潜在意識と引き寄せの法則でどん底から人生逆転

カナダで失業、生活保護、人生どん底からの逆転。

焦点

真の美しさ

僕たちは「他人からどう思われれるか」を非常に気にしています。 特に日本人は見た目を必要以上に気にする傾向が強いです。 僕自身も昔はコンプレックスや劣等感の塊で、自分の外面を非常に気にしている時期がありました。 それは、見た目が良くないと笑われ…

雨の日

今日は久しぶりに雨が降りました。 こちらでは夏であっても雨が降ると肌寒く、 上着を羽織らないといけないぐらい体感温度は低くなります。 雨が降ると気分が沈んだり、 濡れたくないから嫌な気分になることが多いですよね。 ほんのちょっとしたことですが、…

Half empty or Half full

僕たち人間は思い込みの世界で生きています。 僕たちが当たり前だと思っているものは全部ただの思い込みです。 代表的なものに「お金」があります。 僕たちがただの紙切れに1万円分の価値があると思っているのは、 思い込みがそうさせているだけです。 世の…

紙切れがほしいわけではない(幸せの見つけ方)

何かに取り組んでいて苦しくなってしまっているとき、それは大抵「手段を目的にしてしまっている」ことが原因です。 僕たち人間は目の前の現実に追われているうちに、物事の本質が見えなくなってしまう傾向があります。 冷静に物事を抽象的視点で見ることが…

F1レーサーが見てはいけないもの

今日は願望実現に関する記事です。 記事のタイトルだけ見ると願望実現にまったく関係なさそうな感じがしますが、実は関係大アリクイ大ありです。 「スピンしたF1レーサーが見てはいけないもの」の話を昔どこかで聞いたことがあります。 そのときは「へー。」…

「何が見えているか」ではなく、「何を見るか」が大切

人生の仕組みとは非常にシンプルです。 「何を見ているかで人生が決まる」。ただこれだけです。 しかし、多くの人は「何が見えているか」で人生が決まると思い込んでいます。 でも実際は「何が見えているか」ということは、人生の良し悪しに関係ありません。…

負のスパイラルを断ち切る方法

一度悪いことが起こると、悪いことが立て続けに起きることがありますよね。 僕たちはそれを「負のスパイラル」と呼んでいます。 今日のテーマは「負のスパイラルを断ち切る方法」です。 人生の流れが悪くなってきたとき、今日ご紹介する方法をぜひ試してみて…

答えは根本にあり

お金という人類最大の発明により、見えなくなってしまったものがあります。 それは「本当の価値」です。 お金というものは価値と交換するためのただの媒体であり、その物自体には価値がありません。 お金が欲しいのは、その先にある価値がほしいからです。 …

視点を変えるとお金を払うのが楽しくなる

普通の人と経済的に豊かな人ではお金に対する視点がまったく違います。 世間一般ではお金とは汚いものというイメージがありますが、経済的豊かな人はお金とは世の中に奉仕した結果受け取った感謝の証だと考えています。 お金そのものに関するイメージだけで…

質問の力で人生を変える

うちの妻の口癖は「なんで!」でした。 これは良好なパートナーシップを築く上で、相手に対して致命的なダメージを与えるクリティカルワードだと個人的に思います。 どういうシチュエーションでこの「なんで!」を使っていたか説明します。 片付けができてい…

お金が貯まる人の習慣と潜在意識とお金の関係

お金が貯まる人の習慣についてお話をする前に、お金とはどういうものなのか一度考えてみたいと思います。 なぜお金が欲しいのか? お金は手段であって目的ではない お金に対する観念を書き換える お金の流れを意識する 自分の財布のサイズを大きくする お金…

充分思考になろう

引き寄せの法則を実践しているのになかなか思うように結果が出ないということをよく聞きます。 まず大前提として引き寄せはすぐに結果に現れるわけではないです。 結果を追い求めるのではなく、「いつか引き寄せるだろう」ぐらいの軽い気持ちでいてください…