潜在意識と引き寄せの法則でどん底から人生逆転

カナダで失業、生活保護、人生どん底からの逆転。

感謝で宇宙と繋がる理由

引き寄せの法則関連の書籍を読んでいると、

 

「感謝すると宇宙とつながることができる」

 

と書かれていることがよくあります。

 

その理由がなぜなのかずっとわかりませんでしたが、

最近答えがわかったような気がします。

 

あくまでも僕なりの解釈なので、

その点踏まえた上でお聞きください。

 

f:id:Apollojustice:20210212204145j:plain

 

感謝すると宇宙と繋がることができるのは、

宇宙が愛でできているからではないでしょうか?

 

物質社会である人間界にいると、

不足感や欠乏感ばかりを感じてしまいがちですが、

僕たちはみな宇宙から愛されているのです。

 

豊かな自然に囲まれ太陽の光や潤沢な水、

尽きることのない酸素まであります。

 

宇宙に愛されているからこそ、

万人等しくこれらのものが与えられているわけです。

 

もしこれらがなかったら、

どんな偉人でも生きていくことができません。

 

その宇宙の愛に気づくこと、それが感謝なのではないでしょうか?

 

どんなに人間社会で虐げられ惨めな思いをしても、

宇宙は決して僕たちを見捨てることはありません。

 

それだけでも本当にありがたいことです。

 

感謝をするということは、

自分自身に対して「受け取る」許可を与える事でもあります。

 

受け取らないのに感謝することは基本的にないですからね。

 

逆に言うと、

感謝しないことは受け取りを拒否することでもあります。

 

人間社会に置き換えて考えてみても、

何もお礼を言わない人や、

もらったことに対して必要以上に申し訳なさそうにする人に、

また何かをあげようという気にはならないはずです。

 

素直に「ありがとう」と喜んでくれる人には、

「もっとあげたい」という気持ちになるはずです。

 

たくさん受け取りたいのならたくさん感謝すること。

 

これはきれいごとではなく宇宙の真理です。

 

人間はひとりで生きていくことはできません。

 

仮にあなたが巨万の富を保有する大富豪であったとしても、

あなたにお金を払ってくれる誰ががいたから、

あなたはお金持ちになることができたわけです。

 

人間は生きている限り何かしらの消費活動を行います。

 

つまり、どんな人も何かしらの形で世の中に貢献しているということです。

 

あなたの嫌いなあの人も、

消費活動を通して世の中に富を分配しています。

 

そのお金が巡り巡ってあなたのところに来ている。

 

そう考えると、嫌いなあの人のことも許せるのではないでしょうか。

 

感謝をすると意識の焦点が変わります。

 

不足感を感じている人であっても、

「自分は恵まれている」と気づくことができるようになります。

 

現実に不満を抱えている人は多くいますが、

その現実は自分の解釈によって生みだしているだけです。

 

解釈を変えれば現実は変わります。

 

不足感やフラストレーションを感じて生きるよりも、

感謝してハッピーな気持ちで生きる方が、

自分にとって得だと思いませんか?

 

「人生がつまらない」という人がいますが、

つまらない人生にしているのは自分自身です。

 

考え方を変えればどんな状況でも楽しむことができます。

 

意識をフォーカスしたものが創造されます。

 

マイナスなものに意識を注げばそれが現実化してしまうことになります。

 

そうならないためにも、

感謝してプラスのものに意識を向けるようにしましょう。

 

どんなにボロボロな人生でも感謝できることは必ずあるはずです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。