潜在意識と引き寄せの法則でどん底から人生逆転

カナダで失業、生活保護、人生どん底からの逆転。

無価値な人間など存在しない理由

5歳の息子を見ていると、生まれてきてくれて本当によかったなあといつも思います。

親にとって子供とは何物にも代えがたい大切な存在です。

彼らは存在しているだけですでに価値があります。

 

ならば僕たちも存在しているだけで価値のある人間であるはずです。年を取ったから、大人になったから価値がなくなるということは絶対にありません。

なぜ自分に価値がないと思うのか

自分に無価値感を感じている人は少なくないと思います。推測ですが、彼らは誰かと比較して自分の価値を評価しているように思います。

しかし、人間の価値を決める絶対的な指標など存在しません。

お金持ちだから、頭がいいから、スポーツができるから、というのは人間を構成する要素の一部分でしかありません。それでその人間そのものの価値は決まりません。

でも、誰かと比較する癖のある人は、その一部分を切り取りそこに価値のすべてを置くことで自分を評価します。

 

価値というのは人にとっても変わります。普通の人からするとがらくたにしか思えないものに大金を投じる人もいます。その人にとってはそのがらくたが非常に価値の高いものだからです。

好きなアーティストのコンサートチケットは熱狂的なファンからすると、数百万円の価値がある場合があります。でも興味のない人からすると1万円でも高いと感じるかもしれません。

 

同じ商品でもお店によって価格が違いますよね。単純に値段が価値だとするならばお店によって商品の価値が変わるのはおかしいと思います。

 

人の価値を決める絶対的な指標もなく、人によって評価が違うのであれば自分が無価値である根拠などあるはずがありません。万人にとって価値を持つ必要もないし、そんなことは不可能です。

 

どういうものに価値が生まれるのか

それでも「自分には価値がない」と感じてしまうのであれば、価値の基準について考えてみるのがいいと思います。’

 

数値化できるものは価値の判断が簡単ですね。価格であれば高いものが一般的に価値が高いと言われています。

 

しかし価値というのは必ずしも数値的に優れているものだけが高いわけではありません。珍しいもの、ユニークなものも価値が高いと言われています。いわゆる希少価値というやつです。

そのもの自体の価値は低くても、世界に数個しか存在しないという理由だけでとてつもない価値が生まれます。

 

僕が何を言おうとしているのか勘のいい方はもうすでにおわかりですね。

 

そうです。僕たち人間一人ひとりはとてつもない価値を持っているんです。

なぜなら我々は宇宙で1つしか存在しない、しかも人類の歴史でたった一人の存在です。

10年に一度の存在というレベルではないですよ。人類の長い歴史でたった一人です。

そう考えるとセルフイメージが上がりませんか?

 

自分に無価値感を感じると運が悪くなる

例えば自分の子供に対して「あなたの子供には価値がありませんね」と言われたら、どう思いますか?普通の親なら許せないと思うはずです。

でも自分自身に対しては自ら無価値であるという評価をしてしまっています。

 

あなたが「私は無価値である」ということはつまり、あなたの両親や先祖に対して「あなたの子供(子孫)は無価値ですよ」と言っているようなものです。

あなたが結婚しているなら、あなたの配偶者に「あなたは価値のない人間と結婚するような(価値)人です」と言っているようなものです。

もちろん身近な人間だけでなく、友達や同僚、果ては学校の先生やあなたの髪を切ってくれる美容師さんまで、「無価値な存在と関わる人間」ということになります。

 

つまり自分に無価値感を感じるとこれだけたくさんの人を敵に回すことになります。

人生には見えない力が味方してくれることがありそれを運と呼びますが、自分をいじめる習慣のある人には、この見えない力が味方をしてくれなくなります。

 

あなたをこの世に生み出した宇宙からすれば、自分のかわいい子供を侮辱する人間を助けようとは思わないですよね。

 

これからは個人の価値がビジネスになる時代

冒頭でお伝えした通り、僕たち一人ひとりは存在しているだけで価値があります。

そしてインターネットの発達により、たくさんの人たちが自分の価値をビジネスにすることができる時代になりました。

 

一番わかりやすいのがYoutubeです。今までは芸能人という一部の人間にしか開かれていなかった「個人の価値を売る世界」が、一般の人にも届く時代になりました。

 

同じ企画をしても人気がでるYoutuberとそうでない人がいますよね。

視聴者はその企画が見たいからではなく、その人が見たいからそのチャンネルを見ているわけです。

ブログもそうですね。単純に情報がほしくて読んでいる人もたくさんいますが、ブログ筆者のことに興味があるから読んでいる人も同様に存在します。

 

あなたとまったく同じ価値の人間は存在しないし、これからも現れることは絶対にありません。

「あなたは存在しているだけで価値があります。」

 

今日は以上です。

 

いつもブログを読んでくださりありがとうございます。