潜在意識と引き寄せの法則でどん底から人生逆転

カナダで失業、生活保護、人生どん底からの逆転。

人間関係

【カンタンにできる】愚痴を言わない人になる方法とは?

愚痴ばかり言っている人がいる一方で、 愚痴を全く言わない人がいるのはなぜでしょうか? 愚痴を全く言わない人がいるということは、 本人の心がけ次第で、愚痴を言わない人になることができるということです。 これはGoogleトレンドで「愚痴」という単語の…

ストレスを溜めない方法

「ストレス」という単語で検索すると、 「ストレス解消」や「ストレス発散」というサジェストが見つかります。 ストレス解消方法やストレス発散方法を調べることも大事ですが、 一番いいのはストレスを溜めないことです。 最終的に発散されたとしても、 一時…

自然体でいるにはどうしたらいいか?

先日見かけた悩みの中に「他人といるときにどうしても気をつかってしまう。自然体でいるにはどうしたらいいか?」というものを見つけました。 同じような悩みを抱えている人は多いんじゃないでしょうか? かくいう僕自身も、目上の人に対して必要以上に委縮…

コミュニケーションの本質

人間関係は人生における三大テーマの一つです。 お金や健康と大きく違う点は、 絶対的な答えというものが存在しないところではないかと思います。 万人に通用するコミュニケーションなど存在しません。 だからこそ人間関係に悩み苦しむ人が後を絶たないのだ…

揚げ足取りは百害あって一利なし

「揚げ足取り・対処法」という検索キーワードがGoogleサジェストに出てきます。 ということは、揚げ足取りに困っている人が多いということです。 こればかりはその人性格だし、他人をコントロールしようとするとこちらが疲弊するので、「スルーする」ぐらい…

ブレない人生

土台がしっかりしているものは安定してブレることがありません。 それと同じで、ブレない人生を生きていると心が安定します。 出来事そのものは関係ありません。 どんなに悲惨な出来事が起こっても心が安定していれば、 感情を乱されることはないからです。 …

ストレスフリーで生きる方法

ストレスに悩む日本人は多く、その数は年々増えつつあります。 こちらはGoogle Trendsの「ストレス」の月間検索数をグラフにしたものです。 10年前の約2倍の検索数になっています。 それだけストレスに悩む人が多いということでしょう。 ストレスに悩んでい…

○○をやめると人間関係の揉め事が激減する

自分の人生から争いごとや揉め事とが減ったら嬉しいですよね。 争いごとや揉め事をしていい気分に感じる人はいないと思います。 大抵の場合、人間関係にヒビが入り信頼関係が崩れます。 人間関係はお金や健康と並ぶ3大悩み事のひとつです。 でも実際には人…

この世界はすべて自分の認識でできている

「この世界はすべて自分の認識でできている」 このことに気づいた瞬間、新しい人生が始まります。 それまで人生の被害者だった自分が人生の創造主に変わるのです。 悩みも不安も恐怖もそんなものはそもそも存在せず、 「すべては自分が作り出した幻想である…

言葉の暴力

日本は経済的に豊かな国なのに人々の心が貧しいのは、 否定ばかりを受けて育てられたのに、 褒められることがほとんどないからです。 こんな環境で自己肯定感が育まれるわけがありません。 日本人は褒めるのが下手といいますが、 笑いごとで済まされる問題で…

人のせいにしない生き方

「人のせいにする」という生き方は、百害あって一利なしです。 人のせいにするということは、 裏を返すと自分を正当化するということです。 お互いに人のせいにする性格だった場合、 両者が自己正当するのでそこに成長はなく、 自分が変わらないからまた同じ…

誰も幸せにならない世界と皆が幸せになる世界

いつも長文記事ばかり書いているので、 今日は短めにしたいと思います。 さくっと読める内容になっているので、 ぜひ最後まで読んでいただければと思います。 誰も幸せにならない世界 怒ってばかりいる人は、自分だけでなく他人の気分まで悪くします。 誰も…

パノプティコンの呪縛

小さなお子さんがいる人は、 「周囲の人の目が気になって子供を叱ってしまう」 ことって一度は経験があるのでないでしょうか? 日本人の親は子供に対する「ダメ」や「やめなさい」が非常に多いです。 (それが悪いということではありません) 海外の親たちは…

他人との比較って本当意味ないよなぁっていう話

「他人との比較は不幸の始まり」です。 自分自身や今の生活に満足していても、 比較をすることによって「不足感」を感じるようになるからです。 そうすると、今まで感じていた満足感が一気に不満に変わります。 自分の状態はまったく変化していないのに、 他…

その人が嫌な人なのではなく、あなたがその人を嫌な人にしているだけ

この世はすべて自分の認識でできています。 出来事そのものに意味はありません。 同じ出来事を経験しても、プラスに捉える人もいればマイナスに捉える人もいます。 要するに何を経験するかではなく、どう解釈するかが重要であるということです。 このことが…

信頼される人になるための「究極の他者理解」とは?

