潜在意識と引き寄せの法則でどん底から人生逆転

カナダで失業、生活保護、人生どん底からの逆転。

人生は1日の集約体

何事も継続が重要であると言われています。

継続することは毎日の積み重ねだからです。

 

1日だけ特別な行動をしたからといって、

人生が劇的に変わるわけではありません。

 

同じ行動を継続することで、

ジワジワと変化していくのが人生です。

 

その変化スピードは非常に遅く、

そのため「こんなに頑張ってるのに結果がでない」

といって行動することをやめてしまう人もいます。

 

現実を作り出すのは習慣です。

 

人それぞれ行動パターンは異なりますが、

大体毎日同じようなことを繰り返しています。

 

うまくいく習慣を持っていればうまくいくし、

うまくいかない習慣をもっていればうまくいきません。

 

習慣というのは無意識に行っているものなので、

その行動が正しいかどうかを気にすることは少ないです。

 

人生は1日の集約体です。

 

 

良い人生を過ごすためには

1日1日を大切に過ごさなければなりません。

 

1年という期間で考えてみるならば、

1年は365個のパーツから構成されています。

 

「良い1年だった」と思えるようにするためには、

この365個のパーツの大部分を満足できるものにする必要があります。

 

この1つずつのパーツをどう過ごすかが、

自分の習慣を作り出すわけです。

 

結局1日を大切に過ごすことと、

それを積み重ねることが重要だということです。

 

嫌なことがあったときは

負の連鎖を断ち切らないといけません。

 

いつまでもその気持ちを引きずっていたら、

それが現実を作り上げてしまうからです。

 

人生がうまくいっていないのなら

それは100%自分の責任。

 

うまくいかない行動を積み重ねたから、

そういう現実ができてしまったということです。

 

おかれた環境はコントロールできなくても、

そこでどうやって生きるかは自分でコントロールできます。

 

ただ、今までうまくいかなかったからといって、

これからもずっとそうであるというわけではありません。

 

今日から自分が変われば、

未来で待っている現実も変わります。

 

今日から良い1日を積み重ねていけばいいだけです。

 

我慢ばかりするのではなく、

時にはやりたいことをとことんやってみる

ことも必要だと思います。

 

10000円は1円の集合体。

1円をバカにすると10000円から嫌われます。

 

それと同じで

1日を大切にしないと

人生から嫌われます。

 

1日を大切にすることは

人生を大切にすることであり、

自分を大切にすることでもあります。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。