeで動画を公開している人もたくさんいます。

ならば、必ずしも「素人だから(Youtubeはつまらない)」ということは言えないということになります。

 

この両者の違いにはもっと深い意味が隠されています。

 

この違いを紐解いていくと、

今を生きる我々に避けて通ることのできない時代の流れが見えてきます。

 

 

 

テレビとYoutubeの違い

f:id:Apollojustice:20191228172314j:plain

テレビとYoutubeの本質的な違いは情報の受け取り方です。

 

テレビは受動的に情報を受け取るのに対し、

Youtubeは能動的に情報を受け取ります。

 

これだけだと意味が分からないと思うので説明を捕捉します。

 

テレビというのは番組が決まっています。

見たい番組があっても放送時間にならないと絶対に見る事はできません。

 

それに対しYoutubeは、24時間365日いつでも自分の好きなタイミングで見たい動画を見ることができます。

 

TVの場合、番組の内容も視聴者がコントロールすることはできません。

その中にはいらない情報、見たくない情報もたくさんあります。

 

一方Youtubeは、自分にとって必要なものだけを視聴することができます。

 

この記事ではテレビとYoutubeで対比をしていますが、

新聞とインターネットにも同じことが言えます。

 

新聞で得ることのできる情報はそこに書いてあることだけです。

それ以外の情報を知ることはできないし、不要な情報もたくさんあります。

 

インターネットでは手に入れることのできる情報に制限がありません。

自分の検索能力次第でいくらでも情報を手に入れることができます。

自分で調べない限り無駄な情報が入ってくることもありません。

 

TVと新聞が絶対的な権威を持っていた時代の情報

インターネットが登場する以前は、TVや新聞が絶対的な権威を持っていました。

 

世の中の情報を知るためには、

TVや新聞ぐらいしかその手段がなかったということです。

 

その場合、何が起こると思いますか?

 

簡単にマインドコントロールすることができるんです。

 

人々はテレビや新聞で報道されたことを絶対的に信じる(しかない)ので、

情報を操作すれば嘘を真実だと思い込ませることもできるということです。

 

TV番組で「○○にはダイエット効果がありますよ」と紹介されて、

翌日スーパーからその食品が消えるというのもマインドコントロールの一種です。

でも実際その○○にはダイエット効果などないのです。

 

新聞はまだしも、少なくともテレビではかなりの情報操作がされています。

 

つまり、マスメディアの思うままに人々はコントロールされているということです。

 

これは受動的に情報を受け取っているから起こる現象です。

能動的に情報を受け取る場合には絶対に起こりません。

 

インターネット登場以降の情報

インターネットの登場によって、

テレビや新聞のもつ権威性は少しずつ失われていきました。

 

人々が能動的に情報を手に入れることができるようになったからです。

 

TV番組で「○○はダイエット効果がありますよ」と紹介されたとしても、

その情報の真偽をインターネットを使って(能動的に)調べることができます。

 

ネット上には無限の情報が溢れていますから、

ちょっと調べればそれが本当か嘘かなんて簡単にわかります。

 

ネット上の情報はテレビのような情報操作はほとんどありません。

無数に情報が存在するため情報操作はほぼ不可能だからです。

 

もちろん、ネット上にもガセ情報はたくさん出回っていますが、

それすらもネットの情報を駆使すればガセ情報だと判別することができます。

 

何が言いたいかというと、インターネットの台頭によって、

自分の力で情報を手に入れることが求められる時代が訪れたということです。

 

今まで通りの受動的姿勢では、時代の流れについていくことができなくなったのです。

 

格差社会

格差社会という言葉を聞くと、経済的格差をイメージする人が多いと思います。

 

ではこの格差はどこから生まれたかというと、

情報の格差から生まれました。

 

受動的姿勢の人はどんどん時代についていけなくなり、

能動的姿勢の人は最先端の情報に触れ時代の先を行きます。

 

日本は保守的な人が多いのでなかなか時代の変化に適合できず、

進歩し続ける海外の国から取り残されることになってしまいました。

 

いまだに受動的な姿勢で情報を得ている人が数多くいるのは、

非常に忌々しき事態です。

 

受動的に情報を受け取るということは、

TVや新聞の情報に1ミリも疑いを持たないということです。

 

自分の頭で考えることをしないから思考停止状態に陥り、

簡単に洗脳されてしまいます。

 

誤解しないでいただきたいのですが、

テレビや新聞が悪いとか、洗脳しようとしているということが言いたいのではありません。

 

「もうそういう時代ではない」ということが言いたいだけです。

 

時代の風上にいる人の情報に触れる

今の時代、能動的な姿勢になれば、

いくらでも最先端の情報に触れることは可能です。

 

ネット上だけでなくYoutube上でも、「時代の風上にいる人達」が有益な情報を発信しています。

 

ただ、受動的な姿勢でいる限り、その情報があなたのところにやってくることはありません。

 

終身雇用の崩壊や年金問題で大騒ぎしていますが、

時代の風上にいる彼らはもうずいぶん昔からそんなことはお見通しだったんです。

 

正直終身雇用の崩壊とか年金問題ぐらいで騒いでいる場合ではありません。

もっと大きな時代の変化がすぐ近くまで迫っています。

 

時代の風上にいる人々はそのことに警鐘を鳴らしているのですが、

それに気づき彼らの情報を受け取ることができているのは、

一部のごくわずかな人たちだけです。

 

スマホの登場が意味すること

時代の流れには必ずそこに意味があります。

 

マスメディア全盛の時代がインターネットの登場によって終焉を迎えました。

それは、個人時代の幕開けを意味しています。

 

個人が自分の力で人生を切り開いていくことができるようになったのです。

 

しかし、インターネットはすべての人が利用していたわけではありません。

当時はごく一部の限られた人たちだけが、インターネットを使うことができたのです。

 

時は流れ、今では子供ですらもスマートフォンを持つようになりました。

 

インターネットがよりパーソナライズ化したということです。

 

これはいったいどういう意味を持つのでしょうか?

 

人間一人ひとりが、能動的に情報を入手しなければならない時代がやってきたということです。

 

もはや一部の限られた人間だけではなく、すべての個人が自ら情報に触れなければならない時代になったということです。

 

今まで通りの受動的姿勢ではどんどん時代に取り残されていくことになります。

 

これだけ聞くと、非常にネガティブな印象がありますが、

僕は「すべての人にチャンスが訪れた」と思っています。

 

昔は成功できる人はある程度決まっていました。

 

でも、今の時代は自分次第で誰でも成功できるチャンスはあります。

 

ただし、自分の姿勢によってはどんどん時代についていけなくなり、

格差はますます広がっていく可能性もあります。

 

あなたは情報を自由に選択することができます。

 

この記事を読んでいるということは、

あなたは今の時間を「このブログを読む」という選択に使ったということです。

 

テレビを見たり、本を読んだり、Youtubeを見るなどの選択肢もあった中から、

このブログを読むという選択をしたということです。

 

あなたの取った選択が正しいかどうか僕にはわかりませんが、

「自分の取った選択は正しかった」と思ってもらえたら僕としても嬉しいです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。