潜在意識と引き寄せの法則でどん底から人生逆転

カナダで失業、生活保護、人生どん底からの逆転。

あなたのアイデンティティ

あなたは他人の生き方や価値観で

イラッとするときはありますか?

 

他人のことだから別にどうでもいいはずなのに、

なぜか気になってしまう。

 

気にしなきゃいいのに気にしてしまう。

 

それはその価値観があなたにとって大切なものだからです。

 

人間どうでもいいことは気にならないものです。

重要でないものを意識することはないのです。

 

自分の心が動くということは、

そこに自分を知るためのヒントがあるということ。

 

ただ他人に不快感を感じて終わりにするのではなく、

自分のことを把握するために感情を冷静に見つめてみてください。

 

 

f:id:Apollojustice:20210210192838j:plain


 

嫌い・許せないという感情が生まれる理由

「嫌い」や「許せない」といった感情は、

一般的にマイナスに解釈されてしまいがちです。

 

確かに感情そのものだけ見れば、

決して良いものとは言えません。

 

しかし、他人の言動や振る舞いに対してそのような感情を感じるのは、

しかるべき理由があるからです。

 

そのしかるべき理由とは自分の持っている信念や価値観のこと。

 

自分が大切にしている考え方だからこそ、

それを大切にしていない人々を見て腹が立つわけです。

 

大切にしている価値観や信念があることは素晴らしいことです。

 

自分のルーツをたどる

僕たちの価値観や信念は、

長年の経験を通して形成されていきます。

 

これらは何のきっかけもなくある日突然自然発生するわけではなく、

必ずきっかけとなる経験があって生み出されます。

 

自分の価値観や信念に気づくことができたら、

「なぜ」それらを持つようになったのか探ってみてください。

 

そこに自分のアイデンティティを形成したルーツがあります。

 

原動力となる価値観や信念だけ持つ

価値観や信念の中には、

人生にとって悪影響を及ぼすものも存在します。

 

悪影響とまではいかなくても、

固執することによって損をするものも少なくありません。

 

不要な価値観や信念は持っていても意味がありません。

 

マイナスに作用してしまうのなら、

むしろ手放した方がいいぐらいです。

 

人生の原動力となるような価値観や信念だけ残して、

後はすべて捨ててしまいましょう。

 

価値観や信念を愛する

価値観や信念は人間のアイデンティティを構成しています。

 

ひとそれぞれ異なる価値観や信念を持っているからこそ、

人間はユニークな存在になることができているわけです。

 

あなたが唯一無二の存在でいられるのも、

あなたのアイデンティティを構成する価値観や信念があるおかげです。

 

それらを否定してしまうことは、

自分自身の存在を否定してしまうようなもの。

 

価値観や信念に優劣の差はなく、

ただ「違う」というだけの話です。

 

だから否定する必要などないわけです。

 

人と違う考え方を持っているということは、

あなたがユニークな存在であるという証です。

 

あなたがユニークたるゆえんを作ってくれているアイデンティティを、

もっと尊重し愛してあげてください。

 

まとめ

価値観や信念は人間にとって重要なものです。

 

それらを持つことがなくなれば、

ただ存在しているだけの生物になってしまいます。

 

ただ価値観や信念は使い方を間違えると、

人生を台無しにしてしまうほどの影響力を持っています。

 

また価値観や信念に縛られて、

ストレスを感じてしまうなどのデメリットもあります。

 

価値観や信念を大切にすることは重要ですが、

それを人に押し付けるのはやめたほうがいいです。

 

www.theloablog.com

 

他人の言動や振る舞いに対して心が動いたときは、

他人を責めるのではなく自分のアイデンティティと向き合うようにしてみてください。

 

大切にしている価値観や信念があることは素晴らしいことです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。