潜在意識と引き寄せの法則でどん底から人生逆転

カナダで失業、生活保護、人生どん底からの逆転。

最良のパートナーと歩いてきた道

今日でブログを書き始めてちょうど100記事目になります。
たくさんの方に読んでいただけてたおかげで、なんとかここまで来ることができました。ありがとうございます。

 

どこまで連続更新が続けられるかわかりませんが、まだまだ通過点ですので次は200記事を目指して頑張りたいと思います。

 

最良のパートナーを大切にする

僕たちは一番大切な存在を一番大切にしていません。外側の世界(他人との人間関係)ばかりを重要視して、自分のことは後回しにする傾向があります。他人のことばかり気を配り、自分を犠牲にしてしまうことがよくあります。

 

でも人生という旅路を一緒に歩いてきたのは、ほかならぬ自分自身です。自分という存在がいなければ、人生という旅を楽しむことはできません。

僕たちは自分自身には厳しいものです。うまくいかないことがあるたびに「自分はダメな存在」だと、自分自身を痛めつけてしまいます。
でも自分という存在は一緒に人生を歩むパートナーです。時にはいたわり、感謝することも大切です。

 

あなたが誰かと旅に出て、そのパートナーがあなたに対して終始文句を言っていたら、その人と一緒に旅をしたいと思わないし、何かあってもその人のために何かしてあげようという気分にはならないと思います。

 

僕たちは他人に優しく、身内に厳しい傾向があります。子供のことも謙遜かもしれませんが、「うちの子なんて全然だめです」と、他人に言ってしまう瞬間がありますが、親である自分が子供を認めてあげなくて、他に誰が認めてくれるのでしょうか。

 

身内だけでなく、自分自身にも同じことをしてしまいます。他人と比較して、いかに自分が劣っているかということばかり、自分自身に対して語り掛けます。

自分という存在はどんなことがあっても、常にそばにいてくれる最良のパートナーです。喜びも悲しみも一緒に分かち合うかけがえのない存在です。

 

自分と対話をする

いい関係を築くにはコミュニケーションが必要ですよね。会話もない人間関係は良好であるとは言えません。
自分という人格を一人の人間として考えたとき、自己対話をすることがいかに重要であるかわかると思います。

 

自己対話とは思考することではありません。自分が今どんな感情なのか、何にワクワクし、どんなことがうれしくて、どんなことが悲しいのか。「やりたいこと、やりたくないことは何か」など、自分の感情を観察し、自分自身に語り掛けることです。

 

年収はセルフイメージに比例すると以前話しました。今の年収が300万円だったとしたら、あなたのセルフイメージは「自分は300万円が妥当である」と思っているということです。

 

さらに年収を伸ばしたいのであれば、自分の心の奥底にいる年収300万円のもうひとりの自分に語り掛ける必要があります。

「今までありがとう。お前のおかげで収入をもっと増やしたいと思うことができたよ。でももう自分一人で大丈夫だから」

と語り掛けてあげれば、年収300万円の自分も喜んで去っていくと思います。

 

ブログを100記事書くということは、人生という視点から考えると取るに足らないことです。しかし「よくやったよ。お前すごいな」と自分を褒めることができた時、自分は今まで自分のことを褒めたことがあまりなかったことに気が付きました。

そのことに気づかせてくれたもう一人の自分に感謝しています。

 

これからもこのベストパートナーとの旅は続きます。肉体と魂が分離するその日まで、二人で旅を楽しみたいと思います。

 

今日は以上です。

 

いつもブログを読んでくださりありがとうございます。