良い信頼関係を築くと、人間関係のありとあらゆる問題は解決します。 仕事もパートナーシップも友人との付き合いも、 すべては信頼関係で成り立っているからです。 信頼される人は強いです。 困っているときに人々が助けてくれます。 もしあなたがセールスマ…

「嫌われたくない」は嫌われる

人間誰しも「他人によく思われたい」という欲望を持っています。 しかし、その感情が強くなりすぎると、 「嫌われたくない」という意識が生まれ、 大きな心理的ブレーキになってしまいます。 何かに挑戦しようとするときに、 「失敗して批判されたらどうしよ…

人間関係で感じるストレスなどない

「人間関係」は、お金と健康に並ぶ3大悩み事の一つです。 お金と健康は自分の力である程度コントロールが可能ですが、 人間関係については、他者が介在するため完全にコントロールをすることができません。 そのため、この3つの中ではもっとも取り扱いが難…

心の歯車が狂いだす理由

人間は「赤ちゃん」の状態が最も完璧な姿です。 最も神に近い状態であると言えるのではないでしょうか。 常にワクワクした状態で波動も高く、周りの人から愛されているのでセルフイメージも最高潮に高いです。 そして、どんなに失敗してもくじけることがあり…

自我を離れた世界へ

宇宙ができる前すべてのものはひとつの同じ存在で、ビッグバンによって宇宙が誕生し、どんどん拡大と分離を繰り返していきました。 人間が潜在意識でつながっていると言われているのも、 もともと僕たちが一つの同じ存在だったと考えるならば筋が通ります。 …

自己責任で生きるとストレスが消えて楽になる

「すべて自己責任で生きてください」と聞くと、あなたはどう感じますか? どんな出来事が起こっても、自分に責任があるなんて受け入れたくないですよね 人間誰しも「自分は正しい」と思って生きています。 そして不条理な出来事というのは必ず起きます。 す…

相手の靴を履く

英語の表現の中にIf i were in your shoes, I would ○○というものがあります。 直訳するなら「もし私があなたの靴を履くなら、私は○○するだろう」という意味になり、つまりは相手の立場になってものを考えるということです。 「自分だったとしても同じことす…

他人はコントロールできないが、自分はコントロールできる

他人は自分の思ったようにコントロールすることはできません。 自分の人生に起こる出来事も自分の思ったようにコントロールできません。 でも、僕たちは無意識レベルでこれらのことを自分でコントロールしようとしてしまっています。 だから、他人が自分の思…

「他人と一緒は嫌だ」という他人軸

あなたが服屋さんに買い物に行って、「こちらの商品は今年の流行りですので、おすすめですよ」と店員さんに言われたら欲しくなりますか? 昔の僕(今も多少)はひねくれものであまのじゃくだったので、 「流行っています」とか「みんな持ってます」とか言わ…

嫉妬することは必ずしも悪いことではない

一般的に、「嫉妬」という感情はよろしくないものとして考えられています。 「嫉妬」という語句でネット検索すると、 「嫉妬心を無くす方法」というサジェストが出てきます。 それだけ「嫉妬心」という感情は、 ネガティブなものであると考えられているとい…

あなたはエスパーですか?

あなたの前に一人の男性が立っています。 彼はエスパーです。 彼はあなたに向かってこう言いました。 「私はテレパシーであなたにメッセージを伝えることができる」 「私は自分の思い通りにあなたをコントロールすることができる」 彼はあなたにテレパシーを…

「他人から良く見られたい」をやめる

僕たちは無意識のうちに「他人から良く見られたい」という気持ちを、自分の行動基準にしてしまっています。 特に日本人は周囲の目を気にする特徴があるので、この傾向が強いように思えます。 人間関係というのは、人生における永遠のテーマの一つです。 そし…

仕事つらい・したくない・辞めたい人へ

仕事というワードでウェブ検索の関連キーワードを調べてみると、上位に表示されるのが「仕事したくない」、「仕事つらい」、「仕事辞めたい」というワードです。 しかも、その検索ボリュームは年々増加しており、今の日本社会の世相を反映しているような気が…

褒める人とけなす人の人生の末路

あなたは褒める人でしょうか?それともけなす人でしょうか? 一般的に褒める人よりもけなす人のほうが圧倒的に多いです。 けなす人が多いのは自己肯定感の低い人が多いからです。 www.theloablog.com この記事の中で言及していますが、他人をけなすというこ…

あなたの話し方は速すぎるので、ゆっくりしゃべってもらえますか?

今日の記事は、今までのブログとは一風変わったタイトルなので驚いた人もいるかもしれません。 「あなたの話し方は速すぎるので、ゆっくりしゃべってもらえますか?」 この言葉は誰でも一度は聞いたことがあるでしょうし、言ったこともあるかもしれません。 …