潜在意識と引き寄せの法則でどん底から人生逆転

カナダで失業、生活保護、人生どん底からの逆転。

人生がうまくいかない(心が折れそうな)ときの心構え

人生にはうまくいかない瞬間というのがたくさんあります。

 

そのときの向き合い方によって

その後の人生が大きく変わります。

 

うまくいってるときに頑張ることは誰でもできます。

 

重要なのはうまくいっていないときにも同じように頑張れるかどうか?

 

そこでやけくそになったりしてしまっては、

それまでの努力が水泡に帰してしまいます。

 

努力の量が大きければ大きいほど、

うまくいかないときの精神的ダメージも大きいです。

 

そのため頑張っている人ほど心が折れやすいものです。

 

今日のブログが頑張るあなたの心の支えになればうれしいです。

 

 

f:id:Apollojustice:20201110212831j:plain

 

高く飛び上がるためには

高く飛び上がるためにはしゃがむ必要があります。

 

人生の飛躍が訪れる前にはかならず困難や苦境があるものです。

 

それを乗り越えるから人間としてのレベルが上がり、

一つ上のステージに進むことができるわけです。

 

困難やピンチは成長するためのチャンスなんです。

 

今の自分で乗り越えられる問題は困難とは呼びません。

 

だからこそ、それを乗り越えることができたら、

今までの自分よりも高いところに行くことができるんです。

 

うまくいかないときは苦しいものです。

 

心が折れそうになる瞬間があるかもしれませんが、

絶対にあきらめず踏ん張ってください。

 

その先に必ず栄光が待っています。

 

本当にうまくいっていないのか?

「うまくいかない」と感じるときは、

人生を短期的視点で考えていることが多いです。

 

自分が「うまくいかない」と考えていることは、

人生を長期的スパンで考えたときに、

本当に「うまくいっていない」と言えるのでしょうか?

 

歴史に名を遺した偉人たちは、

たくさんの失敗を乗り越えて成功を掴んだ人も少なくありません。

 

それらの失敗は本当に失敗と呼べるのでしょうか?

 

その失敗があったからこそ成功できたのだとしたら、

むしろそれは失敗ではなくチャンスであるといえると思います。

 

すべては自分の解釈次第です。

 

物事がうまくいかないのは、

「うまくいっていない」と自分が考えているからにすぎません。

 

目の前の失敗は長期的スパンで考えると成功の糧なんです。

 

当たり前に感謝できる人間に

厳しい試練や困難を経験すると、

当たり前のことにも感謝できるようになります。

 

マイナスの状態に長くいる人は、

ゼロになっただけでも幸せを感じるものです。

 

プラスの状態にい続けると、

ゼロになった時に不足感や欠乏感を感じます。

 

体にずっと痛みを感じている人は、

その痛みが消えるだけで喜びを感じます。

 

決して体が健康になったわけではなく、

ただ体がゼロの状態に戻っただけなのに、です。

 

借金に苦しんでいる人は、

借金がなくなるだけでもうれしいものです。

 

お金持ちになったわけでもないのに、です。

 

たくさんの困難を乗り越えてきた人ほど人間力が高いです。

 

うまくいかない時期があるからこそ、

うまくいく方法を模索して思考力が磨かれます。

 

うまくいかない瞬間があるから人生に深みが生まれるわけです。

 

まとめ

 

 今あなたが取り組んでいることが、

苦手なことややりたくないことなら、

きっぱりと辞めてしまうのが良いと思います。

 

しかし、それが自分のやりたいことであるならば、

どんなにうまくいかなくても絶対に諦めてはいけません。

 

最終的に栄光を掴む人は能力が高い人ではなく、諦めなかった人です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。