潜在意識と引き寄せの法則でどん底から人生逆転

カナダで失業、生活保護、人生どん底からの逆転。

お金持ちがケチと言われる理由とお金持ちになるための思考法

よく「お金持ちはケチ」なんていうことが巷で言われますよね。ただ「ケチ」という言葉は基本的にネガティブなニュアンスがあり、それゆえにお金持ちはあまりいい印象を持たれていないことがあります。

 

「お金持ちはケチ」というのは本当なのか?そしてもし本当ならその理由は何なのかということに関して考えてみたいと思います。

 

ケチというよりはお金の使い方がうまいだけ

まず大前提として「お金持ちはケチである」と言っているのは、お金持ちでない人達であるということです。
彼らの視点から見るとお金持ちは「お金に厳しい」と感じることがあるようです。それが「お金持ちはケチである」という観念を形成しているように思います。

 

お金を稼ぐことばかり注目されてあまりクローズアップされませんが、世の中にはお金の使い方が上手な人とお金の使い方が下手な人がいます。

そしてお金持ちになった人は「お金の使い方がうまい」からお金持ちになったと言えます。

 

一般的にお金持ち=成功者と考えられています。成功者は自分の目標が明確で、自分にとって必要なものとそうでないものをしっかりと理解しています。したがって、何かを購入するときも「それが自分にとって本当に必要なものであるか」ということをしっかりと吟味してから買う傾向があります。

 

一方お金の使い方が下手な人というのは、短期的欲求や衝動で買い物をする傾向があります。本当に必要なのかを考えずに、ただ何となくその時の感情で(本来は不要な)物を買ってしまう傾向が強いです。

 

短期的思考と衝動で買い物をしている人から見ると、本当に必要なものにしかお金を使わないお金持ちは「ケチ」に見えることがあり、それが「お金持ちはケチである」と言われる理由です。

 

いくら稼ぐかではなく、いくら貯蓄するか

「目標は年収1億円です」ということをよく耳にします。もちろん目標年収を設定することは大切ですし、素晴らしいことだと思います。

でも稼ぐことばかりに注力して、貯蓄することをおろそかにしていると、どんなに年収が増えてもお金が貯まらず、お金の呪縛から自由になることができません。

 

「収入が増えると支出も比例して増える」。これをパーキンソンの法則といいます。

 

スポーツでも攻めばかり練習していたら、試合に勝つことはできませんよね。
試合に勝つためには攻めることと同じくらい、守りについても訓練する必要があります。

 

したがって、お金を上手に使えるスキルを身につけないと、どんなに収入が増えてもお金持ちになることはできないということです。

 

お金の奴隷になるのではなく、お金を使用人にする

ビジネススキルがあるように、お金の使い方もスキルです。多くの人はお金にコントロールされ、お金の奴隷になってしまいます。

お金のスキルが高い人はお金を使用人にして、さらにお金を増やします。

お金を稼ぐ方法は時間を提供する、サービスを提供する、知識・スキルを提供する、情報を提供するなど様々な方法がありますが、お金を使うことでさらにお金を増やすという方法もあります。

 

つまりお金でお金を買っている状態のことです。

 

世の中の多くの人はお金でお金を買えることを知りません。だからお金というのは身を粉にして働くしか手に入れる方法がないと信じてしまっています。でも世の中には投資家をはじめとするお金を使って資産を増やしている人がたくさんいます。

そういう世界を知らないとお金様に使われる人生を歩んでしまうことになります。

 

貯蓄を最優先する

もちろん投資には多額のお金が必要になるから誰でもすぐにできるわけではありません。

でも毎月貯金をするぐらいなら、誰でも始めることができるはずです。
毎月決まった金額(できれば給料の10%)を「不滅口座」と呼ばれる口座に貯金します。どんなことがあっても、そこからお金を引き出すことはありませんので、お金は増える一方です。

 

そうすると心に余裕が生まれますよね。心に余裕ができると、お金に対する距離感が上手に取れるようになってきます。

 

一般的に毎月の支払を先に済ませ、余ったお金を貯金するという方法をとっている人が多いです。しかしこれでは貯蓄が増えることはありません。

冒頭で申し上げた通り、大切なのはたくさん稼ぐことではなく、たくさん貯蓄する(資産を持つ)ことです。

月収を上げようと思うと大変に感じるかもしれませんが、「毎月一定額貯蓄する」ということであれば、できそうな気がしませんか?

 

お金持ちはお金を所有していない

お金持ちの視点を持つことができれば、お金持ちに近づくことができます。
では彼らはお金のことをどのように考えているのでしょうか?

 

以前に「お金の引き寄せ」の話で、お金の流れを意識するというお話をしました。

 

www.theloablog.com

 

お金というのは循環しています。それが自分のところにやってきて、やがて誰かのところへ流れていきます。

お金を所有しようとする気持ちが強い人は、この流れを自分のところでせき止め、他へ流そうとしません。

しかし、今持っているものを手放さないとスペースができないから、新しいものも入ってきません。だから所有しようとすればするほど、お金は入ってこなくなります。

 

ではお金持ちはどういう思考でいるかをお伝えします。

 

彼らは「お金というのは自分で持っている必要がない」と思っています。

 

以前にビリオネアマインドについてお話しましたね。

 

www.theloablog.com

 

スーパーは自分の倉庫である。好きな時に好きなものを手に入れることができる。
某大手ネットショッピングのサイトは、自分の図書館であるとも考えられます
。オーダーすれば、好きな本を自宅まで届けてくれます。

 

お金持ちはお金に対しても同じような思考を持っています。

 

自分がお金を持っていなくても、世の中の人がお金を所有してくれていれば、自分は必要な時にそこから引き出すだけ。だから自分自身で所有する必要もないと考えています。

例えばあなたのビジネス顧客が100人いたとして、彼らがそれぞれ100万円もっていたとします。そうすると、あなたの財布は1億円持っているということになります。

 

その根底には、自分自身の力でお金を稼ぐことができるという自信があります。
自分が世の中に価値を提供することで、その人たちからお金をもらうことができる。だからお金が必要になったら、世の中に価値を提供するだけでいいと考えています。そう考えることができたら、「お金がない」という不安もなくなりますよね。

 

だから、副業が解禁された今だからこそ、自分でお金を稼ぐスキルを身に着けるべきです。

そうすると、自分がお金をもっていなくても必要な時に引き出せばいいと思えるようになり、お金に支配されることがなくなります。

 

お金持ちになるためには稼ぐ方法だけでなく、お金に対する知識と感情をブラッシュアップさせていく必要があります。

 

今日は以上です。

 

いつもブログを読んでくださりありがとうございます。