潜在意識と引き寄せの法則でどん底から人生逆転

カナダで失業、生活保護、人生どん底からの逆転。

スマホでお金持ち体験

皆さんはスマホの使用料は月々どれぐらい払ってますでしょうか?

ひょっとすると、毎月の支払請求が来る度にため息をついている方もいるかもしれませんね。

 

決して安くない月々の支払ですから、明細を見るたびに気分が重くなるのも仕方ありません。

しかし、考え方を変えるだけで豊かな気持ちになり、毎月の支払に感謝をすることができるようになります。

 

どうせお金を支払うなら楽しく支払ったほうが絶対に得です。

 

本当の価値を理解する

僕たちはお金によって本当の価値というものが理解できなくなっています。

皆お金を欲しがるのですが、実際はお金ではなくてお金を支払うことによって得られる結果が欲しいわけです。

さらに言うなら、その結果が得られることによって感じることのできる感情がほしいと思っています。

 

このように物事の本質を見るようにすると、自由な発想で生きることができます。

その欲しい感情がお金以外のモノ(コト)で得られることがわかれば、お金に執着することもなくなります。

 

お金持ちが本質を見る理由

仮にスマホの使用料が月々1万円だったとします。

みなさんはこの金額を高いと思いますか?安いと思いますか?

 

もしこの金額を高いと思った方は、価格(=お金)しか見ていない可能性があります。

確かに月々1万円の支払いという金額だけを見ると高く思えてしまいますから、高いと思うのも仕方ありません。

 

しかし金額だけを見る癖があると、お金を支払うたびに苦しくなってしまいます。

これはお金が出ていくところしか見ていないからです。

 

お金持ちはお金を幸せそうに払いますよね。

それはたくさんお金があるからという理由だけではありません。

彼らはお金によって得られる価値、つまりお金の奥にある本質的な価値を見ているからです。

 

リアルドラえもん

ではスマホに月々1万円払うことで僕たちが得ることのできる価値について考えてみます。

 

まずは情報ですね。スマホの画面に知りたい語句を入力するだけで、すぐに欲しい情報を手に入れることができます。

そして大切な人との時間の共有も得られる価値の一つです。電話をしたり、メールをすることで離れた場所にいる人とつながることもできます。

暇なときはゲームをしたり、テレビ(動画)を見たりすることもできます。

 

そしてスマホで得られる最大の価値は「安心感」だと思います。

知らない町で迷子になって、財布を無くしたとしてもスマホが1台あれば大抵の場合何とかなります。

 

そう考えると、1万円でとてつもなく大きな価値を受け取っていると思いませんか?

 

確か、ドラえもんの道具で1台で電話したりテレビを見れる機械があったような気がします。

そんな道具が本当にあったらいいな、と夢見ていたものですが、まさかそれからわずか20年あまりで現実化するとは思ってもみませんでした。

 

というかスマホドラえもんそのもののような存在です。 

道がわからなければ地図で道順を教えてくれたり、お金を稼ぐ方法や良好な人間関係を構築する方法も教えてくれます。

 

そしてそのドラえもんのような価値を受け取ることができるのは、お金があるおかげです。

 

お金というのは本来人を喜ばせるためにあるものです。

そして、お金持ちというのは喜んでお金を使っています。

お金だって、苦しんで使っている人よりも喜んで使ってくれる人のところに行こうと思うものです。だから彼らは経済的豊かさを得ることができたのです。

 

スマホに限った話ではありませんが、お金を喜んで使う習慣を持つようにするとお金の流れが良くなります。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。